さよなら海腹川背、デジカ、Vive、Steamに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

デジカとスタジオ最前線、Steam版『さよなら海腹川背』をHTC Vive(OpenvVR)に対応 

2016年06月22日 17時35分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
デジカとスタジオ最前線は、6月22日、Steam版『さよなら海腹川背』をHTC Vive(OpenvVR)に対応したと発表した。既にゲーム本体を持っているようであればVR版を無料で手に入れることが可能で、 ステージやキャラクター達を様々な角度から眺めて操作する 「ジオラマモード」や「フルスケールモード」で遊ぶことができるという。

なお、スタジオ最前線の公式Twitterでは、Oculusでも動作するはずだが、製品版が手に入らず確認ができていないとのことだ。


■「海腹川背」最新作がSteamに登場
1994年、スーパーファミコン用ソフト『海腹川背』、1997年にPlayStation「海腹川背・旬」が発売。その独特のアクションで、今なお、多くのファンを魅了し続けるアクションゲームの正統続編がSteamに登場。伸縮自在の“ラバーリングアクション"ルアーが先端についたゴムロープを駆使して進む“ラバーリングアクションゲーム”。ルアーを壁に引っ掛け、伸縮するロープの反動を利用して高い位置に登ったり、 振り子運動を使って対岸に飛び移ったり、伸縮自在のロープが可能にする・他の 作品に例を見ない独特のアクション性が本作品の魅力!!

■オリジナルスタッフによる制作
Steam版もゲームデザイン、プログラム、キャラクターデザイン、サウンド全ての要素を「海腹川背」のオリジナルスタッフの手で制作。原作から続くシリーズの魅力を損なうことなく、Steamならではの要素を盛り込み、初めて触れる人からシリーズファンまで幅広く楽しめる。

制作スタッフ
ゲームデザイン・メインプログラム:酒井 潔 
キャラクターデザイン:近藤 敏信


■さよなら海腹川背
 

STEAM





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【イベント】ARライブの新しい可能性を示した「AR performers 1st A’ LIVE」をレポート…内田明理氏が手掛ける注目プロジェクト
2 VR記事アクセスランキング(1月7日~13日)…発売間近の『バイオ7』が人気、水口哲也氏インタビューやNintendo Switchも注目集める
3 サラッと紹介 いよいよ詳細が発表された『Nintendo Switch』…そのスペックや予約開始日、発売されるソフトとは
4 ARも使った街歩きゲーム 高円寺商店街連合会が、KOENJI QUEST(高円寺商店街RPG ~Master of Koenji~)を2月に開催…参加無料
5 【PSVR】発売まで後2週間!! 『バイオ7』のWelcome Homeトレイラーが公開
6 【PSVR】自宅をテーマパークに!! 2Kが『カーニバル ゲームズVR』を販売開始…2丁拳銃でSTGやアスレチックのような施設の体験も
7 録画予約はもう済んだ? 日本初の子供向けエデュテインメントVR番組「パックン&河北麻友子のあつまれ!VRフレンズ」の第2回が本日放送 
8 【おはようVR】PSVRで『サマーレッスン』DLC、『カーニバル ゲームズVR』が発売 群馬県でARを使った街探索型観光ゲームなど
9 Nintendo Switch で『真・女神転生』のシリーズ最新作が発表に
10 宇多田ヒカルのライブVR体験も スペースシャワーTVのイベント「TOKYO MUSIC ODYSSEY 2017」の詳細が発表に
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム