valve、Vive、Steamに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

「HTC Vive」の3Dトラッキングシステムをロイヤリティフリーで解放 シアトルでの研修が必須だが、将来的にはアジア圏でも

2016年08月05日 14時20分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



Valveは、「HTC Vive」で使用されている3Dトラッキングシステムをライセンスを認可された際に、ロイヤリティーフリーで公開すると同社の公式サイトで発表した。これによってライセンスを認可された発明家や、プロダクトデザイナー、VRハッカー、デバイスメーカーなど、あらゆる分野の開発者が同社のトラッキングシステムを無料で使用し、開発を行うことが可能になった。

ライセンスの認可にあたっては、必ず代表者が研修プログラムに参加が必須で、その際の費用として参加者1人あたり$2975(約30万円)が必要となる。研修プログラムはシアトルにある「SYNAPSE」社で今年の9月からを予定している。ただしHTCでは、アジア向けの研修プログラムも開催予定だという。


■関連サイト
 

Valve

SYNAPSE





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( HTCvalveVive

ピックアップ

記事ランキング

1 マウスコンピューター、高性能ノートPCの無償貸出サービス開始…Core i7 7700とGTX1060を搭載
2 【PSVR】ゴールに迫るメッシを圧倒的な臨場感で VR動画『NEXT VR』が無料配信開始…サッカーやテニス、NBAなどを配信
3 【PSVR】『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』国内で12月14日発売 レーティングはCERO Zにて
4 「リゼロ」のVR添寝・膝枕がPSVRとPCへの移植決定 より高画質、より近くに
5 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
6 クラウドクリエイティブスタジオ、新作VRリズムゲーム『D3VINER』を発表
7 ダイバーシティ東京にお化け屋敷がモチーフのMRシアター「TYFFONIUM」がオープン
8 【おはようVR】「スターウォーズ」VRアトラクションムービー公開 MRヘッドセット勢揃い、MSの本気 360ChannelがWinMRアプリ公開など
9 テクノスポーツ「HADO」、シンガポールに進出
10 インフルエンサーマーケティングをビッグデータで解析 BitStarが分析ツール「Influencer Power Ranking」α版の提供開始
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム