モノビットに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

モノビット、Unity向けVRボイスチャットミドルウェア 「VR Voice Chat with MUN β版」をリリース!

2016年08月24日 11時30分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
モノビットは、8月24日、Unity 向け VR ボイスチャットミドルウェア「VR Voice Chat with MUN β版」のリリースを発表した。

本製品はVRコンテンツにボイスチャットをリアルタイム・コミュニケーション機能として、簡単に搭載することが可能だ。CEDEC2016のセッションとモノビットブースでは、VRボイスチャットを利用したVRデモの体験ムービーも公開する。
 




■「VR Voice Chat with MUN β版」製品概要

今、VR コンテンツにおける″リアルタイム・コミュニケーション″の必要性が高まっています。『 VRVoice Chat with MUN β版』(以下、VR ボイスチャット)とは、VR クラウドを手軽に実装できるUnity 専用の無料アセットです。自分の動きや声をリアルタイムにネットワークで通信し、VR 空間をリアルタイムに共有することで、VRコンテンツの新たな楽しみ方や深い没入感を創り出すことができます。

さらにゲームだけではなく、様々な業種で制作される VRコンテンツにも、VRボイスチャットを簡単に搭載できます!また、サンプルプログラムも付属し、VRコンテンツ制作の参考にすることも。

同プログラムは8月24日より無料でダウンロードが可能。VRコンテンツ開発御担当者やVRに興味のある人は、下記のURLからUNITY版の無料アセットがダウンロードできる。
http://www.monobitengine.com/vrvc/


■製品ポイント

【ポイント1:VR 体験に必要なコミュニケーションを提供!】
 

「離れた人同士でも、VR 空間で、すぐそばにいて語り合いたい・・・」そのニーズに応え、VR ボイスチャットを提供いたします。VR ならではの「没入感」の中、VR ボイスチャットを用いれば、他のユーザーとリアルタイムで「コミュニケーション」をとれるコンテンツを作り出すことができます。

【ポイント2:さまざまな分野に応用可能!】

VR でのインタラクティブコミュニケーションは、「建築・住宅関連」「医療関連」「教育関連」「製造関連」など、ゲームの分野以外にもさまざまな局面で応用が可能です。サーバなどの専門の知識がなくとも、VR ボイスチャットは VR コンテンツにおけるコミュニケーションを手軽に実現が可能です。
 

【ポイント3:クライアントプログラムだけで OK!】

サーバーエンジニアの専門的な技術がなくても、クライアントプログラムの記述だけで簡単に VRボイスチャットを可能とします。もちろん、リアルタイム通信環境を構築する際も、サーバ側へのロジック記述は不要です。クライアントプログラマしかいない場合であっても、VR リアルタイム通信コンテンツを制作することが可能です。


■「VRクラウド」の開発について 
株式会社モノビットのミドルウェア事業部では、 『モノビットエンジン』というリアルタイム通信エンジンを開発、 販売しており、 ネットワークゲームの基幹技術について高いノウハウを持っています。 その最先端のネットワークテクノロジーとCTOの中嶋 謙互により、 「VRクラウド」の開発を行い、 VR内で世界中の人々が集えるVRオンラインコンテンツ制作をスムーズに行える環境を提供いたします。 

 モノビットエンジン公式サイト: http://www.monobitengine.com/ 


■関連サイト


モノビット
VRの最新情報を逃さずキャッチ!





 

 





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( モノビット

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】気分は草薙素子? サイバー空間でハッキングを体験する『DARKNET』のトレイラーが公開
2 ホリエモン、複合エンタメイベントを六本木で2月4日に開催 VRイベントではGOROman氏との特別企画も
3 【おはようVR】ねば~る君のビビりまくり『バイオ7』動画レビュー、ホリエモンの複合エンタメイベントや『スペチャン5 VR』の体験など
4 「鉄道ファン」監修の本格派 ARを使ったアプリ『俺鉄 by the MALT’S』が配信開始
5 【バイオ7】お前が行けよと思わずツッコむ ゆるキャラのねば~る君の動画レビューが公開に…私も家族だキャンペーン開催中
6 VRやMRを体験できるエンタメ施設を提供 電通ベンチャーズ、米の「ツービットサーカス」に出資
7 ボルテージ、“ポケカレ AR”の英語対応版 「Let's Snuggle! AR」の発売を開始
8 日本財託がVRを使った内見サービスを開始  3D Styleeを使用しスマホで簡単に体験が可能
9 電柱にあるQRコード、その先にはVRコンテンツ アジャストが新サービス「Web電柱360」を開始
10 ファッションVRコースという選択肢 最新技術とファッションを学ぶ『Tokyo Fashion-technology Lab』 が原宿に開校
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム