バウンド:王国の欠片、ソニー・インタラクティブエンタテインメント、PlayStationVR(PSVR)に関するVRレビュー記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

PSVR対応アクションゲーム『バウンド:王国の欠片』ファーストインプレッション プレイ動画を交えてお届け

2016年08月17日 11時25分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



8月16日に発売されたPlayStation4用オンライン配信専用タイトル『バウンド:王国の欠片』。
 
これは、幼少期のトラウマを抱く、妊婦の意識の中で進んでいく物語。
王国を治める女王より、怪物から王国を守るよう命じられた主人公。
怪物のもとへ赴くも、その強大な力に倒れてしまう。
王国を救うため、女王は地下に身を置く救世主のもとへ主人公を誘う。
救世主へ助けを求めた主人公は、そこでトラウマと対峙することとなる。

同タイトルは斬新なグラフィックとピアノの単音で作られた特徴的なBGM、プロダンサーをキャプチャーした主人公のアクションがあいまって、非常に個性的なゲームになっている。

操作方法は実にシンプル。アナログスティックで移動や視点変更をしこの独特の3D空間を進んでいく。ジャンプなどもボタン操作一つでプレイでき、序盤をプレイする限りアクションが苦手なユーザーもプレイが可能だった。
 



▲行く途中には平均台のような道も


▲軽やかに舞うよう移動する姫
 

▲このような高さはPSVRでどのように表現されるだろう?


▲どの場面で切っても絵になる圧巻のグラフィック


▲障害から身を守るために踊る姫
 
グラフィックの美しさや、心に残るBGM、またキャラクターの所作、特に様々な障害から身を守るために踊るその姿は非常に美しい。序盤をプレイする限り、穴などに落ちてもゲームオーバーにはならず、複雑なステージ構成でもないため、アクションが苦手な人でもプレイすることができるだろう。
 
そのためインタラクティブ性のある素敵な絵本のようなものと捉えていいかもしれない。

購入を迷っている人は、動画を確認した上で、この世界観がどれだけ自分の好みとマッチしているかがポイントになると思う。また、後日、PlayStation(PSVR)での対応が決まっているので、それを加味して考えるといいだろう。

この世界がどうVR空間で表現されるのか、今からとても楽しみだ。

■商品概要
 

配信予定日:2016年8月16日
販売価格 :2,160円 (税込)
ジャンル:アクションアドベンチャー
フォーマット:PS4®
販売形態:ダウンロード
PSN:対応
プレイヤー    1人
PlayStation®VR対応

バウンド 王国の欠片





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( バウンド:王国の欠片PlayStationVR(PSVR)ソニー・インタラクティブエンタテインメント

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】バンナム、『ONE PIECE GRAND CRUISE』をリリース 麦わらの一味になって大海原へ
2 【PSVR】『Wipeout Omega Collection』体験版が国内リリース 
3 モノビット、 VTuber事業部を設立 新開発の「モノビット・バーチャル・アクター・システム」や専用スタジオもオープンへ
4 【PSVR】『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』の体験版がリリース 4K/VRの両モードで楽しめる
5 スマホ向けVRアプリ『ソードアート・オンラインVR Lovely♡Honey♡Days』の事前登録が開始 アスナを様々な角度から激写可能
6 大分放送とジョリーグッド、VR360°動画サービス「VR OITA」開始 鉄輪温泉の紹介など…インバウンド誘致を目的に英語版も公開
7 テスティー、「VR/AR」に関するアンケート調査の実施 未体験者は無料なら体験したいが7割に
8 【PSVR】タワーディフェンスゲーム『Animal Force』が2018年に国内発売 動物と共にエイリアンから地球を守ろう
9 サードウェーブのゲーミングPC 、VR映像体験「機動戦士ガンダム THE ORIGIN -RISING-」を動作PCとして採用
10 【おはようVR】PSVR対応の『Wipeout』や『ANUBIS』の体験版リリース ホロラボとインフォマティクスがMR技術で業務提携など
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど