東京ゲームショウ2016(TGS2016)、アソビモに関するVRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【TGS2016】手の動きでキャラを操作! アソビモブースで試遊できた新感覚VRゲーム『フェアリーランドVR』『ハッピー太郎君VR』試遊レポ

2016年09月20日 11時30分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



9月15日から9月18日までの期間、千葉幕張メッセにて開催された「東京ゲームショウ2016(以下 TGS2016)」。本稿ではスマホMMORPGで有名なアソビモブースより、参考出展されたVRソフト『フェアリーランドVR』『ハッピー太郎君VR』を紹介する。

アソビモが参考展示したVRゲームは、“手と指の動き”を感知して、奥行きまで含めた立体的な操作が可能な「Leap Motion(リープモーション)」を活用している。手の動きがダイレクトに反映されるため、コントローラーよりも直感的な操作ができるのが特徴だ。



ファンタジーアクションゲーム『フェアリーランドVR』では、剣・盾・魔法を使用して巨大な敵と戦う。まず、チュートリアルとして右手を使用した移動方法から確認。こちらは手を上下左右にふることで、キャラクターが動きに合わせた移動を行う。

少し進むとモンスターが現れ、すぐさま戦闘モードに移行。ここでは、右手を握ると剣が、左手を握ると盾が出現。さらに両手を前にかざすと遠距離から攻撃できる魔法を放てる。
 



敵の動きに合わせて攻撃(2種)と防御を切り替えながら戦うのは、なかなか忙しい。とくに最後のボスは剣で届かない場所から攻撃してくるため、ゲージ消費かつタメが必要な魔法を頻繁に行う必要がある。チャージタイム中に攻撃されそうになると、すかさず盾に切り替えるなど、なかなか白熱した戦いが楽しめた。

相手の動きをよく見て、攻撃方法を試行錯誤するのはやはり楽しい。“巨大な敵と自分自身が戦う”感覚が存分に味わえた。
 

次にランニングゲーム『ハッピー太郎君VR』。こちらは『フェアリーランドVR』よりもシンプルで、ひたすら道路を疾走する太郎君を操り、ゴールを目指すというもの。



3レーンあるコースを進みながら、手を左右にスライドさせることで、太郎君も左右に移動。手を上げるとジャンプ、下げるとスライディングができ、これらを使い分けながら障害物を避けていく。道中にはおにぎりなどのアイテムが落ちているので、積極的に入手して得点を稼ごう、という内容だ。

こういった単純明快なゲームこそ、ついハマってしまうもの。アイテムをすべて拾うのは中々の難易度で、何度も繰り返しプレイしたくなった。


なお、上記2タイトルは参考出展であり、リリース時期は未定。試遊では「Oculus Rift」を使用していたが、こちらも変更する可能性もあるという。今後の動向に注目だ。
 
(取材・文:ライター  長戸勲)
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アソビモ東京ゲームショウ2016(TGS2016)

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】国内PS STOREランキング カプコンの『KITCHEN』が首位に 『星の欠片の物語、ひとかけら版』も好調
2 【PSVR】ACライクなロボットACT『Code51:Mecha Arena』が北米でリリース
3 VR ZONE SHINJUKU、カラーチケット制を廃止 1day4チケットで同じアクティビティ4回も可能に
4 【おはようVR】『ドラクエVR』の新PVが公開 六本木に「PlayStationVR STREET」登場など
5 アルファコード、「安全教育ツール360°VR」を世界大手の建設用クレーンメーカー「タダノ」向けに提供
6 ユニットコム、Ryzen 5 1600とGTX 1060搭載の静音ミニタワーゲームPCを発売 147,938円(税込)から
7 【セミナーレポート】ロケーションVRの問題共有します ファンデーションは落ちない、その機材は本当に壊れている? 運営を通してわかった既存店舗との違いとは【後編】
8 TVアニメ『One Room』VRプロジェクト体験会を5月3日から秋葉原で開催
9 【PSVR】『アカウンティング+』が4月25日に国内でリリース
10 【おはようVR】『アカウンティング+』が国内リリース予定 Googleが3Dオーディオ SDKオープンソース化
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど