デジタルハーツに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

デジタルハーツ、「VR酔いスコアリングサービス」の提供を開始  酔いやすさを定量化し対策をサポート

2016年08月16日 13時10分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
デジタルハーツは、8月から、「VR酔いスコアリングサービス」の提供を新たに開始すると発表した。

VRコンテンツにおいては、画面の奥行や重なり、動作スピード等にわずかでも違和感がある場合、ユーザーの不快感や疲労感、及び「VR酔い」といった現象を引き起こす場合があるため、高品質な製品開発が必要不可欠となっている。

この流れを受け、同社は今後増加が見込まれるVRコンテンツのデバッグ需要に備え、いち早くVRコンテンツ専属デバッグチームを結成し、サービス提供実績を積むとともに、VRコンテンツのデバッグで必要とされる特有の技術・ノウハウに関する研究を進めていた。

特に、VRコンテンツ特有の課題である「VR酔い」を軽減するためには、幅広いユーザー層の体感差を考慮したコンテンツ開発が求められることから、デジタルハーツでは「VR酔い」に着目し、在籍している8,000名を超えるテスターのうち性別・年代等が異なる多種多様な人材により、様々なジャンルのVRコンテンツの検証を実施することで、抽象的な概念であった「酔いやすさ」の定量化及びそのデータの蓄積に取り組んできたという。
 

これらの研究成果として、頭痛・眩暈・唾液量・発汗量等、学術的な知見に基づき項目化された生体情報のプレイ前後を評価・比較・分析することで、「酔いやすさ」の定量化を実現するとともに、その蓄積されたデータから、ジャンルや想定ユーザーの特性を反映した総合的な「VR酔い」に対する評価を可能とし、新たに「VR酔いスコアリングサービス」として、本サービスの提供を開始している。
 

「VR酔いスコアリングサービス」は、調査対象であるVRコンテンツが一般的に酔いやすいものか、ユーザーが継続してコンテンツを利用するにあたり適正であるか等を、「酔いやすさ」を表す項目別に評価方式で数値化し、調査結果レポートとして提供される。

また、調査結果に加え、「VR酔い」の数値が高く出た項目においては、アクション別の分析を行い、「VR酔い」とゲーム性・没入感の相関性を考慮した具体的な改善提案を実施することで、VRの魅力を最大限活かしたコンテンツ開発を支援していくという。


■関連サイト
 

デジタルハーツ





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( デジタルハーツ

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】SIE、『シアタールームVR』の参加者募集中 『スパイダーマン:ホームカミング』を仮想空間の大画面で体感
2 コーエーテクモウェーブ、『VR センス』で6月アップデートを配信 「ドリーム推しカメラ」追加で超接近を味わおう
3 【おはようVR】カプコンがVRとeSPORTS”を癒合したアトラクションを稼働 『デレマス』のVR ZONE公演リハ映像が公開など
4 ユニットコム、Corei7-8750HとGTX1060を搭載した15型フルHDゲーミングノートPC販売開始 液晶は120Hzのパネルを採用
5 ハウステンボス、所有する無人島に「JURASSIC ISLAND」をオープン リアルな肉食恐竜に挑むAR STGを楽しもう
6 【PSVR】『Arizona Sunshine』の「DEAD MAN DLC」が7月にリリース 「人類最後の日々へようこそ」と題した前日譚に
7 星光社印刷、紙製VRゴーグルをリニューアル 組み立てはわずか10秒に…オリジナルデザインの受注販売も開始
8 VRデザイン研究所、日本初のMR専門の教育機関『MRプロフェッショナルアカデミー』を開校 6月22日プレイベントも開催
9 マウスコンピューター、大阪府北部を震源とする地震の対応と支援を発表
10 つみネコ、「つみネコAR」を7月16日に無料リリース App Storeで予約注文も開始
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど