クリーク・アンド・リバー社、IDEALENSに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【TGS2016】C&R社、一体型VR-HMDの「IDEALENS K2」を東京ゲームショウ2016で出展

2016年09月07日 14時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



クリーク・アンド・リバー(以下C&R)とVR分野の子会社VRJapan(以下VRJ)は、9月15日~18日に開催されるTOKYO GAME SHOW 2016で、一体型VR-HMD「IDEALENS K2」を出展すると発表した。

当日ブースでは、 VR関連製品の企画・開発企業アイデアレンズ社のVRヘッドマウンドディスプレイ(HMD)新製品、「IDEALENS K2」のタッチ&デモンストレーションを行う。
 
「IDEALENS K2」は、 ケーブルレスの一体型VR用ヘッドマウントディスプレイ(HMD)。 本体部分は約290gという軽量・高画質で、 視野角120°という広さの上に発熱も抑えられる構造で、 長時間の使用が苦にならない製品となっている。 中国では9月15日より販売が開始されることが発表されている。
 
また、アイデアレンズ社は一体型HMDに関する中国での特許の多くを所持しており、 中国市場でのHMDの本命とも言われている。 VRコンテンツの中国展開を考える日本企業にとっては注目の製品となる。 

同社は、 VR/ARの専門部署を設け、 VRコンテンツの制作や収集、 プラットフォーム開発など、 VRJと共に事業を積極的に推進しており、 VR/ARさらにMR(Mixed Reality)に関する全ての相談に対応できるという。 

 
■ 「IDEALENS  K2」について
 
 

 
今回発表した「IDEALENS K2」は、 前モデル「IDEALENS K1」のスペックを引き継ぎつつ、 視野角は120°、 タイムラグは17ms(ミリ秒)、 質量は約290g(グラム)と高いスペックを実現。 また、 PCやスマホを用意する必要がなく単体で使用可能なため、 室内に限らず、 屋外でも楽しむことができる。 
 
■「IDEALENS K2」 製品概要 

商品名 : IDEALENS K2
外形寸法 : HMD*本体部分のみ: 129mm x 183mm x 105mm
質量: HMD*本体部分のみ: 約290g
ディスプレイ方式 : OLED
ディスプレイ解像度 : 1200 x 1080 x 2
視野角 : 120°
リフレッシュレート : 90Hz
遅延 : 17ms
搭載センサ : 6軸検出センサ(3軸ジャイロ・3軸加速度)、 3軸地磁気センサ、 光距離センサ、 温度センサ
各センサ応答時間 : ≤2ms
プロセッサ : CPU/ Exynos 7420    GPU/ Mali-T760 MP8
メモリー : ROM/ 32G eMMC (OS、 内蔵ソフトを含む)   RAM/3G LPDDR3
拡張メモリー : micro SD (最高128G)
Wi-Fi : 2.4G/5G 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth : 4.0、 3.0、 2.0
接続端子 : micro USB 2.0端子、 3.5mm ステレオヘッドフォン端子
充電 : 約3.5時間(2A急速充電対応)
電池消費時間 : 約2.5~6時間(コンテンツによる)
価格 :3,499元
発売日 : 2016年9月15日(木)中国にて発売開始
発売方法 : 日本での販売方法は間もなく開示予定 
 
■Idealens  Technology Co., Ltd.  会社概要 
アイデアレンズ社は、 VRプロダクトの研究開発、 VRコンテンツの配信サービスを行っております。 2015年7月にAndroidを基に独自開発したVR専用OSを搭載した、 PC・スマホ接続不要の世界初一体型VRデバイスの量産化を発表して以来、 世界中の消費者に向けて、 最高のVRプロダクトとコンテンツを提供するために研究・開発に専念しております。 
社 名  : Idealens  Technology Co., Ltd.
本 社  : Sichuan, Chengdu, Tianfu Software Park, CHINA
設 立  : 2014年
代 表 者 : Chief Executive Officer 宋海涛
事業内容 : VR関連製品機器の企画・開発・販売およびVRソフトウェア(プラットフォームを含む)の開発・運用
URL         :  http://www.idealens.com/ 
 

■株式会社VR Japanの会社概要 
社 名:株式会社VR Japan
所 在 地:東京都千代田区麹町二丁目10番9号 C&Rグループビル
設 立:2016年8月19日
代 表 者:代表取締役社長 青木 克仁
事業内容:アイデアレンズ社製品の日本における独占販売やマーケティング、 プラットフォームの運営管理


■株式会社クリーク・アンド・リバー社 会社概要

社 名:株式会社クリーク・アンド・リバー社
本 社:東京都千代田区麹町二丁目10番9号  C&Rグループビル
設 立:1990年3月
代 表 者:代表取締役社長 井川 幸広
ネットワーク:東京・大阪・札幌・仙台・大宮・横浜・名古屋・京都・神戸・高松・広島・福岡・熊本・那覇/韓国・上海・北京・カリフォルニア
事業内容:クリエイティブ・建築・ファッション・食・研究のプロフェッショナルに特化したエージェント、 プロデュース、 アウトソーシング、 著作権及びコンテンツの管理・流通。 グループには、 医療・IT・法曹・会計分野がある。 
URL: http://www.cri.co.jp 
http://www.creativevillage.ne.jp (クリエイターのための情報サイト「CREATIVE VILLAGE」)
 

VRの最新情報を逃さずキャッチ!







リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( IDEALENSクリーク・アンド・リバー社

注目の新作VRゲーム

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】慌ててHMDを外す人も…『バイオ7』をプレイする人々の様子を収めたムービーが公開
2 VR記事アクセスランキング(12月3日~9日)…『FF15』や『バイオ7』などPSVR関連の記事が人気に
3 『FF15』の無料アップデートのロードマップが公開に チャプター13の満足度向上や、ゲーム後半の演出を強化など
4 【PSVR】VRでクリアする自信がない 『バイオ7』のプレイムービーが一挙公開に…恐怖体験のネタバレも?
5 【Daydream】ワクワクが止まらない! Googleが対応アプリのトレイラーを公開…ドラマ、ゲーム、ストリートビューや教育アプリなど
6 【PSVR】VRリラクゼーション 『anywhereVR』がリリース Twitterやスマフォの画面をVR空間に表示も
7 【おはようVR】『バイオ7』の恐怖のプレイムービーが公開 VRでリラックス『anywhereVR』や、EpicGames河崎氏が語るUE4の魅力など
8 【Daydream】VRで公道を疾走 熱いチェイスも魅力の『Need For Speed』360度トレイラーが公開に
9 ゲームエンジンはAIの学習にも? EpicGamesの河崎氏が 「ゲームクリエイティヴ&ビヨンド」で語ったUnrealEngineの魅力と想定しなかった使用例とは【JCFF】
10 エムール、寝具とVRを組み合わせた「近未来の眠り体感イベント」を東急ハンズ渋谷店内のインストアスペースで開催
11位以下のランキングを見る