Viibarに関するVR調査資料記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

Viibar、VRに関する意識調査を実施 一番体験したいコンテンツは「観光」 6割以上がVR未体験

2016年06月09日 14時02分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


Viibarは、20代~60代までの男女1,207名を対象にVR(バーチャルリアリティ)に関する調査を実施した。

調査の結果、VR(バーチャルリアリティ)で最も体験したいコンテンツは「観光」であること、およびVRを経験すればするほどよりハマっていく傾向があること、利用シーンとしては、テレビ、PC、スマホ等を使用し自宅で利用してみたいと考えているということが分かった。

今年2016年はVR元年と言う声も多く、様々なVR関連サービスが生まれている。まだ6割以上の人がVRを体験したことがない一方で、家庭用VRヘッドセット等の機器も次々と発表されている。

VR未体験の人は5,000円未満での機器購入を望む一方、VRを一度体験した人は、10,000円〜30,000円での購入を考えており、VRを体験するきっかけを作ることが普及の鍵であることが判明。また、VR体験のきっかけの約半数がテレビやイベントとなっており、今後、VRを気軽に体験できるイベントや報道等の増加が普及を後押しすることが期待される。


【調査結果のサマリ】

1.VRで一番体験したいコンテンツは「観光」。2位以下は、「エンタメ」、「音楽」、「アニメ」が次に続いている。


観光のVRコンテンツの参考
360度VR技術を使ったJALの国際線機材『JAL SKY SUITE』の説明動画、Viibarで制作
http://viibar.com/press/160217c

2.家庭用VRヘッドセットなどのVR機器に関し、VR経験者は未経験者よりも価格の許容度が高く、VRを経験すればするほどよりハマっていく傾向にあるようだ。



3.VRを使いたいシーンとしては、「自宅」が最も多く、テレビ、PC、スマホ等を利用して気軽に使ってみたいと考えられていることがわかる。


4.6割以上がVR未体験であることが分かった。


5.約半数が、VR体験のきっかけはテレビやイベントであると回答。1位、2位の合計47.3%


6.VR経験者が体験したことのあるVRコンテンツの種類、ベスト3は「アトラクションやVR体験施設」、「映画」、「ゲーム」で、「プロジェクションマッピング」「オンライン動画」はそれぞれ4位、5位となった。


7.約半数が、「値段が安い、または無料で体験できる」場合には体験してみたいと答えており、体験するきっかけが肝となっていることがわかる。(単位:パーセント)



 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】ジェムドロップ、『ヘディング工場』は本日2月17日リリース ヘディングあり、仕掛けあり、頭フル活用のアクションパズル
2 Nintendo Switchの予約が大手家電量販店のサイトなどで再開中 
3 【DeNA TechCon 2017】読書の形を極限まで”楽”にした「VR本屋」ブースを出展…開発者の根岸匠氏にVRならではの魅力を伺ってきた
4 【PSVR】VRリラクゼーションソフト『anywhereVR』の追加DLC「Selection C」が半額セール 「星の降る夜」や「星の降る夜」など20種類の映像を収録
5 明治、ハコスコを採用した きのこの山・たけのこの里 仕様の「スマホVRゴーグル」プレゼントキャンペーンを開催 
6 【PSVR】次回の販売は2月25日(土)が濃厚 家電量販店の複数の店舗で抽選販売を行うことを確認
7 イード、アイドルと触れ合えるVRシリーズ「トキメキメテオ」を春から展開 第一弾に倉持由香さん、星名美津紀さんらが出演
8 【おはようVR】PSVRの次回販売は2月25日が濃厚、コロプラ『VR Tennis Online』配信決定 KDDIとJR西日本でVR災害訓練ソリューションを開発
9 DELL ALIENWAREが主催 『アサシンクリード』の世界をVRで体験できるイベントが109シネマズで開催
10 360Channel、アイドルグループ「謎ノプルプルガキテル」のライブを公開 『Girls Jungle』を含んだ4曲をVRで体験
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム