VR ZONE Project i Can、バンダイナムコエンターテインメントに関するVRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【速報】「VR ZONE 」に新アクティビティ「装甲騎兵 ボトムズ バトリング野郎」が登場!! スコープドッグに搭乗して体験する世界初のVR-ATシミュレーター【追記】

2016年07月07日 00時15分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



バンダイナムコエンターテインメントがプロジェクトの企画・プロデュースを行い、ナムコが施設運営を行う、「VR ZONE Project i Can」(東京・台場)に、2 つの新アクティビティを追加し、7月15日(金)より稼働を開始すると発表した。

当施設はバンダイナムコエンターテインメントが展開するプロジェクト「Project i Can」から生まれた、VRエンターテインメント研究施設として、2016年4月15日から10月中旬までの期間限定で運営を行っている。

今回追加の2つの新アクティビティは、ロボット同士の重厚感みなぎるバトルが楽しめる、VR-AT シミュレーター「装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎」と、歓声を浴びる絶頂感が楽しめるスーパースター体験ステージ「マックスボルテージ」。

[追記] 7/7 10:00
筐体写真を追加しました


■VR ATシミュレーター「装甲騎兵 ボトムズ バトリング野郎」
TVアニメ「装甲騎兵ボトムズ」を題材としたアクティビティで、作品に登場する兵器「スコープドッグ」に乗り込み、隣同士の相手と1対1のロボットバトルが楽しめる。VR ゴーグルから得られる迫力の映像と体感マシンが与えるコックピットの臨場感が融合することで、現実感あふれる迫力のバトルを体験できる。



[体験料 :651 バナコイン(700 円)
・VR アクティビティ所要時間:約 8 分(VRゴーグル着脱時間を含む)]


■スーパースター体感ステージ「マックスボルテージ」
360度全方位自由に動けるステージ空間を再現した箱型のブースの中でVRゴーグルを装着すると、目の前に広がる大観衆を前に、スーパースターさながらのライブを体験できる。自らがバンドのボーカルとなり、曲に合わせて歌を歌ったり、掛け声や手を振るなどのパフォーマンスを行うことで、目の前に広がる大観衆が大きく盛り上がる。歓声を全身で浴びる絶頂感とステージ上での高揚感を存分に味わうことができる。(収録曲:「リンダ・リンダ」「夏祭り」)



[体験料 :930 バナコイン(1,000 円)
・VR アクティビティ所要時間:約 9 分(VRゴーグル着脱時間を含む)]
 
 

公式サイト



©サンライズ
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( バンダイナムコエンターテインメントVR ZONE Project i Can

ピックアップ

記事ランキング

1 【360Channel】人の表情を即座に反映するVRコミュニケーション『FACE』発表会の様子をお届け…プロジェクトはコロプラ新卒が主導
2 KDDI、モバイルネットワークを使った同時参加型VRコミュニケーションブースを設置 『VJ360』ではKEN ISHIIの参加や『スペチャン5』も登場
3 【PSVR】360Channel、疑似不倫デートで誘惑するVRモニタリング企画を先行配信
4 【PSVR】カプコン、『バイオ7』開発者インタビューを公開 セーフルームのBGM製作で語られたコンポーザー森本氏の想いとは 
5 【PSVR】5月26日・27日、店舗の再販状況をお届け 販売は店舗によって日時が別れる結果に…ツタヤ系列は既に受付終了
6 【PSVR】バンナムの『鉄拳7』、VRモード内容が明らかに
7 ガンホー、「ガンホーフェスティバル2017」を開催 HTC VIVEを使った『パズドラクロスVR』を出展
8 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
9 360Channel、視線・表情を追跡し、”アバター“へと瞬時に反映させるVRコミュニケーションシステム『FACE』を発表
10 【おはようVR】「リゼロ」のVR添寝・膝枕アプリ「エミリア版」 VRサッカー『Final Soccer』アップデートで3つのトラッカーに対応
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム