ファイナルファンタジーXV、スクウェア・エニックス、PlayStaionVR(PSVR)に関するVRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【TGS2016】スクウェア・エニックスブースは『FFXV』が長蛇の列 VR×マンガの画期的な遊びも

2016年09月16日 08時30分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加




9月15日から9月18日までの期間、千葉幕張メッセにて開催されている「東京ゲームショウ2016(以下 TGS2016)」。ここではスクウェア・エニックスブースの模様をレポートする。

スクウェア・エニックスがもっとも大きく展開していたのは、11月29日の発売が迫る『ファイナルファンタジーXV』だ。これまでアメリカのE3 2016、ドイツのgamescomでの出展はあったものの、日本で大々的にプレイアブル出展されるのは今回が初めてのこと。そんな貴重な機会ということもあって、絶え間なく人が列を作っていた。



本作の試遊はゲームのスタートから序盤をそのまま遊べるというものだった。そのためストーリーも製品版とほぼ同じものが体験できるため、プレイヤーもイベントシーンをスキップせず、じっくりと鑑賞する姿が印象的。また先日劇場公開された映像作品『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』との繋がりを感じさせるシーンもあった。発売に向けて期待が持てる内容であったことは間違いない。

操作面を見てみると、バトルは手軽さを追求している印象を受けた。ボタンを押し続けるだけでなめらかに連続攻撃が発生し、敵が攻撃を繰り出す直前には回避行動を起こすように指示を出してくれる。

『ファイナルファンタジー』のナンバリングタイトルとしては初のアクションRPGとなるが、ライトユーザーでも楽しめる遊びやすさは健在のようだ。オープンワールドを採用していることもあって、メインストーリーをそのまま進めるのではなく、寄り道やバトルを徹底的に楽しむことも可能。人それぞれの楽しみ方がある、オープンワールドの魅力も充分に持ち合わせている。
 
【先日公開された日本語版の最新ゲームプレイ動画】






ブースの周辺では、本作の登場人物を描いたお面が配布されており、こちらもファンの話題となった。リアルなCGで表現されたキャラクターがお面になるという意外性は、スクウェア・エニックスならではと言っていいだろう。ちなみにこのお面は、冒険の仲間である主要キャラクターの4人分が作られているようだが、筆者が訪れたときは主人公・ノクティスのみが配布されていた。






このほかにプレイアブル出展されていたのは『キングダム ハーツ HD2.8 ファイナル チャプター プロローグ』『ワールド オブ ファイナルファンタジー』『ファイナルファンタジーXIV』など。いずれも人気シリーズの関連作であり、同社のタイトルが高い支持を得ていることを改めて印象づけた。






ブースの一角にはVRに関連したコーナーも設けられていた。

そこにはベセスダ・ソフトワークスが開発した『DOOM』『Fallout4』をVRで体験できるスペースに加え、“プロジェクトHikari”と題した一風変わったショーケースも。これはVR空間で漫画作品を楽しめるというもので、自分自身が漫画の中に入っているかのような感覚を体験できる。正確にはゲームではないものの、出版事業を持つスクウェア・エニックスらしい展開だ。


 
(取材・文:ライター  ユマ)
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 東京ゲームショウ2016(TGS2016)ファイナルファンタジーXVPlayStaionVR(PSVR)

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】気分は草薙素子? サイバー空間でハッキングを体験する『DARKNET』のトレイラーが公開
2 ホリエモン、複合エンタメイベントを六本木で2月4日に開催 VRイベントではGOROman氏との特別企画も
3 【おはようVR】ねば~る君のビビりまくり『バイオ7』動画レビュー、ホリエモンの複合エンタメイベントや『スペチャン5 VR』の体験など
4 「鉄道ファン」監修の本格派 ARを使ったアプリ『俺鉄 by the MALT’S』が配信開始
5 【バイオ7】お前が行けよと思わずツッコむ ゆるキャラのねば~る君の動画レビューが公開に…私も家族だキャンペーン開催中
6 VRやMRを体験できるエンタメ施設を提供 電通ベンチャーズ、米の「ツービットサーカス」に出資
7 ボルテージ、“ポケカレ AR”の英語対応版 「Let's Snuggle! AR」の発売を開始
8 日本財託がVRを使った内見サービスを開始  3D Styleeを使用しスマホで簡単に体験が可能
9 電柱にあるQRコード、その先にはVRコンテンツ アジャストが新サービス「Web電柱360」を開始
10 ファッションVRコースという選択肢 最新技術とファッションを学ぶ『Tokyo Fashion-technology Lab』 が原宿に開校
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム