GoPro、ドローンに関するVR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

GoPro、コンパクトで携帯性に優れたドローン「Karma」発表 ゲーム機のようなコントローラーにはタッチパネルが搭載

2016年09月23日 16時39分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



GoProの創業者兼CEOのニコラス・ウッドマン(Nicholas Woodman)氏は、カリフォルニア州レイクタホからほど近いスコーバレーに集まった世界各国の報道陣に対し、HERO5カメラ、クラウドベースのソフトウェア、ドローンのKarmaといった新製品を紹介した。

■GoProの創業者兼CEOのニコラス・ウッドマン氏 コメント
当社は、素晴らしいストーリーを簡単に撮影・共有できるようにするという公約を実行してきました。そして今回ご紹介したHERO5では、写真や動画をGoPro Plusアカウントに自動アップロードする機能により、外出先でもモバイルで編集・共有して楽しむことがとても簡単にできるようになりました。このような革新的な体験を今後もお届けしていきます。

Karmaをここに発表できること、そしてKarmaが単なるドローンではないことをご紹介でき、当社としても非常にうれしく思います。Karmaは空中から、または手持ちやギアへのマウントでブレのないハリウッド映画クオリティの撮影を$799で可能にします。使いやすく、初心者でもすぐに楽しむことができます。



 

■KARMA – Much More Than a Drone.




Karmaは小さなバックパックに収まるコンパクトなデザインが特徴。スタビライゼーショングリップも装備されており、手で持ったり車両やギアなどに取り付けることもできる。Karmaを使えばどんなアクティビティをしているときでも驚くほどスムーズで安定した動画撮影が誰でも簡単にできるという。

Karmaは他のどのドローンとも異なり、初期のセットアップが簡単ですぐに使える。

■コンパクトで折りたためるため、システム全体が付属のバックパックに収納できる。さまざまなアクティビティの際に着用できるこのバッグは快適な使い心地で、着用しているのも忘れるほど。



■ゲーム機のようなコントローラーにはタッチパネルが搭載されており、楽しく、速く、簡単に操作することができる。Karmaの動きを別の携帯電話やタブレットから確認する必要はない。


■3軸カメラスタビライザーをドローンから取り外して同梱のKarma Gripに取り付け、手持ちで、またはギアにマウントして、動画の撮影を非常にスムーズに行うこともできる。


■Karmaは米国にて10月23日より発売予定で以下のセットを用意。日本国内での発売時期・価格は未定。

■Karmaのみ。GoProカメラなし:メーカー小売希望価格$799.99
■KarmaとHERO5 Blackのセット:メーカー小売希望価格$1099.99
■KarmaとHERO5 Sessionのセット:メーカー小売希望価格$999.99(2017年初頭発売)

詳細は下記より
http://jp.shop.gopro.com/APAC/karma
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 『FFXV』のブースターパックやアップデートが公開 PS4Proで60FPS、200枚まで写真保存、『NieR:Automata』楽曲追加、コラボPVも
2 【PSVR】DmC Devil May Cryを手掛けたNinja Theory、火と氷を使って敵の属性を突くSTG『DEXED』をリリース
3 【おはようVR】『FFXV』や『ヒア・ゼイ・ライ』のアップデート ジグノシステムジャパンの簡単にVRコンテンツを生成する「ブラウザVR」など
4 ゲーム関連のスタイリッシュアイテムが揃う「iam8bit」の日本ストアがオープン 国内限定『Rez Infinite』コンプリートパックなどの販売も
5 ゲートウエイ、ダイキサウンドと業務提携契約 取引先である音楽レーベル各社、アーティストのVRコンテンツを配信へ
6 洲本市、「さあ!洲本で島活。」を浅草で開催 VR映像をSIMVRを使って楽しむ「洲本上空パラセーリングコーナー」や武田玲奈さんが出演する360度動画など
7 360Channel、残念な寝顔にも程があるイケメン猫「セツくん」のVR動画を一挙公開 
8 凸版印刷、往時の彦根城を再現したVR作品『国宝彦根城 城づくり編・町づくり編』を制作 国宝・彦根城築城410年祭」で上映
9 WEBベースのVRアプリオーサリングツール『InstaVR』がHTC Vive出力に対応 モバイルでは困難だった高品質・長時間の提供を実現
10 ゆめみ、VRコンテンツ作成教材『VR Studies』を無償公開 エンジニア以外の職種でのVR理解を深める
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム