テクノブラッド、FOVEに関するVR提携記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

テクノブラッド、世界初の視線追跡型バーチャルリアリティヘッドセット「FOVE」を日本と韓国のインターネットカフェに無償提供へ

2016年02月05日 10時16分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



テクノブラッドは、FOVEが製造開発を手掛ける世界初の視線追跡型バーチャルリアリティヘッドセット「FOVE」を日本、韓国両国のインターネットカフェへ無償提供し、VRコンテンツの体験プラットフォームを展開するため、パートナーシップを提携することを発表した。

「FOVE」は、傾き検知機能、ヘッドトラッキング機能のほかに、世界初の視線追跡機能が搭載された最先端のVR機器。視線を入力デバイスにすることで、以下の様な新しいVR体験をユーザーへ提供することができる。

・酔いを最小限に抑えた長時間の快適なVR体験
・注視している場所以外をぼやけさせることで目の焦点を再現
・アイコンタクトによるVRプレイヤーとの自然なコミュニケーション
・視線を使った全く新しい直感的なUI操作

また、この視線追跡機能を応用し、ユーザーが実際に見ている部分だけを高解像度で出力し、その他の部分の出力を落とす処理(Foveated Rendering)を行うことで、GPUの負荷を下げ、ハイクオリティなコンテンツをスペックを抑えたパソコンで楽しみやすい端末となっている。

(以下、プレスリリースより)

■ネットカフェ体験スペース展開概要
テクノブラッドは、日本のみならず韓国でも「FOVE」を展開するため、韓国向けにネットカフェ管理ソリューションを提供していることで知られる関連会社の株式会社N Media Platform(所在地:Geumcheon-gu, Seoul, Korea、CEO:Kwon Ho An)を通じて、日韓両国で「FOVE」を用いたVRコンテンツの体験プラットフォームを展開していきます。今回のこの取組により、日韓合計約7,000店舗のネットカフェを基盤とした月間約2,500万人のユーザーにアプローチできる大きなVRコンテンツの体験プラットフォームを構築いたします。

また、今回のプロジェクトを「Virtual Gate Project」と呼称いたします。ユーザー様にVRの世界を体験していただく為の入り口(Gate)を沢山の場所に設置し、VRを多くの方々に身近なものとして体験していただきたいと考えております。そのステージ1として、ネットカフェでVRを体験していただく場を「NetCafe Gate」として広めてまいります。

・日韓で効率的なコンテンツ配信、マーケティングが可能に
テクノブラッドは、日本のネットカフェでNo.1シェアを持つコンテンツ配信ソリューション「プロビジョン」にて、インターネットカフェの90%以上、約10万台のパソコンにコンテンツの自動インストール及びアップデートのサービスを提供しており、また同様にN Media Platformは「Geto」および「multiself」というコンテンツ配信プラットフォームを韓国内で提供しております。この日韓両国のプラットフォームを活用し、VRコンテンツにおいても強力なコンテンツ配信プラットフォームを形成していきます。

また、テクノブラッドとN Media Platformそれぞれが展開しているネットカフェ広告ソリューションを最大限活用して、ユーザーへ効果的なコンテンツマーケティングも同時に行うことができます。

・VR業界の背景と、FOVEとの協力体制
昨今、盛り上がりを見せているVR業界ですが、問題点として以下の点が挙げられておりました。

1.ハイエンドVRコンテンツを楽しむためにはハイスペックパソコンが必要である。
2.手軽にVR体験をするためのコンテンツ配信など、環境整備が難しい。
3.満足にコンテンツを楽しむためにはある程度のスペースが必要である。

この度、テクノブラッドとFOVEが提携することにより、日韓両国においてVR端末とコンテンツ、効率的にGPUを活用する技術、そして体験スペースを総合的にサポートすることで、より効果的にユーザー様にVR体験を提供することが可能となります。

・VR環境構築のための取り組み
ハイクオリティなVR環境を構築するためには、高い性能を持ったGPUが必要不可欠です。ユーザーへの快適なVR環境構築の為の取り組みとして、NVIDIA社、AMD社と協力し積極的にネットカフェへGeForce GTX VR Ready仕様及びLiquid VRテクノロジー搭載Radeonシリーズのグラフィックス・カード提供を行うことで、プラットフォーム基盤を更に強固にしていきます。

・FOVE向けVRコンテンツ開発のサポート体制
上記の取り組みによって、FOVEを基盤とした大きなVR体験プラットフォームが日韓のネットカフェを中心に形成され、多くのユーザー様にVRコンテンツを体験してもらう環境づくりが可能となります。こうして拡大する市場に向けたコンテンツ開発へのサポート体制として、以下のベンチャーキャピタル等が、FOVE向けVRコンテンツを開発する会社への出資を検討いたします。また、初期の段階で「FOVE」のネットカフェ展開に参画するコンテンツメーカーに対しては、より積極的に支援を検討いたします。

■日本
株式会社コロプラネクスト(Colopl VR Fund)
Tokyo VR Startups株式会社(株式会社gumi 100%子会社)

■韓国
サイバーエージェントベンチャーズコリア
East Gate Partners,LLC

インターネットカフェへのゲームコンテンツ及びシステムの供給に強みを持つテクノブラッドと、世界初の高い技術力を持つFOVE、GPU各社の協力による環境準備、そして積極的なコンテンツ開発を目的としたベンチャーキャピタルによる支援活動の戦略的な融合により、インターネットカフェ事業者様をはじめ、VRコンテンツの開発・販売に関わる全ての事業者様に対し、より高度な質の高いサービスの提供を加速化していき、VR業界の発展に貢献していきます。

 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( FOVEテクノブラッド

ピックアップ

記事ランキング

1 【インタビュー】PSVRはここから始まった、ソニーからSCEへの事業化までの道のり、嘘みたいな本当の話…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(1/5)
2 【インタビュー】ハードの開発はソフトチームとの共同製作へ 新たに生まれたシナジーとは…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(3/5)
3 【インタビュー】SCEの始動、ゲームをより幅広い人へ、よりカッコイイものにしたかった…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(2/5)
4 【PSVR】クリスも登場する『バイオ7』の無料DLC「NOT A HERO」が配信日変更に【動画と追記あり】
5 【PSVR】DMM、Ver3.00でVRモードに対応 "様々"なコンテンツがVRで視聴可能に
6 KDDIとクリプトン、AR・VR・MR技術等を活用した"初音ミク"などのコンテンツ事業で協力 ニコニコ超会議2017で体験コーナーも
7 【PSVR】韓国SKONEC、FPS『Mortal Blitz』日本国内で販売開始 グロッキーフィニッシュでスタイリッシュにキメる
8 スパイスボックス、自社製スマホVRゴーグルMilbox(みるボックス)の高機能版「Milbox 2」を発表
9 ソニーモバイル、映像にタッチ操作を加えPS4対応のポータブルプロジェクター「Xperia Touch」を6月24日に発売 価格は15万円前後を想定
10 【PSVR】マチ★アソビで『Fate/Grand Order VR』の先行体験会が開催 
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム