さよなら海腹川背、デジカ、Vive、Steamに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

デジカとスタジオ最前線、Steam版『さよなら海腹川背』をHTC Vive(OpenvVR)に対応 

2016年06月22日 17時35分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
デジカとスタジオ最前線は、6月22日、Steam版『さよなら海腹川背』をHTC Vive(OpenvVR)に対応したと発表した。既にゲーム本体を持っているようであればVR版を無料で手に入れることが可能で、 ステージやキャラクター達を様々な角度から眺めて操作する 「ジオラマモード」や「フルスケールモード」で遊ぶことができるという。

なお、スタジオ最前線の公式Twitterでは、Oculusでも動作するはずだが、製品版が手に入らず確認ができていないとのことだ。


■「海腹川背」最新作がSteamに登場
1994年、スーパーファミコン用ソフト『海腹川背』、1997年にPlayStation「海腹川背・旬」が発売。その独特のアクションで、今なお、多くのファンを魅了し続けるアクションゲームの正統続編がSteamに登場。伸縮自在の“ラバーリングアクション"ルアーが先端についたゴムロープを駆使して進む“ラバーリングアクションゲーム”。ルアーを壁に引っ掛け、伸縮するロープの反動を利用して高い位置に登ったり、 振り子運動を使って対岸に飛び移ったり、伸縮自在のロープが可能にする・他の 作品に例を見ない独特のアクション性が本作品の魅力!!

■オリジナルスタッフによる制作
Steam版もゲームデザイン、プログラム、キャラクターデザイン、サウンド全ての要素を「海腹川背」のオリジナルスタッフの手で制作。原作から続くシリーズの魅力を損なうことなく、Steamならではの要素を盛り込み、初めて触れる人からシリーズファンまで幅広く楽しめる。

制作スタッフ
ゲームデザイン・メインプログラム:酒井 潔 
キャラクターデザイン:近藤 敏信


■さよなら海腹川背
 

STEAM





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Viveさよなら海腹川背Steam

ピックアップ

記事ランキング

1 【インタビュー】『バイオ7』の振り返り、そしてクリスが主役の「Not A Hero」の展望とは…カプコンのVRへの取り組みについて川田氏、高原氏に聞く(後編)
2 【PSVR】敵の弾を見て避ける スタイリッシュなFPS『SUPERHOT VR』が本日国内リリース・・・期間限定で20%OFF
3 【PSVR】ソニーストアで『エースコンバット7』の体験会が開催 予約は7月24日10時より
4 映像プロダクションの太陽企画、HoloLensを使用したコンテンツ「HOLOBUILDER」をリリース・・・複合現実でユーモラスに動くAR作業員を見てみよう
5 【PSVR】巨大ロボアクション『Archangel』がリリース 新トレイラーも公開へ
6 【PS VR】オンラインマルチ、音声チャットも可能なリアル系FPS『Bravo Team』を体験
7 【SteamVRランキング7/21】首位、韓国SKONECの近未来FPS『Mortal Blitz』、2位にVraiの『OldMaidGirl』と新作2タイトルが好感触
8 【おはようVR】PSVRではオンラインマルチ、音声チャットも可能なリアル系FPS『Bravo Team』体験 NASAも協力したVR火星探索『Mars 2030』が発売延期など
9 無料で遊べるNVIDIAの『VR Funhouse』リリースから1年 リハビリ用途などゲームだけに留まらない利用方法とは
10 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム