ラグーナテンボスに関するVRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ラグーナテンボス、HMDを装着し乗車する次世代コースター『未来都市~High up in the Sky~』を発表 未来都市を駆け巡る体感型VRアトラクション

2016年06月10日 14時01分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
ラグーナテンボスは、同社が運営する愛知県のテーマパーク「ラグナシア」において、バーチャル空間が広がる世界を疾走する次世代コースター「VR(ブイアール)アドベンチャー」を7月16日より公開すると発表した。

「VRアドベンチャー(VRA)」は、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を装着し、コースター(ラグナシアのライド系アトラクション「パイレーツ ブラスト」)に乗車するアトラクション。コースターの動きに同期するHMDの映像を見ながらコースターに搭乗することにより、今までのコースターでは体験できなかったVRならではのリアルな「視覚」効果をプラス。進行方向はもちろん、上下左右どこを見てもバーチャル空間が広がるとのことだ。

コースターならではのスピード感を体感しながら、まるで夢のような冒険世界に、本当に自分が存在しているかのような体験を可能にしたという。このVRAは、様々なコンテンツに変更が可能で、随時コンテンツのバージョンアップを行っていくとのこと。第一弾は、『未来都市~High up in the Sky~』という名称。なお、このHMDを装着せず、通常のコースター「パイレーツ ブラスト」としての利用も可能となっている。


■「VRアドベンチャー」概要

 
 
期間 :7月16日(土)9:00~
時間 :ラグナシアの営業時間に準ずる
料金 :750円/パスポート利用可
利用制限:中学生以上/身長130cm以上


■『未来都市~High up in the Sky~』ストーリー
 

 
【あらすじ】
22世紀のとある未来都市。そこでは高速小型遊覧機「スカイ・ドルフィン」のテスト飛行が今まさに始まろうとしていた。「スカイ・ドルフィン」は順調にテスト飛行を行っていたが…。様々なアクシデントを潜り抜け、「スカイ・ドルフィン」は無事テスト飛行を終えることができるのか? 未来都市を駆け巡る疾走感とスリリングな体験があなたを待っている。

 
■公式サイト

VRアドベンチャー特設ページ

 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】SIE、『シアタールームVR』の参加者募集中 『スパイダーマン:ホームカミング』を仮想空間の大画面で体感
2 コーエーテクモウェーブ、『VR センス』で6月アップデートを配信 「ドリーム推しカメラ」追加で超接近を味わおう
3 【おはようVR】カプコンがVRとeSPORTS”を癒合したアトラクションを稼働 『デレマス』のVR ZONE公演リハ映像が公開など
4 ユニットコム、Corei7-8750HとGTX1060を搭載した15型フルHDゲーミングノートPC販売開始 液晶は120Hzのパネルを採用
5 ハウステンボス、所有する無人島に「JURASSIC ISLAND」をオープン リアルな肉食恐竜に挑むAR STGを楽しもう
6 【PSVR】『Arizona Sunshine』の「DEAD MAN DLC」が7月にリリース 「人類最後の日々へようこそ」と題した前日譚に
7 星光社印刷、紙製VRゴーグルをリニューアル 組み立てはわずか10秒に…オリジナルデザインの受注販売も開始
8 VRデザイン研究所、日本初のMR専門の教育機関『MRプロフェッショナルアカデミー』を開校 6月22日プレイベントも開催
9 マウスコンピューター、大阪府北部を震源とする地震の対応と支援を発表
10 つみネコ、「つみネコAR」を7月16日に無料リリース App Storeで予約注文も開始
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど