Viibarに関するVR調査資料記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

Viibar、VRに関する意識調査を実施 一番体験したいコンテンツは「観光」 6割以上がVR未体験

2016年06月09日 14時02分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


Viibarは、20代~60代までの男女1,207名を対象にVR(バーチャルリアリティ)に関する調査を実施した。

調査の結果、VR(バーチャルリアリティ)で最も体験したいコンテンツは「観光」であること、およびVRを経験すればするほどよりハマっていく傾向があること、利用シーンとしては、テレビ、PC、スマホ等を使用し自宅で利用してみたいと考えているということが分かった。

今年2016年はVR元年と言う声も多く、様々なVR関連サービスが生まれている。まだ6割以上の人がVRを体験したことがない一方で、家庭用VRヘッドセット等の機器も次々と発表されている。

VR未体験の人は5,000円未満での機器購入を望む一方、VRを一度体験した人は、10,000円〜30,000円での購入を考えており、VRを体験するきっかけを作ることが普及の鍵であることが判明。また、VR体験のきっかけの約半数がテレビやイベントとなっており、今後、VRを気軽に体験できるイベントや報道等の増加が普及を後押しすることが期待される。


【調査結果のサマリ】

1.VRで一番体験したいコンテンツは「観光」。2位以下は、「エンタメ」、「音楽」、「アニメ」が次に続いている。


観光のVRコンテンツの参考
360度VR技術を使ったJALの国際線機材『JAL SKY SUITE』の説明動画、Viibarで制作
http://viibar.com/press/160217c

2.家庭用VRヘッドセットなどのVR機器に関し、VR経験者は未経験者よりも価格の許容度が高く、VRを経験すればするほどよりハマっていく傾向にあるようだ。



3.VRを使いたいシーンとしては、「自宅」が最も多く、テレビ、PC、スマホ等を利用して気軽に使ってみたいと考えられていることがわかる。


4.6割以上がVR未体験であることが分かった。


5.約半数が、VR体験のきっかけはテレビやイベントであると回答。1位、2位の合計47.3%


6.VR経験者が体験したことのあるVRコンテンツの種類、ベスト3は「アトラクションやVR体験施設」、「映画」、「ゲーム」で、「プロジェクションマッピング」「オンライン動画」はそれぞれ4位、5位となった。


7.約半数が、「値段が安い、または無料で体験できる」場合には体験してみたいと答えており、体験するきっかけが肝となっていることがわかる。(単位:パーセント)



 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】4月29日、店舗の販売再開状況をお届け ヨドバシを含めほとんどの店舗が抽選方式に PS Moveは製造数増加も
2 【PSVR】ソリッドスフィア、『カイジVR ~絶望の鉄骨渡り~』発売延期を発表
3 【インタビュー】PS VR期待の新作やハードの増産状況、そして2017年のVR業界とは…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(5/5)
4 【Steam】コロプラ、巨人と戦う体感 VR ACTゲーム『TITAN SLAYER』を配信開始
5 【Steam VRランキング(4月28日)】首位にコロプラの新作アクション『TITAN SLAYER』 Owlchemy Labs新作『Rick and Morty: Virtual Rick-ality』が2位に
6 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
7 【インタビュー】ハードの開発はソフトチームとの共同製作へ 新たに生まれたシナジーとは…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(3/5)
8 【インタビュー】PS VRはここから始まった、ソニーからSCEへの事業化までの道のり、嘘みたいな本当の話…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(1/5)
9 360Channel、ROBOT×pixivのオリジナル短編アニメ『オニズシ』のVR動画を配信開始
10 【インタビュー】VRを創りたいクリエイター達のパッション、PS VRの開発からVR元年まで…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(4/5)
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム