ランシステムに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ランシステム、複合カフェ「自遊空間」でVR映画館「VR THEATER」を4月7日より開始…進撃の巨人展360°体感シアター“哮”などが楽しめる

2016年04月05日 15時45分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


ランシステム<3326>は、4月5日、運営する複合カフェ「スペースクリエイト自遊空間」店舗でHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を使用したVRシアターサービス「VR THEATER」を4月7日より導入すると発表した。このサービスは一般社団法人日本複合カフェ協会(JCCA)に加盟する複合カフェ店舗に導入されるもので、自遊空間では3店舗に導入される。視聴料金は、第1弾コンテンツが600円/1回となっており、第2弾以降は未定とのこと。

これは、インターピアの開発したコンテンツ課金・店頭決裁システムと、ejeが運営する「VR CRUISE」が連繋したサービスで、対象店舗でVR体験を申し込むと、VR機器を借りることができ、利用料を支払って、VRコンテンツを楽しむことができる。第1弾のコンテンツとして、2014年より各地で開催されている「進撃の巨人展」でのみ体験可能な話題作「進撃の巨人展360°体感シアター“哮”」を期間限定で公開する。また第2弾として、5月より世界初公開となる「攻殻機動隊新劇場版 Virtual Reality Diver」も公開する予定だ。
 

なお、対象店舗は以下のとおり。

・BIGBOX高田馬場店 TEL:03-5291-4323 東京都新宿区高田馬場1-35-3 ビッグボックス高田馬場7階
・亀戸店 TEL:03-5836-1484 東京都江東区亀戸5-2-3さくら亀戸ビル1階
・前橋国領町店 TEL:027-260-1002 群馬県前橋市国領町2-13-6



第1弾「進撃の巨人展360°体感シアター“哮”」(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
第2弾「攻殻機動隊新劇場版 Virtual Reality Diver」(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊新劇場版」製作委員会




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ランシステム

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】期待の新作 2018年、注目PlayStation VR対応タイトルを紹介
2 ユニットコムは、第8世代Core i5 と GTX1060 搭載のコンパクトゲームPCを発売 価格は118,778円から
3 バンナム、スマホでできるVRライブ『Vivid Real LIVE ドリフェス!R』を今春配信 
4 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
5 VR Center、バレンタインデーカップルチケットを発売 1月22日~2月14日まで
6 【おはようVR】EAのクリエイターのVRアクション『Apex Construct』が2月リリース ナムコ、SC全国大会にブース出展でVRの無料体験など
7 4コア対応したCore i3とGTX 1060を搭載したミニタワーゲームPCをユニットコムが販売開始 価格は96,098円から
8 ARを使って『劇場版SAO』の世界感を楽しむ 都内を巡るスタンプラリーが開催に
9 【PSVR】荒廃した未来が舞台 アクションADV『Apex Construct』が国内含め2月にリリース…元EAなどのクリエイターが集うVRゲーム会社Fast Travel Gamesの初作品
10 Unity、完全食COMPとコラボ Global Game Jam 2018参加者全員にプレゼント
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど