東京ゲームショウ2016(TGS2016)、Vuzixに関するVRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【TGS2016】使用用途は様々 Vuzixブースでビデオヘッドフォン「iWear」を体験

2016年09月17日 17時45分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



9月15日から9月18日までの期間、千葉幕張メッセにて開催されている「東京ゲームショウ2016(以下 TGS2016)」。「VR元年」たる今年は、やはりかなりのVR推し。そんな中、10年以上前からHMDの開発と販売を行ってきた「Vuzix(ビュージックス)」ブースにお邪魔して、実機視聴と担当者の話を聞いてきた。

HMDのみならずスマートグラスにおいても実績を持つVuzix。もう何年も前から日本国内の大企業と協業して、工場内など実際の業務に使用できるようなアイテムも開発してきた。

今回メインで出展されていたのは「iWear」なるビデオヘッドフォンで、これはホームエンターテイメントスクリーンとしてデザインされている製品だ。よって、VRに特化したものではなく、美麗な映像コンテンツを楽しめる高解像度が魅力。ドット間が網目になるスクリーンドア現象がなく、視聴に際して不安は少ない。



入力解像度は640×480~1920×1080。内蔵のヘッドトラッキングセンサーによりVR機器としても普通に使用できる。USB以外にもHDMIがあるため、端子のあるどんな機器にも使用できる事が最大の魅力だろう。

実際に用途例として展示されていたものは、PCやゲームやスマホ、Blu-rayレコーダーなど。さらにはドローンや顕微鏡などにも接続可能。ドローンは開催場所の規定によりバッテリーやプロペラを外されていたが、是非一度上空からのリアルタイムな視聴をしてみたいものだ。もっとも、操作の習熟には時間がかかってしまいそうだが。





使用感としては、下部に隙間があるため熱がこもらず連続使用が可能。遮光フィールドなど没入感を増やす際には隙間を埋めるパーツが用意されているので、そちらにも不安はない。内部構造はガッツリと左右が分かれているため「視聴に違和感があるのでは?」と思ったが、これまでに体験したHMDの中でも違和感なく装着できた事を記しておきたい。



また、SteamVRプラグインの詳細が公式HPにあるため、Steamを利用している方はそちらもチェックだ。開発者向けにUnity無償アセットも配布している。


 

■Vuzix柏氏に聞く、これからのHMD・VR


――:国内向けのVR状況はどうですか?

柏氏:正直日本が一番厳しいですね。PlayStationVRが出てきて認知され始めましたが……。『ポケモンGO』でARという言葉が一気に普及したんで、VRもこれからではないかと。OculusはPCのスペックが要求されてしまうので、結局高価ですよね。そういう面でも、PlayStationVRがリードすると思います。


――:出展場所がVRブースではありませんね。

柏氏:当社の製品はVR対応HMDですので、今回はこちら(グリーブースの横)に出展しております。来年くらいはVRとしてもブースを出したいですね。今回はVR系のHMDがいくつか出ていますが、そのレベルは様々。映像視聴用のHMDが逆に皆無に近いんです。VRに囚われてしまって、綺麗な映像を観られるものが少ない。3D視聴用HMDとしての我々はある意味隙間産業でやっています。現状のVRのHMDは割と簡単に作れてしまいますから、皆さんこぞって作っていると思うんです。しかし当社の製品「iWear」ともなるとそう簡単には作れません。その点ではノウハウもありますしリードしていますね。


――:SteamVRの対応もしていますね。

柏氏:最近対応しました。しかしSteamと言っても、まだまだ皆さん知らないんですよね。だからSteamVRを知っているユーザーさんは本当に少ない。実は今回、SteamVRでのデモをやろうかと考えていたんですが、CEDEC2016の現場で「Steamってなんですか?」と聞かれた事から「ここでSteamをやるのは止めよう」と決めました。デベロッパーでそうですから、一般の方に分からないのでは意味がありません。

余談ですが「Androidってなんですか?」と聞かれた事もあったりします。業界の人間として、これはもっと頑張らなきゃいけないなと実感しました。VRについてはいかに敷居を下げるかが本当に重要で、コンシューマーではそこを常々気にかけています。だからこそ、VRの普及、認知度の向上としてPlayStationVRさんには成功していただきたいんですよ。そこから間口を広げていって、業界全体を盛り上げていただきたい。我々もVR業界を盛り上げて行きます!
 
 
(取材・文:ライター  平工泰久)
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Vuzix東京ゲームショウ2016(TGS2016)

注目の新作VRゲーム

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】慌ててHMDを外す人も…『バイオ7』をプレイする人々の様子を収めたムービーが公開
2 VR記事アクセスランキング(12月3日~9日)…『FF15』や『バイオ7』などPSVR関連の記事が人気に
3 『FF15』の無料アップデートのロードマップが公開に チャプター13の満足度向上や、ゲーム後半の演出を強化など
4 【PSVR】VRでクリアする自信がない 『バイオ7』のプレイムービーが一挙公開に…恐怖体験のネタバレも?
5 【Daydream】ワクワクが止まらない! Googleが対応アプリのトレイラーを公開…ドラマ、ゲーム、ストリートビューや教育アプリなど
6 【PSVR】VRリラクゼーション 『anywhereVR』がリリース Twitterやスマフォの画面をVR空間に表示も
7 【おはようVR】『バイオ7』の恐怖のプレイムービーが公開 VRでリラックス『anywhereVR』や、EpicGames河崎氏が語るUE4の魅力など
8 【Daydream】VRで公道を疾走 熱いチェイスも魅力の『Need For Speed』360度トレイラーが公開に
9 ゲームエンジンはAIの学習にも? EpicGamesの河崎氏が 「ゲームクリエイティヴ&ビヨンド」で語ったUnrealEngineの魅力と想定しなかった使用例とは【JCFF】
10 エムール、寝具とVRを組み合わせた「近未来の眠り体感イベント」を東急ハンズ渋谷店内のインストアスペースで開催
11位以下のランキングを見る