東京ゲームショウ2016(TGS2016)、ソニー・インタラクティブエンタテインメント、PlayStaionVR(PSVR)に関するVRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【TGS2016】無限に広がる宇宙を駆ける! 『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』VR対応コンテンツ体験レポート

2016年09月17日 03時30分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



9月15日(木)から9月18日(日)までの期間、千葉幕張メッセにて開催されている「東京ゲームショウ2016」。本稿ではプレイアブル出展されたPlayStation VR(以下、PS VR)用コンテンツ『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)のスピンオフコンテンツ「Jackal Assault」の体験レポートをお届けする。

『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』は、人気FPSシリーズの最新作。ソニー・インタラクティブエンタテインメントブース内では、対戦モードとは別にストーリーモードに則ったVR対応のスピンオフコンテンツ「Jackal Assault」がプレイアブル出展された。

本作では、プレイヤーが地球の衛星軌道上を周回する部隊の一員となり、宇宙で突如現れた未確認部隊と交戦する。すでに公開されているキャンペーンの序盤と似た内容だが、こちらはVR用に開発された専用のスピンオフコンテンツとなってる。



PlayStation VRを装着すると、そこに広がっていたのは母艦「レトリビューション」のドック内部。プレイヤーは宇宙服を着込み、自機「ジャッカル」に搭乗している状態からスタートする。やがてリーダーに誘導されながら宇宙へ飛び立ち、チュートリアルとして宇宙戦闘機の操作方法を確認していく。

操作自体は非常に簡単で、コントローラーの左スティックで加速・減速、右スティックで上下左右の移動を行う。また、武器としてはR2ボタンで機関銃、L2ボタンでロックオン式の誘導弾が使用可能となっている。

そしていよいよ戦闘開始となると、360度様々なところから正体不明機が襲い掛かってくる。命中すれば一撃で撃墜できる誘導弾が非常に便利なので、敵を目視しながら次々にロックオン→発射がオススメ。ただし、若干のリロードタイムがあるため、その間は機銃で応戦することになる。



一定時間が経つと敵艦がレーザー砲を放ち、目の前が光に包まれたところでゲームは終了となる。最後に撃墜した敵機の数がスコアとして表示されるので、ハイスコアを目指して楽しむのもいい。

白兵戦でないため『コール オブ デューティ』らしさはあまりないが、戦闘機で宇宙を駆ける様子はたしかに興奮する。シリーズ作品の新たな表現に挑戦した本作を、ぜひ一度体験してみよう。なお、本コンテンツは2016年11月4日(金)発売となる『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』購入ユーザー向けの無料DLCコンテンツとなっている。


 
(取材・文:ライター  長戸勲)

【関連記事】
発売前に知っておきたいPlayStationVR(PSVR)の5つの情報 ローンチタイトルや装着感、予約など

© 2016 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, MODERN WARFARE, CALL OF DUTY MODERN WARFARE, and CALL OF DUTY INFINITE WARFARE are trademarks of Activision Publishing, Inc.
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 東京ゲームショウ2016(TGS2016)コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェアPlayStaionVR(PSVR)

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】気分は草薙素子? サイバー空間でハッキングを体験する『DARKNET』のトレイラーが公開
2 ホリエモン、複合エンタメイベントを六本木で2月4日に開催 VRイベントではGOROman氏との特別企画も
3 【おはようVR】ねば~る君のビビりまくり『バイオ7』動画レビュー、ホリエモンの複合エンタメイベントや『スペチャン5 VR』の体験など
4 「鉄道ファン」監修の本格派 ARを使ったアプリ『俺鉄 by the MALT’S』が配信開始
5 【バイオ7】お前が行けよと思わずツッコむ ゆるキャラのねば~る君の動画レビューが公開に…私も家族だキャンペーン開催中
6 VRやMRを体験できるエンタメ施設を提供 電通ベンチャーズ、米の「ツービットサーカス」に出資
7 ボルテージ、“ポケカレ AR”の英語対応版 「Let's Snuggle! AR」の発売を開始
8 日本財託がVRを使った内見サービスを開始  3D Styleeを使用しスマホで簡単に体験が可能
9 電柱にあるQRコード、その先にはVRコンテンツ アジャストが新サービス「Web電柱360」を開始
10 ファッションVRコースという選択肢 最新技術とファッションを学ぶ『Tokyo Fashion-technology Lab』 が原宿に開校
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム