クリーク・アンド・リバー社に関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

テクノロジストマガジンvol.3の特集は、VR研究の第一人者・東京大学大学院教授 廣瀬通孝氏

2016年08月22日 17時36分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
クリーク・アンド・リバーのプロフェッサー・エージェンシーは、8月22日、ヒューマンドキュメント誌『Technologist's magazine[テクノロジストマガジン]vol.3』を発刊したことを発表した。

同誌は、大学や企業などの研究機関に所属する研究者たちの素顔や生きざまに光をあてたヒューマンドキュメント誌だ。

今回発刊されたvol3は、東京大学大学院の教授・廣瀬通孝氏を特集。廣瀬氏は、1980年代末の黎明期より第一線でVRに関する研究を重ねてきた、まさにVR研究の第一人者。

今なお、VR技術の進化を牽引し続ける廣瀬氏は、「これからはVR2.0の時代。仕組みではなく、どんな“中身”をつくるのかが問われるフェイズになる」と語る。

インタビュー中に飛び出した「知らないことは偉大」という言葉の真意は如何に。常に“突っ走ってきた”研究者・廣瀬氏の軌跡を辿っている。

[研究者の肖像]
東京大学大学院 情報理工学系研究科
知能機械情報学専攻 教授 博士(工学)
廣瀬通孝

[Technologist's Opinion]
文部科学省 文部科学事務次官
土屋定之

[研究者・支援企業最前線]
森永乳業株式会社
研究本部 健康栄養科学研究所

[注目の大学研究室]
東京工業大学 工学院 ロボティクス研究分野
鈴森・遠藤研究室

東京海洋大学 海洋生物資源学部門
水族栄養学研究室

[新進気鋭の研究者たち]
株式会社富士通研究所
知識情報処理研究所 セキュリティ研究センター
認証&IoTセキュリティプロジェクト 主任研究員
山田茂史

判型:変型A4版
定価:515円(本体477円)
編集・発行/株式会社クリーク・アンド・リバー社
『Technologist's magazine』編集部
発行人/井川幸広
編集人/倉本秀治


 

プロフェッサー・エージェンシー





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( クリーク・アンド・リバー社

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】『絶体絶命都市4』が10月25日に発売 『防災マニュアル』も無料公開へ…シナリオでは災害時の"デマ"に関した内容も
2 【おはようVR】動物たちが奮闘するタワーディフェンス『Animal Force』リリース Steamでサマーセール開催中など
3 Steamでサマーセール開催中 『Rez Infinite』、『Skyrim VR』、『Fallout 4 VR』など多くのタイトルが対象に
4 SDエンターテイメント、ディノスパークノルベサ店に道内初のVR筐体を設置 7月7日にグランドオープン
5 【PSVR】SIE、『シアタールームVR』の参加者募集中 『スパイダーマン:ホームカミング』を仮想空間の大画面で体感
6 Epic Games、GTMFでのセッションと展示内容を公開 「デジタルヒューマン」や「バーチャルカメラ」のデモの展示も
7 【PSVR】『Arizona Sunshine』の「DEAD MAN DLC」が7月にリリース 「人類最後の日々へようこそ」と題した前日譚に
8 【PSVR】SIE、『Animal Force』をリリース エイリアンの侵攻を食い止める動物たちのタワーディフェンス
9 マウスコンピューター、大阪府北部を震源とする地震の対応と支援を発表
10 Psychic VR Lab、全米最大規模のVRコミュニティ「SVVR」の正式メンバーに
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど