The Nest、Viveに関するVRレビュー記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

HTC VIVEでプレイするVRスナイパーゲーム『The Nest』を体験 レーザーサイトで狙われる緊張感を味わおう

2016年07月26日 14時25分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



オンラインゲームプラットフォーム「STEAM」にて配信されているVR SNIPER GAME『The Nest』。

本作は、近未来と思しき荒れ果てた砂漠の町を徘徊するロボットをスナイプするゲームとなる。

操作方法は、HTC VIVEのコントローラーをライフルに見立て、スナイパーライフで敵を補足し、トリガーボタンを押すことで銃を発射するという至ってシンプルな作りになっている。もちろんこの手のゲームには必須であろうヘッドショットもあり、与えるダメージも異なるので、積極的にどんどん狙っていこう。

 

▲荒れ果てた近未来、登場するのはロボットのみ
 

▲VR内のスコープでも倍率上げるとそれに従って拡大される
頭が小さいのHeadShotがとてもしにくい



▲敵側からの視点、正面の建物の2階にプレイヤーがいる
FPSで言うところの“キャンパー”であるため、プレイヤーはその場から動くことはない



また本作で一番感情が揺さぶられる状況は、敵に気が付かれるた時である。敵を一撃で倒せなかった場合や、相手に攻撃が当たらなかった場合などには、プレイヤーのキャンプ地に攻撃が始まる。その際の赤いレーザーサイトが自分に向けられるのだが、この時の焦燥感はなかなかのものであった。なるべく現実世界では味わいたくない体験である。

更に攻撃が始まった場合には、実際に身をかわしたり、かがんで建物を盾にすることで敵の攻撃から身を守ることができ、これらの体験はHTC VIVEならではと言えよう。

ただし、いくつか気になる点はある。敵に照準をあわせてズームする際には、コントローラーの丸ボタンを押すことで拡大されるが、ビデオカメラを操作しているような印象を受けてしまう、せっかく射撃時の没入感が高いだけに残念な点だ。また、敵のパターンや攻撃方法も限られてくるため、慣れてくると単調さはいなめない。これらの部分がアップデート等で改善されると更に良くなるだろう。

 
■公式サイト
 

STEAM





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( The NestVive

ピックアップ

記事ランキング

1 『FFXV』のブースターパックやアップデートが公開 PS4Proで60FPS、200枚まで写真保存、『NieR:Automata』楽曲追加、コラボPVも
2 【PSVR】DmC Devil May Cryを手掛けたNinja Theory、火と氷を使って敵の属性を突くSTG『DEXED』をリリース
3 【おはようVR】『FFXV』や『ヒア・ゼイ・ライ』のアップデート ジグノシステムジャパンの簡単にVRコンテンツを生成する「ブラウザVR」など
4 ゲーム関連のスタイリッシュアイテムが揃う「iam8bit」の日本ストアがオープン 国内限定『Rez Infinite』コンプリートパックなどの販売も
5 ゲートウエイ、ダイキサウンドと業務提携契約 取引先である音楽レーベル各社、アーティストのVRコンテンツを配信へ
6 洲本市、「さあ!洲本で島活。」を浅草で開催 VR映像をSIMVRを使って楽しむ「洲本上空パラセーリングコーナー」や武田玲奈さんが出演する360度動画など
7 360Channel、残念な寝顔にも程があるイケメン猫「セツくん」のVR動画を一挙公開 
8 凸版印刷、往時の彦根城を再現したVR作品『国宝彦根城 城づくり編・町づくり編』を制作 国宝・彦根城築城410年祭」で上映
9 WEBベースのVRアプリオーサリングツール『InstaVR』がHTC Vive出力に対応 モバイルでは困難だった高品質・長時間の提供を実現
10 ゆめみ、VRコンテンツ作成教材『VR Studies』を無償公開 エンジニア以外の職種でのVR理解を深める
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム