東京ゲームショウ2016(TGS2016)、Shenzhen Dlodlo Technologiesに関するVRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【TGS2016】もはやただのサングラス 中国発の超軽量VRグラス『Dlodlo V1』の装着感とその性能は?

2016年09月17日 23時40分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



9月15日から9月18日までの期間、千葉幕張メッセにて開催されている「東京ゲームショウ2016」。本稿ではShenzhen Dlodlo Technologiesのブースの様子と、そのパートナーである双日プラネットの担当者からお話を聞くことができたので、その内容についてお届けする。

Shenzhen Dlodlo Technologiesのブースでは、一見するとウェーイ系のサングラスではないか?という外観に、重さわずか88gの超軽量VRグラス『Dlodlo V1』が展示されていた。
 



『Dlodlo V1』の性能は、

・ディスプレイ:2400×1200
・視野角:105度
・フレームレート:90Hz

となっており、そのサイズと重量を考えるとかなりの性能だ。ブースでは『Dlodlo V1』とPCを接続し、ゲームコントローラーを使用したアクションゲームをプレイすることができた。内容は全方位から現れる悪魔のような敵を、倒していくというシンプルなものであったが、試遊した限りにおいては表示される映像に気になる点はなかった。

装着はメガネをかけるのと同じ手軽さで、髪型の乱れを気にすることもない、女性にとっては敷居が1段下がる仕様になっている。ただ、レンズの部分に重さが集中するため、装着中のグラスの密着性が気になることがあった。

ただし、この問題については、同様の指摘をした体験者が他にもいたようで、既に緊急開発チームができており改良を行う予定とのことだ。

また今後グラスにチップセットを内蔵し、オールインワン型の端末としても検討しているという。Shenzhen Dlodlo Technologiesは、シリコンバレーにも研究開発チームがあり、世界で信頼できる中国の製品を作りたいという想いが凄く強い、とのことで是非期待したい。

『Dlodlo V1』は装着のしやすさ、そして、その軽さと性能から非常に楽しみなVRグラスだ。装着感の問題も改善されれば一気にマーケットで広がる可能性も秘めている。出来上がる完成品を期待して待ちたいプロダクトとなった。生産は今年の12月からを予定している。
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 東京ゲームショウ2016(TGS2016)Shenzhen Dlodlo Technologies

注目の新作VRゲーム

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】『コズミックフロント☆NEXTVR 南米星空編』がリリース ボリビアの「ウユニ塩原」などを自宅でゆっくりとVRで
2 モブキャスト、VRトレーラー『18 夢世界VR』が体験できるブースを東京コミコンに出展 360Channelで配信も
3 【PSVR】ubisoftの『イーグルフライト』、 PSVR x Oculus Rift x HTC Viveの間でマルチプレイが可能に
4 【おはようVR】CAが子会社「VR Agent」を設立 『サマーレッスン』の追加パック発売、『絶体絶命都市』がVRに対応など
5 マウスコンピューター、GTX 1060を搭載したVR Ready対応のノートPC「DAIV-NG5710」シリーズを販売開始…14万9800円(税別)から
6 ワンオペをVR体験!! ダズル、バーガーショップをワンオペで回す『ONEMAN VURGER』を近日公開へ
7 Core i x GTX 1060 x HTCVive のお得なセットモデルがパソコン工房から登場 18万9780円(税別)から
8 RICOH THETAを使った親子写真教室、不動産内覧、音楽フェスまで、その活用事例が公開
9 体験会に行けなかった人は是非 クーロンゲートVR試作版の360度動画が公開に
10 NVIDIAのQuadro GPUで生成される仮想空間 戦闘機パイロットの能力向上に欠かせないVRトレーニングとは?
11位以下のランキングを見る