MilboxTouch、WHITEに関するVR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

WHITE、VRゴーグル「MilboxTouch」を発売 装着したスマホのゴーグル外部からのタッチ入力操作の実現は世界初 対応VRゲームアプリも発売

2016年04月27日 10時35分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



WHITEは、世界で初めてゴーグル外部からのタッチ入力でスマートフォンを操作することができるスマホ装着型VRゴーグル「MilboxTouch」と、その対応VRゲームアプリ『MilboxTouch ver. VR PAC-MAN』を4月26日より発売した。

また、同時にアプリ開発者向けに「MilboxTouch」用のSDK(開発キット)の提供、外部メーカー向けにタッチ操作技術のOEM供給を開始する。

「MilboxTouch」は、明治大学の研究成果であるExtensionSticker技術を応用し、WHITEと明治大学が共同で開発したTouch Interface Moduleを搭載した、スマホ装着型VRゴーグル。ユーザーはMilboxTouchの筐体側面に導電性インクで印刷されたTouch Interface Moduleを触ることで、ゴーグルの上からゴーグル内に設置したスマートフォンのタップ、スクロール、スワイプといった操作を行うことができる。

従来のスマホ装着型VRゴーグルは、「首を振ることでの操作」のみだったが、MilboxTouchでは「指でのタッチによる操作」が可能となり、VRの映像体験、ゲーム体験の幅を大きく広げることに成功した。こうした外部から入力操作ができるスマホVRゴーグルは、MilboxTouchが世界初となる。

<「MilboxTouch」概要>
価格:2,500 円(税別)
サイズ:約85×108×150mm
対応端末:最大サイズ 高さ150×幅76×厚さ10.5mm
・Apple iPhone 6/6s
・Samsung Galaxy S6 edge/S6/S5
・Sony Xperia Z4/Z3
・Sharp AQUOS Compact(SH-02H)/Xx2(502SH)/ZETA(SH-01H)/EVER(SH-04G)/SERIE(SHV32)
・京セラ URBANO V02(KYV34)/INFOBAR A03(KYV33)
・LG Electronics isai vivid(LGV32)
・HTC J butterfly(HTV31)
・ASUS ZenFone2 Laser(ZE500KL)

販売方法:Amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/B01EAKXE8K

▼製品サイト
http://milbox.tokyo/milboxtouch/

▼「MilboxTouch」PV
 

■『MilboxTouch ver. VR PAC-MAN』について
『MilboxTouch ver. VR PAC-MAN』は、アプリをダウンロードしたスマートフォンを「MilboxTouch」にセットして装着することで、往年の大人気ゲーム「パックマン」を立体的かつ360度視野で楽しむことができるVRゲームアプリ。通常「パックマン」は、頭上から迷路全体を俯瞰して操作を行うゲームだが、『MilboxTouch ver. VR PAC-MAN』では自身が「パックマン」の世界に飛び込み、パックマン目線で迷路を進んでいくことができる。ゴーグルを頭にセットして行うゲームのため、深い没入感が生まれ、あたかも自分自身がゴーストに追いかけられているような強い臨場感を味わえることが特徴だ。また、『MilboxTouch ver. VR PAC-MAN』は、ノーマルモードを選択することでスマートフォンだけを使って楽しむこともできる。その場合、立体視ではなく、360度視野でゲームを楽しむことができる。



対応機種:Android4.2以上搭載
価格:300円(税込)
販売方法:Google Play(Android版)
https://play.google.com/store/apps/details?id=tokyo.milbox.pacman

※iOS版は5月末頃リリース予定
※『MilboxTouch ver. VR PAC-MAN』は、株式会社バンダイナムコエンターテインメントが実施している「カタログIPオープン化プロジェクト」に参加しています。
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

■MilboxTouch 用のSDK(開発キット)の提供について
VRアプリ開発者向けに、3D開発環境のUnityを利用して、「スクロール」「スワイプ」「タップ」入力を利用したVRアプリが制作できるSDK(開発キット)の提供を開始する。今回はβ版の提供となり、正式リリースは5月末ごろを予定している。今後は順次、iOS、AndroidのSDKも配布予定だ。

▼SDKダウンロードURL
http://milbox.tokyo/milboxtouch/developer/index.html

■Touch Interface ModuleのOEM供給について
WHITEでは、独自開発のTouch Interface Moduleが、すべてのスマホVRゴーグルの入力方式のスタンダードになることを目指し、Touch Interface ModuleのOEM供給を開始する。OEM供給の方法は2通りで、WHITEにて各ゴーグルに合わせてTouch Interface Moduleの取り付け方法や回路図面の最適化のための設計を行った後、製造して販売する、もしくは製造方法を含めて販売することが可能だ。


 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( WHITEMilboxTouch

ピックアップ

記事ランキング

1 【インタビュー】PSVRはここから始まった、ソニーからSCEへの事業化までの道のり、嘘みたいな本当の話…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(1/5)
2 【インタビュー】ハードの開発はソフトチームとの共同製作へ 新たに生まれたシナジーとは…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(3/5)
3 【インタビュー】SCEの始動、ゲームをより幅広い人へ、よりカッコイイものにしたかった…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(2/5)
4 【PSVR】クリスも登場する『バイオ7』の無料DLC「NOT A HERO」が配信日変更に【動画と追記あり】
5 【PSVR】DMM、Ver3.00でVRモードに対応 "様々"なコンテンツがVRで視聴可能に
6 KDDIとクリプトン、AR・VR・MR技術等を活用した"初音ミク"などのコンテンツ事業で協力 ニコニコ超会議2017で体験コーナーも
7 【PSVR】韓国SKONEC、FPS『Mortal Blitz』日本国内で販売開始 グロッキーフィニッシュでスタイリッシュにキメる
8 スパイスボックス、自社製スマホVRゴーグルMilbox(みるボックス)の高機能版「Milbox 2」を発表
9 ソニーモバイル、映像にタッチ操作を加えPS4対応のポータブルプロジェクター「Xperia Touch」を6月24日に発売 価格は15万円前後を想定
10 【PSVR】マチ★アソビで『Fate/Grand Order VR』の先行体験会が開催 
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム