VRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

アイトラッキングが搭載された最先端VRヘッドマウントディスプレイと、視線追跡技術を応用したデモゲーム3タイトルをTGSで披露 

2016年08月30日 11時51分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
世界初のアイトラッキングが搭載された、最先端のVRヘッドマウントディスプレイを開発中のFOVE, Inc.は、9月15日~9月18日に幕張メッセで開催される「TOKYO GAME SHOW 2016」に出展することを発表した。

イベント当日は、出展ブース(小間番号:9-W08)にて30分に1回実施する、具体例を用いた視線追跡技術のゲームへの活用方法に関するプレゼンテーションや、FOVE最新情報の発表、その他展示を予定している。

■FOVEデベロッパーズキット版 ニューカラーバリエーションの展示

実際にデモプレイが体験可能なプロトタイプの展示だけでなく、デベロッパーズキット版に関しましても、先日プレスリリースで発表したホワイトカラーバージョン、及び今回初展示となるブラックバージョンのデザインモデルを展示する。

■視線追跡を生かした新規デモゲーム、3タイトルの展示

視線追跡、瞬き認識などの機能を盛り込んだ3つの新規デモゲームを展示する予定。当日は、実際にFOVEプロトタイプ機を用いて、新規デモゲームを体験できるエリアを用意する。

(1) 「Project Falcon(プロジェクトファルコン)」

視線追跡を利用したファーストパーソン・シューティング(一人称視点シューティング)ゲーム。視線追跡技術を用いて見るだけで素早く敵をロックオンするなど、直感的な操作が可能。視線追跡技術の使用例として展示する。







(2) 「Judgement(ジャッジメント)」

表示される選択肢を意識的に選ぶのではなく、プレイ中に注目した物や場所によりストーリーが自然に分岐していく脱出系ゲーム。監禁された状態からスタートし、尋問をくぐり抜けどのようなエンディングになるかはプレーヤーの行動次第。視線追跡を用いた新しいコンテンツ例として展示する。



(3) 「Functions(ファンクションズ)」

目の動きによるキャラクター操作や、目の開閉による演出変化など、最先端視線追跡技術を活用したミニゲーム集。目の動作(開閉、注視など)による操作および演出変化の具体例として展示する。





■会社概要
社名 :FOVE Inc. http://www.getfove.com
所在地 :255 South B Street, Suite 210, San Mateo, CA 94401
設立 :2014年5月12日
代表者 :代表取締役 小島 由香
事業内容:VRに関するウェアラブルハードウェア・ソフトウェアの開発、
製造、販売。赤外線カメラで捉えた視線の動きをもとに、世界で初めてVR空間内で“眼の動き“による操作を可能にした「アイトラッキング」とコア技術を先行開発
 
VRの最新情報を逃さずキャッチ!







リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 サン電子、先行投資のVR・AR事業は収穫期に PSVR向けのRTS『ダークエクリプス』も発売へ
2 【PS VR】カヤック、『傷物語VR』を7月12日に無料で配信 忍と2人で思い出を振り返る
3 【PSVR】店舗の再販状況をお届け ヨドバシは店舗・ネット共に22日から販売中 ビックは24日に抽選販売へ 供給が追いついてきた?
4 ViRD、積み木の要領で3Dモデルを作れるスマホARアプリ『Makebox AR』をリリース
5 【SteamVRランキング6/26】今ならお安く買えます、首位VRアニメ『Project LUX』 ゾンビシューター『Arizona Sunshine』も2位に
6 【PSVR】中国Time of VR、タワーディフェンス型のFPS『Ancient Amuletor』を6月27日にリリース
7 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
8 LifeStyleと360Channel、発注者向けVR勉強セミナーを6月28日に開催
9 テレ朝、ARを使った「映画ドラえもん のび太の宝島」の世界を楽しむ宝探しイベントを開催
10 【PSVR】ジェットマン、『クーロンズゲートVR』の公式サイトを更新 ゲーム内画面や念写などの詳細などが明らかに
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム