さよなら海腹川背、デジカ、Vive、Steamに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

デジカとスタジオ最前線、Steam版『さよなら海腹川背』をHTC Vive(OpenvVR)に対応 

2016年06月22日 17時35分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
デジカとスタジオ最前線は、6月22日、Steam版『さよなら海腹川背』をHTC Vive(OpenvVR)に対応したと発表した。既にゲーム本体を持っているようであればVR版を無料で手に入れることが可能で、 ステージやキャラクター達を様々な角度から眺めて操作する 「ジオラマモード」や「フルスケールモード」で遊ぶことができるという。

なお、スタジオ最前線の公式Twitterでは、Oculusでも動作するはずだが、製品版が手に入らず確認ができていないとのことだ。


■「海腹川背」最新作がSteamに登場
1994年、スーパーファミコン用ソフト『海腹川背』、1997年にPlayStation「海腹川背・旬」が発売。その独特のアクションで、今なお、多くのファンを魅了し続けるアクションゲームの正統続編がSteamに登場。伸縮自在の“ラバーリングアクション"ルアーが先端についたゴムロープを駆使して進む“ラバーリングアクションゲーム”。ルアーを壁に引っ掛け、伸縮するロープの反動を利用して高い位置に登ったり、 振り子運動を使って対岸に飛び移ったり、伸縮自在のロープが可能にする・他の 作品に例を見ない独特のアクション性が本作品の魅力!!

■オリジナルスタッフによる制作
Steam版もゲームデザイン、プログラム、キャラクターデザイン、サウンド全ての要素を「海腹川背」のオリジナルスタッフの手で制作。原作から続くシリーズの魅力を損なうことなく、Steamならではの要素を盛り込み、初めて触れる人からシリーズファンまで幅広く楽しめる。

制作スタッフ
ゲームデザイン・メインプログラム:酒井 潔 
キャラクターデザイン:近藤 敏信


■さよなら海腹川背
 

STEAM





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【インタビュー】PSVRはここから始まった、ソニーからSCEへの事業化までの道のり、嘘みたいな本当の話…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(1/5)
2 【360Channel】まさに漢の夢、倉持由香さんらの「憧れのシゴト美女」〜実践編〜が登場 VRバルーンのDカットも公開などなど…一週間まとめ
3 フジTV、『360°まる見え!VRアイドル水泳大会』の新シリーズなどを提供開始…3D収録した映像も
4 ディヴァース、CTO高田知典氏が「Unite 2017」で「3次元CAD VR化最速ツールの秘密」について講演
5 ハウステンボス、AMG GAMESのVRリズムアクション『Airtone』を4月28日から開始
6 ディヴァース、米の建築カンファレンスでVRソフト『SYMMETRY alpha』を出展 
7 【PSVR】『バイオ7』の無料DLC「NOT A HERO」の情報が公開 クリス・レッドフィールドが登場
8 【Steam VRランキング(4月24日)】首位はVRアニメ『Project LUX』 PSVRでも発売された『Robinson: The Journey』もランクイン
9 ハウステンボス、8月5日にVRで楽しむライド型アトラクション「VR-KING」を開始
10 Oculus VR、GearVRのコントローラーで動作する25タイトルのムービーを公開に
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム