モノビットに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

モノビット、「VRエンターテインメント事業部」を設立…VR及びARへ本格参入 コンテンツ制作、プロデュースなどトータルサービスを提供

2016年03月22日 09時38分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


モノビットは、VR/AR事業部門「VRエンターテインメント事業部」を設立し、バーチャルリアリティ(以下:VR)及びオーグメンティッドリアリティ(以下:AR)市場へ本格参入したことを発表した。

同社では、VR/ARの今後の事業性に以前から着目し、研究開発を含めてのコンテンツ制作、及び事業モデルの検討を行ってきたが、このたび正式に社内組織を組成して「VRエンターテインメント事業部」を立ち上げた。

「VRエンターテインメント事業部」では、VR/AR対応ゲーム、360度動画をはじめとしたVR/ARコンテンツの企画・制作を行うほか、VR/AR事業各社と協力し、VR/ARに関わるビジネスプラン構築までプロデュースを行うなど、VR/AR事業におけるトータルサービスを提供する。その中でも、リアルタイム通信エンジン開発についての高いノウハウとゲーム制作で培った斬新なアイディアで、類を見ないVR/ARオンラインコンテンツ制作することが主要な目的となる。

また、設立に際して「MONOBIT VR」(モノビット ブイアール)をブランドロゴとして掲げ、VR/ARエンターテインメントの世界的拡大に寄与していく方針だ。

■VR/AR専用ネットワークエンジンの開発について
同社のミドルウェア事業部では、「モノビットエンジン」というリアルタイム通信エンジンを開発、販売しており、ネットワークゲームの基幹技術について高いノウハウを持っている。その最先端のネットワークテクノロジーにより、VR/AR専用ネットワークエンジンの開発を行い、VR内で世界中の人々が集えるVRオンラインコンテンツ制作をスムーズに行える環境を提供する。




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( モノビット

ピックアップ

記事ランキング

1 【インタビュー】PSVRはここから始まった、ソニーからSCEへの事業化までの道のり、嘘みたいな本当の話…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(1/5)
2 【インタビュー】ハードの開発はソフトチームとの共同製作へ 新たに生まれたシナジーとは…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(3/5)
3 【インタビュー】SCEの始動、ゲームをより幅広い人へ、よりカッコイイものにしたかった…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(2/5)
4 【PSVR】クリスも登場する『バイオ7』の無料DLC「NOT A HERO」が配信日変更に【動画と追記あり】
5 【PSVR】DMM、Ver3.00でVRモードに対応 "様々"なコンテンツがVRで視聴可能に
6 KDDIとクリプトン、AR・VR・MR技術等を活用した"初音ミク"などのコンテンツ事業で協力 ニコニコ超会議2017で体験コーナーも
7 【PSVR】韓国SKONEC、FPS『Mortal Blitz』日本国内で販売開始 グロッキーフィニッシュでスタイリッシュにキメる
8 スパイスボックス、自社製スマホVRゴーグルMilbox(みるボックス)の高機能版「Milbox 2」を発表
9 ソニーモバイル、映像にタッチ操作を加えPS4対応のポータブルプロジェクター「Xperia Touch」を6月24日に発売 価格は15万円前後を想定
10 【PSVR】マチ★アソビで『Fate/Grand Order VR』の先行体験会が開催 
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム