Vive、Oculus Riftに関するVR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

Radeon RX480が搭載されたVR READY対応のPCが発売 価格は13万7980円(税抜)から

2016年08月26日 11時15分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 

VRデバイス「Vive」が快適に動作するPCとして、『GALLERIA Vive VR READY 推奨モデル XFR』を、全国22の「ドスパラ」各店舗、およびドスパラ通販サイトにて販売開始となった。

同PCは、グラフィックボードにRadeon RX480 8GB、CPUにインテル Core i7-6700 プロセッサーを搭載しており、Viveを使用したVRコンテンツを快適に動作させる点において、必要充分なパフォーマンスを持っているという。価格は13万7980円(税抜)から。


【GALLERIA Vive VR READY 推奨モデル XFR 製品情報】
・CPU: インテル Core i7-6700 プロセッサー
(クアッドコア/HT対応/定格3.40GHz/TB時最大4.00GHz/L3キャッシュ8MB)
・マザーボード: インテル H170 チップセット搭載 ATX マザーボード
・メインメモリ: 8GB PC4-17000 (DDR4 SDRAM, 4GB×2, デュアルチャネル)
・グラフィックス: Radeon RX480 8GB
・SSD: 480GB (SATA 3)
・ハードディスク: 2TB (SATA 3)
・光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
・LAN: ギガビットLAN
・ケース: オリジナル ガレリア専用 KTケース ブラック(ATX)
・電源: 500W 静音電源 (AcBel製 / 80 PLUS Bronze)
・OS: Windows 10 Home インストール済み
 
価格:137,980円(+税)

■製品ページ
http://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime/13/150/6083/0/

 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Oculus RiftVive

ピックアップ

記事ランキング

1 【インタビュー】PSVRはここから始まった、ソニーからSCEへの事業化までの道のり、嘘みたいな本当の話…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(1/5)
2 【インタビュー】ハードの開発はソフトチームとの共同製作へ 新たに生まれたシナジーとは…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(3/5)
3 【インタビュー】SCEの始動、ゲームをより幅広い人へ、よりカッコイイものにしたかった…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(2/5)
4 【PSVR】クリスも登場する『バイオ7』の無料DLC「NOT A HERO」が配信日変更に【動画と追記あり】
5 【PSVR】DMM、Ver3.00でVRモードに対応 "様々"なコンテンツがVRで視聴可能に
6 KDDIとクリプトン、AR・VR・MR技術等を活用した"初音ミク"などのコンテンツ事業で協力 ニコニコ超会議2017で体験コーナーも
7 【PSVR】韓国SKONEC、FPS『Mortal Blitz』日本国内で販売開始 グロッキーフィニッシュでスタイリッシュにキメる
8 スパイスボックス、自社製スマホVRゴーグルMilbox(みるボックス)の高機能版「Milbox 2」を発表
9 ソニーモバイル、映像にタッチ操作を加えPS4対応のポータブルプロジェクター「Xperia Touch」を6月24日に発売 価格は15万円前後を想定
10 【PSVR】マチ★アソビで『Fate/Grand Order VR』の先行体験会が開催 
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム