MilboxTouch、WHITEに関するVR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

WHITE、VRゴーグル「MilboxTouch」を発売 装着したスマホのゴーグル外部からのタッチ入力操作の実現は世界初 対応VRゲームアプリも発売

2016年04月27日 10時35分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



WHITEは、世界で初めてゴーグル外部からのタッチ入力でスマートフォンを操作することができるスマホ装着型VRゴーグル「MilboxTouch」と、その対応VRゲームアプリ『MilboxTouch ver. VR PAC-MAN』を4月26日より発売した。

また、同時にアプリ開発者向けに「MilboxTouch」用のSDK(開発キット)の提供、外部メーカー向けにタッチ操作技術のOEM供給を開始する。

「MilboxTouch」は、明治大学の研究成果であるExtensionSticker技術を応用し、WHITEと明治大学が共同で開発したTouch Interface Moduleを搭載した、スマホ装着型VRゴーグル。ユーザーはMilboxTouchの筐体側面に導電性インクで印刷されたTouch Interface Moduleを触ることで、ゴーグルの上からゴーグル内に設置したスマートフォンのタップ、スクロール、スワイプといった操作を行うことができる。

従来のスマホ装着型VRゴーグルは、「首を振ることでの操作」のみだったが、MilboxTouchでは「指でのタッチによる操作」が可能となり、VRの映像体験、ゲーム体験の幅を大きく広げることに成功した。こうした外部から入力操作ができるスマホVRゴーグルは、MilboxTouchが世界初となる。

<「MilboxTouch」概要>
価格:2,500 円(税別)
サイズ:約85×108×150mm
対応端末:最大サイズ 高さ150×幅76×厚さ10.5mm
・Apple iPhone 6/6s
・Samsung Galaxy S6 edge/S6/S5
・Sony Xperia Z4/Z3
・Sharp AQUOS Compact(SH-02H)/Xx2(502SH)/ZETA(SH-01H)/EVER(SH-04G)/SERIE(SHV32)
・京セラ URBANO V02(KYV34)/INFOBAR A03(KYV33)
・LG Electronics isai vivid(LGV32)
・HTC J butterfly(HTV31)
・ASUS ZenFone2 Laser(ZE500KL)

販売方法:Amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/B01EAKXE8K

▼製品サイト
http://milbox.tokyo/milboxtouch/

▼「MilboxTouch」PV
 

■『MilboxTouch ver. VR PAC-MAN』について
『MilboxTouch ver. VR PAC-MAN』は、アプリをダウンロードしたスマートフォンを「MilboxTouch」にセットして装着することで、往年の大人気ゲーム「パックマン」を立体的かつ360度視野で楽しむことができるVRゲームアプリ。通常「パックマン」は、頭上から迷路全体を俯瞰して操作を行うゲームだが、『MilboxTouch ver. VR PAC-MAN』では自身が「パックマン」の世界に飛び込み、パックマン目線で迷路を進んでいくことができる。ゴーグルを頭にセットして行うゲームのため、深い没入感が生まれ、あたかも自分自身がゴーストに追いかけられているような強い臨場感を味わえることが特徴だ。また、『MilboxTouch ver. VR PAC-MAN』は、ノーマルモードを選択することでスマートフォンだけを使って楽しむこともできる。その場合、立体視ではなく、360度視野でゲームを楽しむことができる。



対応機種:Android4.2以上搭載
価格:300円(税込)
販売方法:Google Play(Android版)
https://play.google.com/store/apps/details?id=tokyo.milbox.pacman

※iOS版は5月末頃リリース予定
※『MilboxTouch ver. VR PAC-MAN』は、株式会社バンダイナムコエンターテインメントが実施している「カタログIPオープン化プロジェクト」に参加しています。
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

■MilboxTouch 用のSDK(開発キット)の提供について
VRアプリ開発者向けに、3D開発環境のUnityを利用して、「スクロール」「スワイプ」「タップ」入力を利用したVRアプリが制作できるSDK(開発キット)の提供を開始する。今回はβ版の提供となり、正式リリースは5月末ごろを予定している。今後は順次、iOS、AndroidのSDKも配布予定だ。

▼SDKダウンロードURL
http://milbox.tokyo/milboxtouch/developer/index.html

■Touch Interface ModuleのOEM供給について
WHITEでは、独自開発のTouch Interface Moduleが、すべてのスマホVRゴーグルの入力方式のスタンダードになることを目指し、Touch Interface ModuleのOEM供給を開始する。OEM供給の方法は2通りで、WHITEにて各ゴーグルに合わせてTouch Interface Moduleの取り付け方法や回路図面の最適化のための設計を行った後、製造して販売する、もしくは製造方法を含めて販売することが可能だ。


 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の新作VRゲーム

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】『コズミックフロント☆NEXTVR 南米星空編』がリリース ボリビアの「ウユニ塩原」などを自宅でゆっくりとVRで
2 モブキャスト、VRトレーラー『18 夢世界VR』が体験できるブースを東京コミコンに出展 360Channelで配信も
3 【PSVR】ubisoftの『イーグルフライト』、 PSVR x Oculus Rift x HTC Viveの間でマルチプレイが可能に
4 【おはようVR】CAが子会社「VR Agent」を設立 『サマーレッスン』の追加パック発売、『絶体絶命都市』がVRに対応など
5 マウスコンピューター、GTX 1060を搭載したVR Ready対応のノートPC「DAIV-NG5710」シリーズを販売開始…14万9800円(税別)から
6 ワンオペをVR体験!! ダズル、バーガーショップをワンオペで回す『ONEMAN VURGER』を近日公開へ
7 Core i x GTX 1060 x HTCVive のお得なセットモデルがパソコン工房から登場 18万9780円(税別)から
8 RICOH THETAを使った親子写真教室、不動産内覧、音楽フェスまで、その活用事例が公開
9 体験会に行けなかった人は是非 クーロンゲートVR試作版の360度動画が公開に
10 NVIDIAのQuadro GPUで生成される仮想空間 戦闘機パイロットの能力向上に欠かせないVRトレーニングとは?
11位以下のランキングを見る