東京ゲームショウ2016(TGS2016)、モノビットに関するVRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【TGS2016】KDDIが発表・展示する複数人参加型のVRデモコンテンツ「Linked-door」に関わるコンテンツをモノビットが制作

2016年09月12日 18時55分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



モノビットは、2016年9月12日、KDDIが東京ゲームショウ2016にて発表・展示する複数人参加型のVRデモコンテンツ『Linked-door loves Space Channel 5』において『Linked-door』に関わるコンテンツを制作したことを発表した。(※1)

この制作にあたってはモノビットVRの制作チームにさらにモノビットスタッフのエンジニアやデザイナーなど、ゲーム制作のスペシャリスト達が加わり、専任のチームを結成。なお、KDDIが本デモコンテンツでテーマとしている人と人とがVR空間内で繋がる『Linked-door』において同社の製品であるリアルタイム通信エンジン「モノビットエンジン」を利用して、VRボイスチャット通信などのマルチコミュニケーションを実現している。

■VRコンテンツ開発に関して
本VRデモコンテンツ制作チームはトータル10名ほどのディレクター、プランナー、プログラマ、デザイナーで構成され、ワンストップで制作を担当。本デモコンテンツでは自社技術のリアルタイム通信エンジン「モノビットエンジン」を利用して、テーマであるマルチコミュニケーションをボイスチャット通信で実現。今後、同社の得意とするネットワーク技術とゲーム制作で培ったノウハウを活かし、独自のネットワーク対応型VRコンテンツの開発研究を中心に各種VRコンテンツ制作を行っていくという。


■『Linked-door loves Space Channel 5』概要
KDDIより展示・公開される通信を活用した複数人参加型のVRデモコンテンツ『Linked-door loves Space Channel 5』(リンクトドア ラブズ スペースチャンネル ファイブ)は「東京ゲームショウ2016」のVRコーナー内HTCブースで展示される。

『Linked-door loves Space Channel 5』では、VR空間内で他のユーザーと出会い、一緒に歩きながら音声で会話したり、ダーツで遊んだりするといったコミュニケーションを体験できる。さらに、今回のコンテンツの最後には、セガ(現・セガゲームス)より約15年前に発売されたダンスと音楽を題材にしたゲーム『スペースチャンネル5』の世界の中をVRで楽しめるデモ版を体験可能。

スペースポートを舞台に『スペースチャンネル5』の主人公で局のリポーター「うらら」が謎の宇宙人「モロ星人」と戦い、踊らされた人々を救出するリポートショーの現場を目の前で観覧しながら、一緒に応援して楽しめるとのこと。

『Linked-door loves Space Channel 5』画面イメージ (画面は開発中のもの)


『Linked-door loves Space Channel 5』イメージイラスト


[出展情報紹介サイト] :http://innovation.kddi.com/tgs2016/
[協力会社] :グランディング株式会社・株式会社モノビット Space Channel 5 : ©SEGA
 ※1:「Linked-door loves Space Channel 5」において「スペースチャンネル5 ウキウキビューイングショー」に関連する開発は、グランディング株式会社が行っています。
・「HTC VIVE」はHTC Corporationの商標または商標登録です。
・「Space Channel 5」(スペースチャンネル5)は、株式会社セガホールディングスまたはその関連会社の登録商標または商標です。
・本資料に記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。



■「VRクラウド」の開発について
株式会社モノビットのミドルウェア事業部では、『モノビットエンジン』というリアルタイム通信エンジンを開発、販売しており、ネットワークゲームの基幹技術について高いノウハウを持っている。その最先端のネットワークテクノロジーとCTOの中嶋 謙互氏により、「VRクラウド」の開発を行い、VR内で世界中の人々が集えるVRオンラインコンテンツ制作をスムーズに行える環境を提供。

 
VRの最新情報を逃さずキャッチ!







リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( モノビット東京ゲームショウ2016(TGS2016)

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】気分は草薙素子? サイバー空間でハッキングを体験する『DARKNET』のトレイラーが公開
2 ホリエモン、複合エンタメイベントを六本木で2月4日に開催 VRイベントではGOROman氏との特別企画も
3 【おはようVR】ねば~る君のビビりまくり『バイオ7』動画レビュー、ホリエモンの複合エンタメイベントや『スペチャン5 VR』の体験など
4 「鉄道ファン」監修の本格派 ARを使ったアプリ『俺鉄 by the MALT’S』が配信開始
5 【バイオ7】お前が行けよと思わずツッコむ ゆるキャラのねば~る君の動画レビューが公開に…私も家族だキャンペーン開催中
6 VRやMRを体験できるエンタメ施設を提供 電通ベンチャーズ、米の「ツービットサーカス」に出資
7 ボルテージ、“ポケカレ AR”の英語対応版 「Let's Snuggle! AR」の発売を開始
8 日本財託がVRを使った内見サービスを開始  3D Styleeを使用しスマホで簡単に体験が可能
9 電柱にあるQRコード、その先にはVRコンテンツ アジャストが新サービス「Web電柱360」を開始
10 ファッションVRコースという選択肢 最新技術とファッションを学ぶ『Tokyo Fashion-technology Lab』 が原宿に開校
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム