Social VR Info

ソーシャルゲームインフォ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter

コロプラ、Oculus Rift向けアプリ第2弾『白猫VRプロジェクト』をリリース Oculus Riftコントローラーアプリ『colopad』も独自開発

2015年01月09日 13時40分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加




コロプラ<3668>は、本日(1月9日)、Oculus Rift向けアプリ第2弾として、『白猫VRプロジェクト』をリリースした。さらに、Oculus Riftタイトル専用コントローラーアプリ『colopad』を独自開発し、スマートデバイス向けに同日より提供開始した。

本作は、2014年7月より提供を開始した『白猫プロジェクト』をOculus Rift対応のVR版として開発したアプリ。ゲームプレイ中の全てのシーンを360度視点に対応し、敵キャラや超巨大なボスキャラとのバトルをバーチャルリアリティの世界で楽しめる。ステージクリアごとに、『白猫プロジェクト』で人気のキャラが仲間となり、ともに大冒険に挑んでいく。

さらにコロプラでは、スマートデバイス向けにOculus Riftタイトル専用コントローラーアプリ『colopad』を独自開発した。『colopad』を使用することで、お手持ちのスマートフォンやタブレットがゲームパッドとなり、Oculus Riftアプリでも移動や攻撃、必殺技などのアクションを指一本で快適に操作できるという。

なお、『colopad』は、Android版をGoogle Playで本日より提供開始し、iOS版についてはApp Storeで近日中に提供する予定。

 





■関連サイト
 

アプリダウンロード

colopad



リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

PlayStation VR