ユニットコムに関するVR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ユニットコム、VR開発に最適なパソコン『Sol-CX7S-i7K-XZS-DevelopVR』の発売開始

2016年06月14日 10時35分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ユニットコムは、6月13日、JAPAN QUALITY「iiyama PC」ブランド「SOLUTION∞ (ソリューション インフィニティ)」VR developers より、「AMD RADEON VR READY」グラフィックスと新アーキテクチャ「Skylake」を搭載した、VR 開発に最適なビジネス向け高品位・高耐久性スリムタイプパソコン『Sol-CX7S-i7K-XZS-DevelopVR』の発売を開始した。販売価格は24万6980円からとなっている。

パソコン工房の SOLUTION∞では、各社VR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)の動作推奨を受けた VRのコンテンツ開発に最適な動作確認済みスペックパソコンの取り組みを開始したという。VR コンテンツの開発はもちろん、動作推奨を受けているので VR デモンストレーションや VR コンテンツ再生にも利用できる、としている。

「Fiji」コア採用のハイエンド GPU「Radeon R9 Nano」を搭載。一般的なパソコンゲームをはるかに上回る描画性能が要求される HMD での VR に最適なグラフィックカードとなる。グラフィックスメモリとして HBM(High Bandwidth Memory)技術を採用することで、「4096bit」にもなる広大なメモリバス幅を実現した。

また、幅 87mm・高さ 380mm・奥行き 370mm(縦置き時)で、容量 12L というスリムな筐体内に、ハイエンドクラスのグラフィックカード製品の搭載が可能(最大 13 インチ)。独立拡張スロット設計で拡張カードの取付けも簡単。また、マザーボード・電源エリア、拡張カードエリアに区分けされ、相互の熱干渉を低減させるデザインとなっている。

新世代「Skylake」アーキテクチャを採用した第 6 世代インテル Coreプロセッサーを搭載。14nm プロセスルール採用による内部構造の微細化で動作効率が高くなり、クロックあたりのパフォーマンスが向上。インターネットやメールはもちろん、事務作業や動画視聴など、複数のソフトウェアを同時に使用してもストレスを感じることなく利用できる。


 
■SOLUTION∞ VR 開発向けパソコン
 

Sol-CX7S-i7K-XZS-DevelopVR





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 360Channel、Windows Mixed Reality対応アプリ配信開始 倉持由香さんの放送ギリギリ「VRグラドル研究所」も公開に
2 「リゼロ」のVR添寝・膝枕がPSVRとPCへの移植決定 より高画質、より近くに
3 【PSVR】『バイオハザード7』新ムービー 「TAPE-02 "レッドフィールド"」公開 本編後に幕開けする新たなストーリー
4 スターウォーズのVRアトラクションムービーが公開 チケットの販売も開始
5 【PSVR】神視点でお姫様を手助け Oasis Gamesパズルゲーム『LIGHT TRACER』をリリース
6 【JVRS3レポート】SIE、Microsoft、HTCの3社がそれぞれの立場で語るVRを使った未来とは 
7 動画をアップするだけ ジャプロとZYXWが、VR体験ページを簡単に制作する「Jazy. 360 VR-Web Viewer」をリリース
8 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
9 KLab、月探査ハッカソンを開催 ゲームからのアプローチで「遠隔操作ロボット」の課題解決へ
10 MRヘッドセットずらり OSに機能を標準搭載、全国400店規模の体験コーナーなど、Windows MR普及への期待高まる
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム