バンタン、ドローンに関するVRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

日本初のドローン専門学校が開校! 空撮テクニックも学べて岡田結実さんも思わず「ン~ワァオ!」

2016年08月02日 20時47分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



クリエイティブ分野に特化し、即戦力人材を育成するスクール運営事業を行っ ているVantan(バンタン)は、ドローン専門の学校として、バンタン高等学院の新コース『ドローン&ロボティクス専攻(仮)』(2017年4月開校)の生徒募集を開始した。

また、併せて2016年10月開校に向け、ドローンによる撮影カリキュラムに特化した社会人向けスクール『ドローン パイロット&空撮コース (仮)』の生徒募集も開始。

本稿では、『ドローン&ロボティクス専攻(仮)』の概要が発表された記者発表会を取材。

 

■急速に拡大するドローン市場 空撮テクニックも学習できる



▲株式会社バンタン代表取締役社長 石川広己氏

発表会の冒頭、株式会社バンタン代表取締役社長 石川広己氏が登壇し、開校の背景・意義について語ってくれた。

成長著しいドローン産業だが、インプレス総合研究所作成の「国内ドローンビジネス市場規模の予測」によると、2015年度の104億円から、2020年度には1,200億円に迫る規模になるとのこと。近年、産業界におけるドローン活用の重要性と注目度が飛躍的に高まる一方で、人材市場におけるドローン技術者の数は不足しており、確かなスキルを持つドローン技術者に対する企業の採用ニーズは非常に高い状況が続いている。

そうした環境の中で、バンタンは過去にとらわれない独創的なアイデアを発想し、最先端のIT技術を駆使してイノベーションを創出できる即戦力人材の育成を目指し、今回ドローン及びドローンに付随するエンジニアリング教育を提供するに至ったという。「各協会の方と共に、鮮度の高いカリキュラムを整えて、新しい人材育成に努めていく」と石川氏は語った。
 

▲一般社団法人 ドローン操縦士協会DPA(ディーパ)理事長 小林一郎氏は、開校にあたり「開発メーカー、海外の関連企業などでの活躍も期待できる」と将来性について触れた。
 

▲株式会社スカイロボット取締役 小松周平氏は、高等学院の概要を紹介してくれた。


【バンタン高等学院『ドローン&ロボティクス専攻(仮)』概要】
開校時期 : 2017 年4 月
開校場所 : バンタンゲームアカデミー東京校
通学形式 : 全日 3 年制
入学資格 : 中学校卒業(見込)の方、または、高校在籍経験者並びに高校転学希望者
※年齢制限無し
入学試験 : 書類選考、課題作文および面接
初年度学費: 110 万円(入学金込) ※教材費別途
募集定員 : 1クラス 20 名
コース特徴 : プロ講師による若年=高校生ドローン技術者人材育成 産学連携による実践カリキュラム(DPA 加盟スクール) ドローン操縦技術、プログラミング、デザイン、ロボット工学の幅広い学習 在学中インターン実践教育 高校卒業資格も取得可能(提携高等学校との併学)
URL : http://www.vantan-hs.com/drone_robo

 

▲CCN代表 安藤嘉康氏は、社会人向けの「ドローンパイロット&空撮コース」の概要を紹介。


【『ドローンパイロット&空撮コース (仮)』概要】
開校時期 : 2016 年10 月
開校場所 : バンタンデザイン研究所東京校
通学形式 : 週一日
入学資格 : 満18 歳以上※2016 年10 月時点
入学試験 : 書類選考、課題作文および面接
学費: 40 万円(入学金込)※教材費別途
募集定員 : 1クラス 20 名 コース
特徴 : 半年6 ヶ月の短期集中ドローンエンジニア速成コース 産学連携による実践カリキュラム 業界プロによる実践教育 ドローン操縦技術、映像空撮カリキュラム
URL : www.vantan-career.com/drone/

 

▲株式会社ヘキサメディア代表取締役 野口克也氏

ここで、業界の第一人者である、航空写真家・株式会社ヘキサメディア代表取締役 野口克也氏が登壇。野口氏は、航空写真のフリーカメラマンを経て、空撮専門のヘリコプター航空会社ヘリテック・エアロサービスを経営。退社後は、フリーのエアリアルフォトグラファーとして、 ヘリコプター、モーターパラグライダー、無線操縦の小型ヘリなど、空撮に関わるすべてな写真、映像を区別なく撮影。このほかCM、TV番組の空撮を多数担当するなど、空撮のスペシャリストである。その技術力の高さは、下部のヘキサメディアのPVを見れば一目瞭然だ。
 

『ドローンパイロット&空撮コース (仮)』では、短期集中学習として週1回・6ヵ月で実践飛行が可能なスキルを習得できる。カリキュラムでは、ドローンの基本構造を理解することから始まり、課外授業として実機を使った豊富なフライト学習など多岐にわたる。なかでも野口氏は、空撮テクニックの学習について触れた。初心者でも、卒業後は様々な映像表現・演出を打ち出せるほどのスキルが蓄えると言葉を添えた。
 

▲校舎内にフライト空間も設けている。


 

■夢のある高校に岡田結実さんも思わず「ン~ワァオ!」



▲岡田結実さん
 
発表会では、お笑い芸人・ますだおかだの岡田圭右さんのお嬢さん、岡田結実さんが一般高校生代表として登壇。岡田さんは、あまり聞きなれない『ドローン&ロボティクス専攻』について、「子供の頃から写真が好きだったので、一度でもいいからドローンを操縦したかった! もう少し早ければ入学も考えていたかもしれない。夢のある高校」と興味津々。

また、司会者から“仮に入学したらお父さんは何て言葉をかけると思う”、という質問に対して「意外と賛成してくれそう。お父さんはゴルフが好きなので、“俺のゴルフしている姿を撮影してくれ”って空撮ができるかも(笑)」と的確なコメントで周囲を沸かせた。
 

▲父直伝のギャグ「ン〜ワァォ!」「閉店ガラガラ」を全力で披露する岡田結実さんだったが、会場は静まり返り……。「前までは盛り上がったのですが、最近はこんな空気になります」とギャグの滑り具合も父親譲りとなった。
 
 


■バンタン高等学院『ドローン&ロボティクス専攻(仮)』
 

公式サイト




■『ドローンパイロット&空撮コース (仮)』
 

 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の新作VRゲーム

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】12月のリリーススケジュールをお届け 『スターウォーズ』VR対応のDLC、『デレマスVR』DLC、ホラーゲーム『ヒア・ゼイ・ライ』など
2 【おはようVR】PSVRの出荷日が決定 『バイオ7』の新ムービーやVR体験版の公開…『グランツーリスモSPORT』山内氏のインタビュー動画など
3 【PS Storeランキング(12/6)】PSVRコンテンツのランクイン状況をお届け 『FFXV』が初登場で1位を獲得
4 【PSVR】『Star Wars Xウイング VRミッション』の公開は日本時間の12月6日19時以降か?
5 【PSVR】『バイオ7』、VRとPS4Proに対応した体験版がリリース 新ムービーも公開…3年前に消えた妻から届いたメールとは?
6 やっと面白い時代がきた 水口哲也氏が「ゲームクリエイティヴ&ビヨンド」で語ったバーチャルリアリティとは【JCFF】
7 【PSVR】1人称視点のSFシュ−ティング『StarBlood Arena』のトレイラーが公開 2017年春に発売予定…価格は39.99米ドル
8 【Oculus】コロプラ、Oculus Touch用ゲーム『Fly to KUMA MAKER』と『Dig 4 Destruction』の配信を開始
9 【PSVR】「RICOH THETA」で撮影した360度映像をPSVRで簡単に再生する方法
10 VRbouz、住宅物件のパノラマ写真を手軽にVR化できる月額クラウドサービス「house VR」の提供を開始 
11位以下のランキングを見る