VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

UX向上のため仮想検証サービス「RAPID VR」が提供開始

2016年08月10日 15時33分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
アップアローズは、UXデザインのためのVRプロトタイプ制作サービス「RAPID VR」の提供を、8月10日(本日)に開始した。同サービスは、提供中あるいは開発中、企画中の機器やサービスのUIが、実際の使用環境でどんなユーザー体験(UX)を提供できるかをVR上でテストすることで、UXを向上させるために不可欠なプロトタイピングによる仮説検証を、より簡単に、素早く、安く、現実に近い状況で実施することを可能にしたという。

<以下、プレスリリースより>

■IoT時代のプロトタイピング
家電製品や自動車、産業用機器や、業務用アプリケーション、その他さまざまな機器やサービスがインターネットで繋がる時代、いわゆるIoT(モノのインターネット)化が進んでいく時代となり、いつでもどこでも機器やサービスが使えるようになりました。そのため、それらをいつ、どのような状況で、どのようなUIで、どのように操作することができたら、UXを良いものにできるかを考え、テストしながら形にしていくことが、企業には求められています。
アップアローズでは、このようなUXをテストするためのプロトタイプを「物語のプロトタイプ」と呼んで取り組んでいます。

■「RAPID VR」について
アップアローズがこれまで培ってきたUIプロトタイピングのノウハウに最新の技術を組み合わせることで、これまで検証が困難だった利用状況におけるUIのユーザビリティやUXを、より簡単に、素早く、安く、現実に近い状況でテストすることを可能にしました。
スマートフォンやタブレット端末、スイッチやセンサーを取り付けたマイコンデバイスなどとVRコンテンツを連携させることで、CG上の世界のものを実際に触って操作していく感覚を再現します。目的やご予算に合わせて、柔軟なプランをご提案いたします。


■さまざまな製品やサービスに応用可能
家電、自動車、産業機器、医療機器、ウェアラブルデバイスなどの状況で利用される多様な機器やサービスのUIとその使用環境を再現し、そのユーザビリティやUXをテストすることが可能です。

<利用例 1:自動車のUIプロトタイピング>

ゲーム用ハンドルコントローラーとフットペダル、そしてタブレット端末をVRコンテンツとつなげることで、開発中の自動車のUIをよりリアルに再現することができます。
走行中のUIの見やすさ、わかりやすさ、安全性などの検証を、現実に近い状況で、より安全に実施することが可能になります。

<利用例 2:スマートウォッチのUIプロトタイピング>

 
スマートウォッチのような小さく精密な機器のプロトタイプも、VRを活用することでより簡単に素早く、安く作ることが可能になります。
ディスプレイ部分はVRで再現し、装着感や振動など体に触れる部分だけを実際のモノとして製作し組み合わせることで、あたかもスマートウォッチをつけているかのような感覚を得ることができ、さまざまな場所や状況におけるUXを検証することが可能です。

■「RAPID VR」の基本プロセス
<STEP 1:テスト計画>
機器やサービスのどの部分を、どういった使用環境を想定し、どれくらいの精度でVR化するかを検討します。

<STEP 2:VR作成>
テスト計画に合わせて最適なVRシステムを作成します。

<STEP 3:テスト実施>
作成したVRシステムを使い、ユーザビリティやUXのテストを実施し改善案を検討します。

*ハードウェア基本構成
・Windows PC、Oculus Rift(VR用ヘッドマウントディスプレイ)、Leap Motion(ハンドトラッキングセンサー)、Androidタブレット
※テスト内容に応じたデバイス構成を検討しご提案いたします。


■アップアローズのVRサービス
アップアローズでは、プロトタイピング用途以外にも、展示会用VRコンテンツや、商品カタログのVR化、教育用シミュレーションツールなど、さまざまな用途のVRコンテンツを制作可能です。


■アップアローズの特長
・人々のより良い体験を考えるUIデザイン会社
アップアローズは、東京と大阪に拠点を置き、様々な製品やサービスのUIデザインを行う会社です。大手メーカーや開発会社などのクライアントと一緒に、様々な状況の様々な人々、その一人ひとりの気持ちに寄り添ったデザインを、日々考え、形にしています。
企画やコンセプトの立案など初期の段階から携わり、あらゆるターゲットに共感しながら、それぞれの利用シーンや感情にあったデザインを創り出しながら、工程の最後までクライアントと寄り添って制作を進めています。

・個性豊かなデザイナーたち
アップアローズには、様々な専門知識や経験を持ったデザイナーが所属しています。クライアントの目的やターゲットに合わせて協力し合い、最適な方法でより高いクオリティのデザインを提供します。
また、すべてのデザイナーがユーザー視点にたち、企画・コンセプト立案・設計を行うことができるため、一貫した考えのもとでデザインに取り組むことができます。

アップアローズはこれからもますます好奇心に素直に活動を続けて参ります。


■関連サイト
 

公式サイト

 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 サン電子、先行投資のVR・AR事業は収穫期に PSVR向けのRTS『ダークエクリプス』も発売へ
2 【PS VR】カヤック、『傷物語VR』を7月12日に無料で配信 忍と2人で思い出を振り返る
3 【PSVR】店舗の再販状況をお届け ヨドバシは店舗・ネット共に22日から販売中 ビックは24日に抽選販売へ 供給が追いついてきた?
4 ViRD、積み木の要領で3Dモデルを作れるスマホARアプリ『Makebox AR』をリリース
5 【SteamVRランキング6/26】今ならお安く買えます、首位VRアニメ『Project LUX』 ゾンビシューター『Arizona Sunshine』も2位に
6 【PSVR】中国Time of VR、タワーディフェンス型のFPS『Ancient Amuletor』を6月27日にリリース
7 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
8 LifeStyleと360Channel、発注者向けVR勉強セミナーを6月28日に開催
9 テレ朝、ARを使った「映画ドラえもん のび太の宝島」の世界を楽しむ宝探しイベントを開催
10 【PSVR】ジェットマン、『クーロンズゲートVR』の公式サイトを更新 ゲーム内画面や念写などの詳細などが明らかに
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム