GMO CLOUDに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

簡単&安価に360度パノラマVRコンテンツが作れる「panocloud VR powered byGMO」が提供を開始

2016年07月27日 19時11分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
GMOインターネットグループのGMOクラウドは、7月27日、アプリケーションパートナーの株式会社アジェンシアとの協業により、VRビューワーにも対応したVRコンテンツを簡単かつ低価格で制作できるツール「panocloud VR(パノクラウド ブイアール)powered byGMO(以下、panocloud VR)」の提供を開始したと発表した。

「panocloud VR」は、業務効率化・コスト削減につながる法人向けクラウドサービス(SaaS)を集めたポータルサイト「SaaStart(サースタート)」において、1コンテンツ(ツアー)あたり月額800円(以下、金額は全て税別)※という低価格で提供する。

※最大10ツアー(月額8,000円)での販売となる。

<以下、プレスリリースより>

■「panocloud VR powered byGMO」提供開始の背景
近年、注目を集めている360度パノラマ動画とは、パソコンではブラウザ上の操作、スマートフォンでは端末の傾きに応じて視点を変えられ、さらにゴーグル型のVRビューワーを使用すれば、あたかもその場にいるようなバーチャルリアリティ(VR)の臨場感を体感することができる映像です。

昨年、YouTubeやFacebookがアップロードに対応したことでも話題となりました。こうした360度パノラマ動画を活用したVRコンテンツは、近年では不動産の物件紹介サイトをはじめ、企業の新製品やレストランのプロモーションなど、さまざまな場面で導入する動きが広がりつつあります。

しかし、GMOクラウドのお客様で、企業のプロモーション支援を行うWEB制作会社からは、こうしたVRコンテンツの制作に対して「高い制作技術が必要」「プロに任せるのはコスト過多」などの理由で、クライアントニーズに対応しきれないといった悩みが多く寄せられていました。

そこでGMOクラウドは、360度パノラマコンテンツ制作のパイオニアであり、GMOクラウドのアプリケーションパートナーでもある株式会社アジェンシアと協業し、簡単かつ低価格で360度パノラマVRコンテンツを制作できる「panocloud VR」を提供することといたしました。
 

■「panocloud VR」とは

「panocloud VR」では、平面マップとナビゲーションツールが組み込まれ、さらにVRビューワーにも対応したVRコンテンツを、専門知識や技術がなくても簡単かつ低価格で制作し、公開することができます。

最大10ツアー(コンテンツ)まで作れる「スタンダードプラン」と、お客様のニーズに合わせてツアー数やシーン数などをカスタマイズでき、360度パノラマ動画の撮影やVRコンテンツ制作を代行することも可能な「エンタープライズプラン」に加え、お申し込みから15日間無料でご利用いただける「トライアル版」もご用意しています。


■[特長1]:3ステップで簡単に制作・公開

360度パノラマ画像を撮影したら、「panocloud VR」の管理画面から簡単に、以下の3ステップで制作し、WEBサイトへ公開することができます。


1)パノラマ画像とマップをアップロード

「RICOH THETA」に代表される天球カメラやスマートフォンで撮影した360度パノラマ画像と、撮影場所の平面マップをアップロードし、マップ上に各動画のシーン(カット)を配置します。

また、動画内にロゴやアイコンを配置して、クリックすると商品説明などの別のサイトが開いたり、説明書きを表示したりといった、別コンテンツの埋め込みも可能です。

2)各種設定

タイトルやGoogle Analyticsのタグの入力などの初期設定や、FacebookやTwitter投稿との連動など各種接続設定を行います。

3)公開・共有

「公開」を選択すると、専用のURLが自動的に生成されます。ウェブサイトにURLを埋め込むことで、公開完了です。
 

■[特長2]:1ツアーあたり月額800円と低価格

通常、VRコンテンツの制作を外注すると、1ツアー(件)あたり数十万円からと高額な費用が発生しますが、「panocloud VR」の「スタンダードプラン」では、1ツアーあたり月額800円、総額8,000円(10ツアーまで)という低価格でご利用いただけます。


■[特長3]:VRビューワーをはじめ、マルチデバイスに対応

制作したパノラマVRコンテンツは、PCからの閲覧はもちろん、スマートフォンやタブレットからの閲覧(ジャイロセンサー)にも対応しているので、訪問先や店舗などの営業ツールとしても活用できます。

また、「ハコスコ」に代表されるVRビューワーでの表示にも対応しています。VRコンテンツに音声を追加すれば、VRビューワーとヘッドフォンの併用で、より高い臨場感で商品やサービスを顧客に訴えることが可能となります。

■[特長4]:マーケティング活用に便利な各種機能

Google Analyticsに対応していることから、管理画面でタグを入力すれば、ツアー、シーンごとに自動でアクセス解析を行うこともできます。これにより、VRコンテンツ公開後は、全体の訪問数や、シーンごとの訪問数、参照元、離脱率など、さまざまなデータを詳しく分析し、より効果的なVRコンテンツの運営・改善につなげることができます。

また、Facebook、Twitter、YouTubeでの共有も、自動的に生成されるURLを埋め込むだけで簡単にできるので、手軽に広告やマーケティングプロモーションに活用することができます。


<ご利用料金>(金額は全て税抜)

15日間トライアル版/スタンダードプラン/エンタープライズプラン
・初期費用: 0円 / 0円 / お見積り

・月額費用: 0円 / 8,000円 / お見積り

・ツアー数: 1ツアー / 10ツアー / お見積り

・シーン数: 5シーン / 50シーン / お見積り

・1シーンの画像サイズ:5MBまで / 5MBまで / お見積り

・マップ : 無制限 / 無制限 / お見積り


■セミナーの開催について
GMOクラウドは、本サービスの提供元である株式会社アジェンシアから代表取締役 兼 CEOのJean Pierre氏をお招きし、「panocloud VR」のご説明をはじめ、360度パノラマ画像の撮影のコツや、VRコンテンツの活用方法・メリットなどをご紹介する、WEB制作会社向けのセミナーを2016年8月26日に開催いたします。

セミナー参加者へは、参加特典として全員にVRビューアー「VRスコープ(R)」をプレゼントいたします。


■セミナー概要

・セミナー名:VR活用で圧倒的臨場感の次世代サイト制作セミナー
~自分で簡単に360度パノラマコンテンツを撮影・作成・
公開できるようになる120分~

・開催日時 :2016年8月26日(金)15:30~17:30

・開催場所 :東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー

・対象 ・WEBサイト制作会社さま
・自社サイトに360度パノラマコンテンツを掲載したい方
・WEBサイトのインフラコストを出来る限り削減したい方

・参加特典 :VRビューアー「VRスコープ(R)」をプレゼント

・定員 :30名(定員に達し次第受付終了)

・参加費 :無料

■セミナー詳細/申込:https://www.saastart.jp/learn/seminar201608/

*セミナーは日本語で行います。

 
■関連サイト
 

panocloud VR powered byGMO

SaaStart


Copyright © 2016 GMO CLOUD K.K. All Rights Reserved




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 『FFXV』のブースターパックやアップデートが公開 PS4Proで60FPS、200枚まで写真保存、『NieR:Automata』楽曲追加、コラボPVも
2 【PSVR】DmC Devil May Cryを手掛けたNinja Theory、火と氷を使って敵の属性を突くSTG『DEXED』をリリース
3 【おはようVR】『FFXV』や『ヒア・ゼイ・ライ』のアップデート ジグノシステムジャパンの簡単にVRコンテンツを生成する「ブラウザVR」など
4 ゲーム関連のスタイリッシュアイテムが揃う「iam8bit」の日本ストアがオープン 国内限定『Rez Infinite』コンプリートパックなどの販売も
5 ゲートウエイ、ダイキサウンドと業務提携契約 取引先である音楽レーベル各社、アーティストのVRコンテンツを配信へ
6 洲本市、「さあ!洲本で島活。」を浅草で開催 VR映像をSIMVRを使って楽しむ「洲本上空パラセーリングコーナー」や武田玲奈さんが出演する360度動画など
7 360Channel、残念な寝顔にも程があるイケメン猫「セツくん」のVR動画を一挙公開 
8 凸版印刷、往時の彦根城を再現したVR作品『国宝彦根城 城づくり編・町づくり編』を制作 国宝・彦根城築城410年祭」で上映
9 WEBベースのVRアプリオーサリングツール『InstaVR』がHTC Vive出力に対応 モバイルでは困難だった高品質・長時間の提供を実現
10 ゆめみ、VRコンテンツ作成教材『VR Studies』を無償公開 エンジニア以外の職種でのVR理解を深める
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム