Farpoint、ソニー・インタラクティブエンタテインメント、PlayStationVR(PSVR)に関するVRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【TGS2016】いよいよPSVR専用のFPS『FAR POINT(仮)』がプレイアブル出展 専用のガン型コントローラーでの操作は?

2016年09月16日 08時25分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



2016年9月15日~18日に千葉県・幕張メッセで「東京ゲームショウ2016(TGS2016)」が開催。本稿では、PlayStationVR(PSVR)専用ゲームとして発売予定のFPSゲーム『FAR POINT(仮)』の体験レポートを行う。


 

■気になる銃型のコントローラーの使用感は?


『FAR POINT(仮)』で、まず目を引くのが専用のコントローラーだろう。銃の形をしたトリガー付きコントローラーはVRとの相性は抜群。敵への狙いを定め、銃撃するいう一連の動作を直感的に行うことが可能だ。攻撃の点においては、FPS初心者であってもすぐに慣れることができるだろう。
 

▲コントローラーは軽く、ホールド感も上々。
 

▲どのコントローラーでプレイするよりも狙いを定めやすい。


▲銃の前方部分にあるアナログスティックで移動


▲銃身の後方にある見慣れたデザインのボタン、武器のリロードなどを行う


▲当然トリガーを引くだけで通常攻撃はOK


▲手間に見えるボタンはL1・L2ボタン、グレネードなどのスペシャルウェポン発射で使用する

一方、実際のゲームについてだが、プレイしたステージは砂の惑星といった様相の星で、蜘蛛にも、ヤシガニにも見える生物が、そこかしこから湧いて襲ってくるため、撃退をしていくというもの。進行途中にある細い崖と、視線を下げた先に見える崖下は没入感を否が応でも感じさせられる出来だった。
 

移動時の描画においては気になる部分はあるが、この点はまだ開発中のタイトルであるため、製品版を改めてプレイしたいところ。

『Farpoint』は、現在開発中であり発売日も未定だ。コントローラーもまだ完成形ではないため、変更される可能性もある。開発途中とはいえ専用コントローラで銃撃を行う所作は非常に没入感を深めるということが実感できた。多くのタイトルが発表されているPlayStationVRのなかでも、期待ができるタイトルとなった。


■Farpoint(仮)

株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
PS VR:必須
発売予定日:未定
ジャンル:シューティング
CERO:審査予定


■関連サイト
 

公式サイト

 
© 2016 Sony Interactive Entertainment LLC
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【おはようVR】コロプラ、今夏にVRアクション『TITAN SLAYER』を配信 PSVRで『ゴーストバスターズVR』配信開始など、
2 【PSVR】ソニー・ピクチャーズ、米PS STOREでゲーム『ゴーストバスターズVR』の配信を開始 
3 コロプラ、HTC Vive向け新作VRアクションゲーム『TITAN SLAYER』を今夏に配信決定
4 【PSVR】カプコン、『バイオ7』開発者インタビューを通したメイキング動画を公開 ファミリーは犬を飼っていた?息を止めるアイディアも
5 よむネコ、gumiのグループ会社化と3月31日にVR脱出ゲーム 「エニグマスフィア エンハンスド版」の発売を発表
6 【PSVR】びんぼうソフト、遊園地を制作する『ローラーコースタードリームズ』の体験版を公開
7 人工知能を手掛けるUEI、子会社UEISのマネジメントバイアウトによる独立を発表 UEISはVR・MR・AR技術などを活かしたビジネスへ
8 リクルートライフスタイルの旅行誌『じゃらん』、乃木坂46とコラボした特設ページ「じゃらんVR乃木坂温泉」を公開
9 【ワンダーリーグ調査】「GearVR」向けアプリ全566個を徹底リサーチした結果を発表…モバイル向けVR市場を分析
10 マウスコンピューター、幅22mmの筐体とGTX1070搭載のゲーミングデスクトップ「NEXTGEAR-SLIM」を発表 価格は169,800円(税別)より
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム