CRI・ミドルウェアに関するVRTech記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

CRIミドルウェア、音声・動画・触覚技術を集約したソリューションを今夏提供 スマホゲームだけでなくVRとの組み合わせでよりリアルな体験も

2016年05月16日 14時35分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



CRI・ミドルウェア<3698>は、ゲーム開発向けミドルウェアCRIWAREにおいて、従来の音声・動画技術に加え、新たに触覚技術(ハプティック)に対応したソリューションを2016年夏頃に提供する。触覚技術の開発・提供で世界をリードする米国イマージョンコーポレーションとの技術提携を行い、ゲーム開発者に、オーディオ、ビデオ、触覚技術を集約したソリューションを提供し、聴覚・視覚・触覚すべての効果を使った、新たな感動や驚きを伝えるゲーム演出の創造をサポートする、としている。

イマージョンが開発・提供するタッチセンス(TouchSense)ゲームソフトウェア開発キット (SDK)は、アプリケーションソフトにおいて、120種類以上の触覚効果を可能にする技術。Androidスマートフォンに対応しており、衝突や爆発、エンジンの振動などから、叩く、触れる、擦れる、上昇感・下降感といった感覚まで、触覚に訴える様々な効果を多種多様な振動パターンによって実現する技術だそうだ。この触覚技術は、VR技術と組み合わせることで、よりリアルなバーチャル体験を可能にする。

CRIWAREにタッチセンステクノロジーを組み入れることで、スマートフォンゲーム開発者は、ゲーム演出に必要なオーディオ、ビデオに加えて、タッチセンステクノロジーのバリエーション豊かな触覚効果を、CRIWAREのツールを使って容易にデザインし、ゲームに組み込めるようになるとのこと。
 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( CRI・ミドルウェア

ピックアップ

記事ランキング

1 オリンピックを見据えた警視庁への提案も 日常業務を変革するサン電子のAR技術を使った『AceReal One』とは
2 【PSVR】プリズムプラス、韓国のゲームスタジオとVRパズルゲームを共同開発 春に発売予定
3 【PSVR】ACTパズルアドベンチャー『MOSS』の北米発売日が2月27日に決定 体験版の公開や予約も受付中
4 モノビット、GTMF2018の幹事会社として参画 大阪は6月27日、東京は7月13日に開催
5 グリー、「GVR Fund」を「GFR Fund」にファンド名を変更 AR/MRなど幅広い領域にも投資へ
6 SAT-BOX、STEAMで旧正月セールを開催 『ボクセルショットVR』などが最大60%オフに
7 NTTドコモ、5G通信を見据えた8KVRミュージックビデオの提供を開始 安室奈美恵さんのライブパフォーマンスを体感
8 【おはようVR】グリーがファンド名を変更、AR/MRなど幅広い領域にも投資 サードウェーブが『UE4 Tech Summit』開催など
9 『日本ゲーム大賞2018 アマチュア部門』の応募概要決定 募集テーマは「うつす」…AR/VRを使用した作品も可
10 360Channel、同社のVRプロデュース事業「VR PARTNERS」でSUBARU「ゲレンデタクシー」を魅せる
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど