Vive、Steamに関するVRレビュー記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【VRゲームレビュー】迫り来るモンスターから身を守れ…『The Brookhaven Experiment』の体験版をプレイ 心臓の弱い方はお控えを

2016年06月28日 18時10分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
現在、オンラインPCゲームのプラットフォーム「Steam」で『The Brookhaven Experiment』の体験版が公開されている。このゲームは右手のコントローラーのトリガーボタンで射撃、脇にあるボタンでリロードを行い、左手の懐中電灯で辺りを照らすという操作で迫り来るモンスターを排除するという非常にシンプルなゲームだ。

ただこれまでのゲームとは異なり、HTC VIVEを使用してVR空間でプレイをするため、非常に没入感が強いゲームプレイとなる。視界は360度全方位あり、そこら中から足跡やうめき声が聞こえてくる。手にある懐中電灯の灯りは遠くを照らすには頼りなく、ハンドガンも心もとない。

右手を上げたままなので、疲れでどんどん狙いは定まらなくなるが、敵は四方から迫り、リロード中にも敵はドンドン近づいてくる、といった具合だ。筆者がそこそこの怖がりなのもあるが、初プレイ時にはWAVE1(ステージ1)をクリアしただけで、へとへとになりプレイが続けられなかった……これは実に楽しい。
 

▲右手のコントローラーでの操作は、トリガーボタンで射撃、サイドボタンでリロード。


▲左手が懐中電灯。これが本当に頼りない。


▲いきなり攻撃を食らったかと思えば……


▲目の前の敵に夢中で、背後に気付かなかっただけ。


▲なんとか生き残るも、心身ともにへとへと。


▲ステージクリアボーナス、様々なアップグレードがある。


▲当然進んでいくと敵もドンドン強くなる!
 

本作は、VRを初めてプレイするユーザーにはある種、最適だと言えよう。全方に神経を張り巡らせ、迫り来る敵を撃つ。「これぞVR!」というゲームになっている。

銃の照準に関しては、敢えてなのか、こちらの設定の問題なのか判別は難しいが、なかなか当たらず、また長時間プレイすることによって、腕の疲れからますます弾が当たらなくなっていくのは、ある種の現実感を反映してるようにも感じる。パニックになり、残弾がないのにトリガーをカチカチ引いてしまう、映画の1シーンのような、あの体験はなかなかできるものではない。海外ドラマ「ウォーキング・デッド」などが好きな読者は是非ともプレイしてみて欲しい。

なお、製品版の公開は7月6日(恐らくアメリカ時間)の公開予定しており、今のうちの購入しておけば、25%OFFの1485円で入手が可能になる。
 
 
■関連サイト
 

BrookHaven体験版





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】4月29日、店舗の販売再開状況をお届け ヨドバシを含めほとんどの店舗が抽選方式に PS Moveは製造数増加も
2 【PSVR】ソリッドスフィア、『カイジVR ~絶望の鉄骨渡り~』発売延期を発表
3 【インタビュー】PS VR期待の新作やハードの増産状況、そして2017年のVR業界とは…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(5/5)
4 【Steam】コロプラ、巨人と戦う体感 VR ACTゲーム『TITAN SLAYER』を配信開始
5 【Steam VRランキング(4月28日)】首位にコロプラの新作アクション『TITAN SLAYER』 Owlchemy Labs新作『Rick and Morty: Virtual Rick-ality』が2位に
6 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
7 【インタビュー】ハードの開発はソフトチームとの共同製作へ 新たに生まれたシナジーとは…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(3/5)
8 【インタビュー】PS VRはここから始まった、ソニーからSCEへの事業化までの道のり、嘘みたいな本当の話…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(1/5)
9 360Channel、ROBOT×pixivのオリジナル短編アニメ『オニズシ』のVR動画を配信開始
10 【インタビュー】VRを創りたいクリエイター達のパッション、PS VRの開発からVR元年まで…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(4/5)
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム