EVEREST VR、Viveに関するVRレビュー記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

夏の猛暑を吹き飛ばす過酷ながらも美しいエベレスト体験を動画で…HTC Vive向け『エベレストVR』レビュー

2016年08月10日 21時57分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
Sólfar StudiosとRVXは、Steam上にて、VRで世界最高峰の山・エベレストを体験できるゲーム『エベレストVR』をリリースした。

標高8,848メートル。ヒマラヤ山脈にある世界最高峰の山・エベレストの世界を、象徴的な5つのシーンに分かれて体験でき、山の雄大さをはじめ、視界が遮られる猛吹雪、つねに危険と隣合わせの登山など、夏の猛暑を吹き飛ばす強烈かつ涼しげなVRゲーム。

【体験できるシーン】
・ベースキャンプでの遠征準備
・危険なクレバスを横断
・キャンプ4で一泊
・最難関ヒラリーステップでの危険な登頂
・エべレスト山頂を制覇

 
【実際のプレイ映像】


 

■エベレストの恐怖と美しさを十二分に詰め込んだVRゲーム

 

▲ゲームをはじめるとチュートリアルで一連の動作を体験できる。ここでの経験は、今後出てくる5つのシーンすべてに必要とされるので、しっかり覚えておこう。


▲チュートリアルが終わると、いよいよ本編開始。ベースキャンプでは、登山用の準備を整えていく。
 

▲周辺にリュックサックやピッケルなどが置いてあるので、身に付けていく。
 

▲危険なクレバスの横断では、寝かせたハシゴの上を紐でつたいながらゆっくりと前に進んでいく。もちろん下を覗けば断崖絶壁……心臓が縮こまる。


▲続いては、息つく暇もなく5段連なったハシゴでさらに上を目指していく。


▲きちんと手を動かすことで昇っていける。


▲下は…あまり…見ないほうがいい…!
 

▲昇っている最中、突然雪の塊が落下
 

▲シーンを終えるごとに挿入される俯瞰してとらえたエベレストの雄大な景色。
 

▲そして、標高7900メートルほどのキャンプ4で一泊。外は猛吹雪。
 

▲この先に待ち受けるのは最難関ヒラリーステップでの危険な登頂…


 
 
 
本作は、エベレストの美しさと恐怖を十二分に詰め込んだ一本。5つのシーンというボリュームは劣るものの、エベレストの景色と一連の動作を体験するには申し分ない。

【概要】
価格:2,480円
リリース日:2016年8月3日
ヘッドセット:HTC Vive
入力:コントローラのモーション追跡
プレイエリア:立位、ルームスケール
言語:英語(インターフェース)


■関連サイト
 

STEAM





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( EVEREST VRVive

ピックアップ

記事ランキング

1 【おはようVR】コロプラ、今夏にVRアクション『TITAN SLAYER』を配信 PSVRで『ゴーストバスターズVR』配信開始など、
2 【PSVR】ソニー・ピクチャーズ、米PS STOREでゲーム『ゴーストバスターズVR』の配信を開始 
3 コロプラ、HTC Vive向け新作VRアクションゲーム『TITAN SLAYER』を今夏に配信決定
4 【PSVR】カプコン、『バイオ7』開発者インタビューを通したメイキング動画を公開 ファミリーは犬を飼っていた?息を止めるアイディアも
5 よむネコ、gumiのグループ会社化と3月31日にVR脱出ゲーム 「エニグマスフィア エンハンスド版」の発売を発表
6 【PSVR】びんぼうソフト、遊園地を制作する『ローラーコースタードリームズ』の体験版を公開
7 人工知能を手掛けるUEI、子会社UEISのマネジメントバイアウトによる独立を発表 UEISはVR・MR・AR技術などを活かしたビジネスへ
8 リクルートライフスタイルの旅行誌『じゃらん』、乃木坂46とコラボした特設ページ「じゃらんVR乃木坂温泉」を公開
9 【ワンダーリーグ調査】「GearVR」向けアプリ全566個を徹底リサーチした結果を発表…モバイル向けVR市場を分析
10 マウスコンピューター、幅22mmの筐体とGTX1070搭載のゲーミングデスクトップ「NEXTGEAR-SLIM」を発表 価格は169,800円(税別)より
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム