凸版印刷に関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

38億4千万画素におよぶデータから世界遺産をVRで体験 凸版印刷が国宝である興福寺「三重塔」内を彩色再現…塔内を360度鑑賞するコンテンツを製作

2016年08月23日 21時17分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


凸版印刷は、鎌倉時代に再建された興福寺の国宝「三重塔」内部に極彩色の文様が広がる様子をデジタルで再現し、ヘッドマウントディスプレイ(以下 HMD)で体験できるVRコンテンツを製作したと発表した。

8月26日から興福寺で開催される「興福寺国宝特別公開2016 五重塔・三重塔」の会場で初公開される。

興福寺最古の建造物である国宝「三重塔」の塔内には、微細な千躰仏や極彩色の文様が描かれていたが、現在は経年劣化により剥落し、大部分が失われている。

今回、凸版印刷は三重塔の内部を高精細にデジタル撮影し、38億4千万画素におよぶデータを取得。従来培ってきたVR技術を用いることにより、三重塔の内部に入って現在の塔内と千躰仏や文様を色鮮やかに再現した塔内とを360度鑑賞できるVRコンテンツを製作した。

特別公開では、三重塔の目の前でHMDを装着することで、目の前に見えている塔の内部に入り、彩色再現された往時の空間にタイムスリップしたかのような鑑賞体験をすることができるという。

なお本VRコンテンツ製作にあたり、塔内に描かれた千躰仏や文様の彩色再現には、文様彩色画師の故・山崎昭二郎氏と奈良教育大学教授・大山明彦氏が1992年に作成した彩色復元模写を参考にしている


■ 興福寺 執事 辻明俊氏のコメント
三重塔は、興福寺伽藍の中で最古の建物です。その初層内部は、仏や菩薩など浄土の景色が描かれていて、かつては極彩色に彩られていました。しかし、現在は剥落が進み残る彩色はわずかになっています。今回の試みは平成の彩色再現として、貴重な資料となることは間違いありません。およそ800年前の空間を最新技術で体感いただき、今後の文化財保護・保存について、考えるまたとない機会になればと思います。
 
国宝「三重塔」 初層内部 (左)現在の様子、(中央)彩色再現した様子、
(右)彩色再現に参照した復元模写[国立歴史民俗博物館所蔵]
 
 
▲(左)HMDによる体験イメージ、(右)三重塔内撮影風景


■ 興福寺 国宝 三重塔内部「バーチャルリアリティ体験」について

期間: 前期 8月26日(金)~8月31日(水)
後期 10月1日(土)~10月10日(月・祝)
※「興福寺国宝特別公開2016 五重塔・三重塔」開催期間中の公開
時間: 9:00~16:00 (体験時間約3分、各日先着250名)
場所: 興福寺会館前(三重塔西側)
料金: 無料(ただし「興福寺国宝特別公開2016 五重塔・三重塔」拝観券提示が必要)
対象: 13歳以上 (※混雑時は整理券を配布。)
<「興福寺国宝特別公開2016 五重塔・三重塔」について>
主催: 法相宗大本山興福寺、朝日新聞社、テレビ朝日
会期: 2016年8月26日(金)~10月10日(月・祝)
拝観場所: 興福寺 五重塔(初層)、三重塔(初層)
拝観時間: 9:00~16:00(発券は終了30分前まで)
拝観料: (個人)一般 1,000円、中高生 700円、小学生 300円
(団体)一般 900円、中高生 600円、小学生 250円
*団体料金は20名以上
*障害者手帳をお持ちの方(およびその付添者1名まで)は半額


■ 凸版印刷のVRへの取り組み

凸版印刷は、1997年から文化財のデジタルアーカイブデータの公開手法としてVR技術を用いた「トッパンVR」を開発。以来『マチュピチュ -太陽の聖地』、『よみがえる興福寺中金堂/阿修羅像』など、国内外の貴重な著名文化財をテーマとした50本のVR作品を製作。2007年には、いち早く4K超高精細VRの開発・公開を行い、近年では12kVRやHMDなど次世代VRの開発に取り組んでいる。

また、VR作品の公開の場としてVRシアターの導入を進めており、海外では中国・故宮博物院やホンジュラス共和国博物館にVRシアターを開設、国内では東京国立博物館内の「TNM & TOPPAN ミュージアムシアター」で文化財ナビゲータによるVR作品のライブ上演を行っているなど、国内外22か所の文化施設、観光施設へ展開していく。

同社のプレスリリース
http://www.toppan.co.jp/news/2016/08/newsrelease160823.html


■関連サイト
 

凸版VR デジタルアーカイブ

 
VRの最新情報を逃さずキャッチ!




 

Copyright (c) 2016 TOPPAN PRINTING CO., LTD.




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【おはようVR】コロプラ、今夏にVRアクション『TITAN SLAYER』を配信 PSVRで『ゴーストバスターズVR』配信開始など、
2 【PSVR】ソニー・ピクチャーズ、米PS STOREでゲーム『ゴーストバスターズVR』の配信を開始 
3 コロプラ、HTC Vive向け新作VRアクションゲーム『TITAN SLAYER』を今夏に配信決定
4 【PSVR】カプコン、『バイオ7』開発者インタビューを通したメイキング動画を公開 ファミリーは犬を飼っていた?息を止めるアイディアも
5 よむネコ、gumiのグループ会社化と3月31日にVR脱出ゲーム 「エニグマスフィア エンハンスド版」の発売を発表
6 【PSVR】びんぼうソフト、遊園地を制作する『ローラーコースタードリームズ』の体験版を公開
7 人工知能を手掛けるUEI、子会社UEISのマネジメントバイアウトによる独立を発表 UEISはVR・MR・AR技術などを活かしたビジネスへ
8 リクルートライフスタイルの旅行誌『じゃらん』、乃木坂46とコラボした特設ページ「じゃらんVR乃木坂温泉」を公開
9 【ワンダーリーグ調査】「GearVR」向けアプリ全566個を徹底リサーチした結果を発表…モバイル向けVR市場を分析
10 マウスコンピューター、幅22mmの筐体とGTX1070搭載のゲーミングデスクトップ「NEXTGEAR-SLIM」を発表 価格は169,800円(税別)より
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム