VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

朝日新聞社、リオ オリンピックの360度動画を配信開始 コルコバードの丘に立つキリスト像やシュラスコまで現地の様子をVRで

2016年08月18日 11時15分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



▲動画の通常表示(メガネ型のアイコンが右下に見える)
 

朝日新聞社は、日本選手団の活躍が続くリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックの会場周辺で撮影した3次元(3D)・360度動画の配信を開始した。

スマートフォンとYouTubeアプリの最新版、紙製の簡易ビューワーがあれば、全方向かつ奥行きを感じる仮想現実(VR)を体験できる。有名なキリスト像のほか、今回のオリンピック出場選手を生んだファベーラ(スラム街)にあるバドミントン教室、華麗な色彩の観光名所「セラロンの階段」など5本のVR動画を、朝日新聞デジタルから配信。

http://www.asahi.com/olympics/2016/vr_panorama/

スマホで上記URLにアクセスすると、VR動画のリストが表示される。再生したい動画の右下の「YouTubeを開く」をタップし、YouTubeアプリで動画を開く(スマホの環境によってはYouTubeアプリが起動しない場合がある)。動画の再生を始めてから再生中の画面のどこかをタップし、右下にメガネ形のアイコンが現れたらそこをタップ。すると、画面が左右に分割され、立体視できる「視差」がついた表示となる。この状態でビューワーに入れる(安いものは1000円程度で市販されている)。
 

 

▲分割表示された動画(右目用と左目用で「視差」があることがわかる)

ビューワーをのぞき、上下左右に顔を向ける。上を向ければ空の動画が、下を向ければ地面を見下ろす動画が自然に表示され、リオに行ったような感覚(没入感)を楽しめる。
 

▲紙製の簡易ビューワーの例

朝日新聞社メディアラボが特注した3D・VR撮影用のカメラを使い、現地に派遣されている映像報道部の取材班が撮影。朝日新聞社はこれまでも、「いきもの目線」などのVR動画を配信してきたが、今回はより臨場感・没入感の高い3次元VRを導入。

なお今回のVR動画は、東京都千代田区の三井住友銀行東館1階アース・ガーデンで開催中の「リオデジャネイロ2016オリンピック・パラリンピック報道写真展」(朝日新聞社主催)の会場でも8月19日までの正午から午後1時、体験できる(報道写真展は9月23日まで開催)。

 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】ガンアクションの傑作『GUNGRAVE VR』リリース 
2 ソフトバンク、IoTとAIを使って鉄道や交通渋滞の解消へ パシフィックコンサルタンツと業務提携で
3 サイバーエージェントグループの「VR Agent」、2017年9月期は200万円の最終赤字 
4 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
5 VR ZONE Portal 全国各店舗のアクティビティが発表 『マリオカート』や『高所恐怖SHOW』なども導入へ
6 EXPVR、VRマンガヒーローアクションゲーム『BE THE HERO』のプロトタイプ版の無料配信開始
7 【おはようVR】桜花一門、PSVRでステルスホラーをリリース 『人喰いの大鷲トリコ VR』配信開始など
8 Psychic VR Lab、ファッションコーディネートを3Dスキャンする「STYLYスキャナー」を販売開始
9 【PSVR】『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』が配信開始 本編がなくても無料で楽しめる
10 コロプラ、巨人と戦うVRアクション『TITAN SLAYER』のWindows MR版を30%OFFで販売 1月3日までの期間限定
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム