PlayStation VR、ソニー・インタラクティブエンタテインメント、PlayStaionVR(PSVR)に関するVR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

SCE、バーチャルリアリティ(VR)システム「PlayStation VR」を2016年10月より日本、北米、欧州、アジアで発売 国内価格は4万4980円

2016年03月16日 10時20分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、3月16日、プレイステーション 4(PS4)の魅力を高め、ゲーム体験をより豊かにするバーチャルリアリティ(VR)システム「PlayStation VR(プレイステーション ヴィーアール、以下PS VR)」を2016年10月より、日本、北米、欧州、アジアにてそれぞれ希望小売価格44,980円/399USドル/399ユーロ/349ポンドで発売することを発表した。

PS VR向けソフトウェアタイトルの開発には、2K Gamesやユービーアイソフトなどの大手ソフトウェアメーカーからインディーズ(独立系)開発者まで、230社以上が参入を表明している。各社およびSCEワールドワイド・スタジオ(SCE WWS)では160本以上のタイトルを開発しており、発売から2016年末までに『Eagle Flight』(ユービーアイソフト)、『EVE: Valkyrie』(CCP Games)、『Headmaster』(Frame Interactive)、『Rez Infinite』(Enhance Games)、『Wayward Sky』(Uber Entertainment)、『RIGS: Machine Combat League』『つみきBLOQ VR』『Until Dawn: Rush of Blood』『PlayStation VR WORLDS』(SCE WWS)など、50本以上の幅広いジャンルのタイトルを発売予定だ。

また、エレクトロニック・アーツ、DICE、Lucasfilmは、PS VRだけで楽しめる『Star Wars バトルフロント』(エレクトロニック・アーツ)の全く新しいゲーム体験の開発に取り組んでいる。さらに、PS VRを買った後すぐにVR体験を家族や友人と楽しめるよう、発売と同時にPS VR専用タイトル『THE PLAYROOM VR』(SCE WWS)をPlayStation Storeにて無料で配信する。

SCEは、今後もPS VRのソフトウェアタイトルの充実をさらに加速すべく、ツール・ミドルウェアメーカー各社と結束して、革新的なソリューションを届け、開発環境を益々充実させていく方針だ。

PS VRは仮想空間内の大迫力のスクリーンにてPS4用ソフトウェアタイトルはもちろん、映像コンテンツ、シェアプレイやLive from PlayStationといったソーシャル機能など、PS4の様々なコンテンツや機能が楽しめるシネマティックモードも搭載した。さらに、PS VRでは全天球カメラなどで撮影された360度全方向を見渡せる写真や動画も楽しめる。VRヘッドセットを装着してこれらのコンテンツをPS4のメディアプレーヤーで再生すると、あたかもその空間に自分が存在しているかのような体験が手軽に味わえる。

SCEは、2016年10月の発売にむけ、PS VRのタイトルを体験できる場を世界各地で提供するとともに、ソフトウェアラインアップの拡充を通じて、PS VRの魅力を訴求していくとしている。

▼SCE 代表取締役社長兼グローバルCEO アンドリュー・ハウス氏コメント
「2014年のGDCにて初めてPS VRを発表して以来、世界中のユーザーの皆様から大変大きな反響をいただいております。私たちは、PS VRの台数を十分に確保し、バラエティ豊かなソフトウェアタイトルのラインアップとともに世界中の皆様にお届けするべく、2016年10月にPS VRを発売いたします。発売をお待ちいただいているユーザーの皆様には、改めて感謝申し上げますとともに、これまでにないゲーム体験を実現するPS VRに引き続きご期待ください」

<PlayStation VR商品概要>
商品名:「プレイステーション ヴィーアール」
型番:CUH-ZVR1シリーズ
発売日:2016年10月
希望小売価格:44,980円/399USドル/399ユーロ/349ポンド(北米および日本での価格は税抜き。欧州、英国での価格は税込み)
外形寸法:
・VRヘッドセット:約187 × 185 × 277 mm(幅×高さ×奥行き、最大突起部除く、ヘッドバンド長さ最短)
・プロセッサーユニット:約143 × 36 × 143 mm(幅×高さ×奥行き、最大突起部除く)
質量:
・VRヘッドセット:約610 g (ケーブル含まず)
・プロセッサーユニット:約365g
ディスプレイ方式:OLED
ディスプレイサイズ:5.7インチ
ディスプレイ解像度:1920×RGB×1080(左右の目それぞれに960×RGB×1080の映像を表示)
リフレッシュレート:120Hz、90Hz
視野角:約100度
搭載センサー:6軸検出システム(3軸ジャイロ・3軸加速度)
接続端子:    
・VRヘッドセット:HDMI端子、AUX端子、ステレオヘッドフォン端子
・プロセッサーユニット:HDMI TV端子、HDMI PS4端子、USB端子、HDMI端子、AUX端子
・プロセッサーユニット機能    3Dオーディオプロセッシング、ソーシャルスクリーン(ミラーリングモード/セパレートモード)、シネマティックモード
内容物:    
VRヘッドセット×1、プロセッサーユニット×1、VRヘッドセット接続ケーブル×1、HDMIケーブル×1、USBケーブル×1、ステレオヘッドフォン(イヤーピース一式)×1、電源コード×1、ACアダプター×1

 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ソニー・インタラクティブエンタテインメントPlayStation VRPlayStaionVR(PSVR)

注目の新作VRゲーム

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】『コズミックフロント☆NEXTVR 南米星空編』がリリース ボリビアの「ウユニ塩原」などを自宅でゆっくりとVRで
2 モブキャスト、VRトレーラー『18 夢世界VR』が体験できるブースを東京コミコンに出展 360Channelで配信も
3 【PSVR】ubisoftの『イーグルフライト』、 PSVR x Oculus Rift x HTC Viveの間でマルチプレイが可能に
4 【おはようVR】CAが子会社「VR Agent」を設立 『サマーレッスン』の追加パック発売、『絶体絶命都市』がVRに対応など
5 マウスコンピューター、GTX 1060を搭載したVR Ready対応のノートPC「DAIV-NG5710」シリーズを販売開始…14万9800円(税別)から
6 ワンオペをVR体験!! ダズル、バーガーショップをワンオペで回す『ONEMAN VURGER』を近日公開へ
7 Core i x GTX 1060 x HTCVive のお得なセットモデルがパソコン工房から登場 18万9780円(税別)から
8 RICOH THETAを使った親子写真教室、不動産内覧、音楽フェスまで、その活用事例が公開
9 体験会に行けなかった人は是非 クーロンゲートVR試作版の360度動画が公開に
10 NVIDIAのQuadro GPUで生成される仮想空間 戦闘機パイロットの能力向上に欠かせないVRトレーニングとは?
11位以下のランキングを見る