VR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ドゥモア、歩行型VRデバイス『Virtuix Omni』の予約受付開始 歩ける家庭用VR機器、大げさか未来のスタンダートか…体感はいよいよここまで

2016年06月27日 14時43分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


ドゥモアは、6月27日、米Virtuix社製歩行型VRデバイス『Virtuix Omni』を国内販売を開始すると発表した。「Virtuix Omni」は、米Kickstarterで目標額の15万ドルを超え、47万ドル以上を集めている話題の次世代型バーチャルリアリティデバイス。

家庭内で本格的なバーチャルリアリティ体験を可能とするために開発された歩行型ゲームデバイスで、床部分をユーザが専用シューズで、すべるように歩くことで、信号が送られ、現実空間の動きをゲーム内へ反映することができるという。

360度全方位でプレイヤーの前進や後退・回転などの動作に対応しており、バーチャルリアリティ(VR)ヘッドマウントディスプレイ(HMD)「OculusRIFT」「HTC Vive」「Gear VR」等と組み合わせて使用することによって、ゲーム内を実際に歩いているような操作感を得ることが可能だ。既にYouTubeで動画が公開されている。

値段は13万8000円(早割特価と税送料込)、通常価格168,000円。
 


■『Virtuix Omni』
 


 
種別:クラウドファンディング商品
カテゴリ:ゲーム,バーチャルリアリティ(VR)
製品名:米Virtuix社製歩行型VRデバイス「Virtuix Omni」セット
開発製造:米Virtuix Holdings社 http://www.virtuix.com/
販売:株式会社ドゥモア
予約受付開始:2016年6月27日
出荷開始予定:2016年7~9月
価格 138,000円(税送料込)2016年7月末までにご予約注文いただいた場合の早割特価。通常価格168,000円。
販売方法:直営店「ドゥモア・ショップ」の完全予約制
製品仕様:
対応デバイス Oculus Rift、HTC Vive、Gear VR、XBOXなどのワイヤレスコントローラ、パソコン
本体サイズ W140×L139×H89cm
本体重量:130kg
ユーザー対象身長、体重 142~195cm、130kgまで
ハーネスサイズ 小/中/大
小 ウエスト 60~73cm
中 ウエスト 76~94cm
大 ウエスト 97~112cm
シューズサイズ 21.95/22.78/23.5/24.4/25.4/26/27/27.9/28.6/29.4/30.2/31cm
接続方法 Bluetooth
機能 ゲーム、バーチャルリアリティ(VR)空間での360度全方位の歩行、走行、方向転換、かがみ、ジャンプなどの操作
セット内容 本体×1、専用シューズ×1足、トラッキングポッド×1セット、ハーネス×1
保証 90日保証(初期不良交換、無料修理、無料交換対応。保証期間終了後は有償。)




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の新作VRゲーム

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】『コズミックフロント☆NEXTVR 南米星空編』がリリース ボリビアの「ウユニ塩原」などを自宅でゆっくりとVRで
2 モブキャスト、VRトレーラー『18 夢世界VR』が体験できるブースを東京コミコンに出展 360Channelで配信も
3 【PSVR】ubisoftの『イーグルフライト』、 PSVR x Oculus Rift x HTC Viveの間でマルチプレイが可能に
4 【おはようVR】CAが子会社「VR Agent」を設立 『サマーレッスン』の追加パック発売、『絶体絶命都市』がVRに対応など
5 マウスコンピューター、GTX 1060を搭載したVR Ready対応のノートPC「DAIV-NG5710」シリーズを販売開始…14万9800円(税別)から
6 ワンオペをVR体験!! ダズル、バーガーショップをワンオペで回す『ONEMAN VURGER』を近日公開へ
7 Core i x GTX 1060 x HTCVive のお得なセットモデルがパソコン工房から登場 18万9780円(税別)から
8 RICOH THETAを使った親子写真教室、不動産内覧、音楽フェスまで、その活用事例が公開
9 体験会に行けなかった人は是非 クーロンゲートVR試作版の360度動画が公開に
10 NVIDIAのQuadro GPUで生成される仮想空間 戦闘機パイロットの能力向上に欠かせないVRトレーニングとは?
11位以下のランキングを見る