EVEREST VR、Viveに関するVRレビュー記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

夏の猛暑を吹き飛ばす過酷ながらも美しいエベレスト体験を動画で…HTC Vive向け『エベレストVR』レビュー

2016年08月10日 21時57分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
Sólfar StudiosとRVXは、Steam上にて、VRで世界最高峰の山・エベレストを体験できるゲーム『エベレストVR』をリリースした。

標高8,848メートル。ヒマラヤ山脈にある世界最高峰の山・エベレストの世界を、象徴的な5つのシーンに分かれて体験でき、山の雄大さをはじめ、視界が遮られる猛吹雪、つねに危険と隣合わせの登山など、夏の猛暑を吹き飛ばす強烈かつ涼しげなVRゲーム。

【体験できるシーン】
・ベースキャンプでの遠征準備
・危険なクレバスを横断
・キャンプ4で一泊
・最難関ヒラリーステップでの危険な登頂
・エべレスト山頂を制覇

 
【実際のプレイ映像】


 

■エベレストの恐怖と美しさを十二分に詰め込んだVRゲーム

 

▲ゲームをはじめるとチュートリアルで一連の動作を体験できる。ここでの経験は、今後出てくる5つのシーンすべてに必要とされるので、しっかり覚えておこう。


▲チュートリアルが終わると、いよいよ本編開始。ベースキャンプでは、登山用の準備を整えていく。
 

▲周辺にリュックサックやピッケルなどが置いてあるので、身に付けていく。
 

▲危険なクレバスの横断では、寝かせたハシゴの上を紐でつたいながらゆっくりと前に進んでいく。もちろん下を覗けば断崖絶壁……心臓が縮こまる。


▲続いては、息つく暇もなく5段連なったハシゴでさらに上を目指していく。


▲きちんと手を動かすことで昇っていける。


▲下は…あまり…見ないほうがいい…!
 

▲昇っている最中、突然雪の塊が落下
 

▲シーンを終えるごとに挿入される俯瞰してとらえたエベレストの雄大な景色。
 

▲そして、標高7900メートルほどのキャンプ4で一泊。外は猛吹雪。
 

▲この先に待ち受けるのは最難関ヒラリーステップでの危険な登頂…


 
 
 
本作は、エベレストの美しさと恐怖を十二分に詰め込んだ一本。5つのシーンというボリュームは劣るものの、エベレストの景色と一連の動作を体験するには申し分ない。

【概要】
価格:2,480円
リリース日:2016年8月3日
ヘッドセット:HTC Vive
入力:コントローラのモーション追跡
プレイエリア:立位、ルームスケール
言語:英語(インターフェース)


■関連サイト
 

STEAM





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( EVEREST VRVive

ピックアップ

記事ランキング

1 【インタビュー】VRを創りたいクリエイター達のパッション、PSVRの開発からVR元年まで…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(4/5)
2 【インタビュー】PSVRはここから始まった、ソニーからSCEへの事業化までの道のり、嘘みたいな本当の話…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(1/5)
3 【インタビュー】ハードの開発はソフトチームとの共同製作へ 新たに生まれたシナジーとは…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(3/5)
4 【PSVR】PS STOREでVRタイトルが期間限定セールを開始 『Rez Inifinite』『DOAX』『バイオ7』など計42本…最大60%引き
5 【インタビュー】SCEの始動、ゲームをより幅広い人へ、よりカッコイイものにしたかった…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(2/5)
6 イオンレイクタウン VR Center、GW限定でホラーコンテンツ『オバケリアVRクリーピングテラー』を含めた複数の機種を導入
7 【PSVR】DMM、Ver3.00でVRモードに対応 "様々"なコンテンツがVRで視聴可能に
8 【PSVR】韓国SKONEC、FPS『Mortal Blitz』日本国内で販売開始 グロッキーフィニッシュでスタイリッシュにキメる
9 【おはようVR】SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く第3回 PSVRを使ってDMMのVRコンテンツが再生可能になど
10 グリー、アミューズメント施設向けとモバイル向けVRに注力する方針…荒木氏が明かす
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム