CEDEC+KYUSHU 2016に関するVRセミナー記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

「CEDEC+KYUSHU 2016」VR関連の講演も含む全30セッション決定 九州初出展もある全7種のVR機器の体験会も実施

2016年09月26日 10時30分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



2016年10月22日(土)に福岡市の九州大学 大橋キャンパスにて開催のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC+KYUSHU 2016(主催:CEDEC+KYUSHU 2016実行委員会、共催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会)」で実施される全30セッションが決定したことを発表した。

『ファイナルファンタジーXV』ディレクター田畑端氏の基調講演やバンダイナムコエンターテインメント原田勝弘氏・玉置絢氏、面白法人カヤック柳澤大輔氏などによる特別講演のほか、九州企業・招待企業によるここでしか受講することのできないセッションなど、技術セッションを中心に全30セッションを実施。

※全セッションの詳細およびタイムテーブルは公式Webサイトをご参照ください。
http://cedec-kyushu.jp/2016/session.html


<本日追加発表のセッション(一部)>
「社長に訊く!ゲームサウンドの歴史と現代のサウンドメイキング」
<セッション内容>
ゲーム黎明期から現代にいたるまでのサウンドメイキングの変遷と、スマホやVRなどの新しいプラットフォームでの音作りについて、ノイジークロークの坂本英城氏が案内人となり、長年にわたり第一線でゲームサウンド業界を牽引されてきた光田康典氏、中條謙自氏に楽しくお話を伺うプレミアムなトークセッションです。

【講演者】
■有限会社プロキオン・スタジオ 取締役社長/作曲家・編曲家・プロデューサー 光田康典氏
(代表作:「クロノ・トリガー」、「クロノ・クロス」、「ゼノギアス」、「イナズマイレブン」シリーズなど)

■株式会社ATTIC INC. 代表取締役/サウンドプロデューサー 中條謙自氏
(代表作:「戦国無双」シリーズ、「討鬼伝」 、「リゾートへようこそ ~総支配人は恋をする~」など)

■株式会社ノイジークローク 代表取締役/作曲家/プロデューサー 坂本英城氏
(代表作:「討鬼伝」シリーズ、「無限回廊」、「勇者のくせになまいきだ:3D」、「タイムトラベラーズ」など)


「レベルファイブ式 人気キャラクターの作り方(仮)」
<セッション内容>
「妖怪ウォッチ」「レイトン教授」「イナズマイレブン」などでおなじみの人気キャラクターたちは、どのようにして生み出されたのか、発想の原点からデザインに落とし込むまでのプロセスを解説。愛されるキャラクター作りの秘訣をお話します。

【講演者】
■株式会社レベルファイブ 代表取締役社長/CEO 日野晃博氏
■株式会社レベルファイブ キャラクターデザイナー 長野拓造氏
※セッションの内容は変更になる可能性がございます。


「RE ENGINEにおけるアセット変換の歴史とキャッシュ共有」
<セッション内容>
本セッションでは、カプコン内製のゲームエンジンであるRE ENGINEに採用されているキャッシュ共有の仕組みをご紹介します。キャッシュ共有の仕組みに入る前に、MT FRAMEWORKでどのようなアセット変換手法を採用し、RE ENGINEに向けてどのような取り組みを行ってきたかについてもお話します。キャッシュ共有を実際に運用した成果につきましてもご紹介します。

【講演者】
株式会社カプコン 技術研究開発部 技術開発室 是松匡亮氏


「アニメ、ゲームにおける超演出対談(仮)」
【講演者】
■株式会社ぴえろ 伊達勇登氏
(「魔法少女シリーズ」「NARUTO-ナルト-」等を手掛けるアニメーション監督)

■株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役 松山洋氏
※セッション内容等詳細については公式webサイトにて、随時公開致します。

※全セッションの詳細およびタイムテーブルは公式Webサイトをご参照ください。
http://cedec-kyushu.jp/2016/session.html


全7機種のVR体験会や「FFXV」試遊などのイベントも開催!
PlayStation®VR、Oculus Touchをはじめとした全7種のVR機器の体験会を実施!
九州エリア初出展となるVRもございますので、是非この機会にご体験ください!
※VR体験会は整理券を配布致します。詳細は公式Webサイト( http://cedec-kyushu.jp/2016/vr.html)にて順次ご案内いたします。


▲Oculus Touch


▲HTC Vive


▲IDEALENS K2


▲Merge VR


▲FOVE


▲OSVR HDK2.0


◆「ファイナルファンタジーXV」(PlayStation®4)の試遊を実施!



※「FFXV」試遊の詳細は別途公式Webサイト(http://cedec-kyushu.jp/2016/experience.html)にて順次ご案内いたします。
※当日試遊できる人数には限りがございます。試遊できない場合がございますので予めご了承ください。

「ファイナルファンタジーXV」11月29日(火)発売予定
最新トレーラーはこちら: http://sqex.to/ska


■スポンサー情報公開
この度、CEDEC+KYUSHU 2016においてプレミアスポンサーの株式会社サイバーエージェント、株式会社Cygamesをはじめ、多数の企業様にスポンサー協賛のご協力を頂きました。各スポンサーには講演セッションやブース出展等を行って頂きます。

プレミアスポンサー



プラチナスポンサー




ゴールドスポンサーには、 Audiokinetic株式会社、 SCSK株式会社、株式会社CRI・ミドルウェア、ダイキン工業株式会社、株式
会社Too、 株式会社Project White ツクモ福岡店、株式会社DMM.com、日本シノプシス合同会社、フォントワークス株式会社、
株式会社モリサワが決定しております。

詳細は公式Webサイトをご参照ください。( http://cedec-kyushu.jp/2016/sponsor.html


■「 CEDEC+KYUSHU 2016 」受講者受付中!
現在「CEDEC+KYUSHU 2016」の公式Webサイト(http://cedec-kyushu.jp/)にて受講者受付中です。 参加対象は、コンピュータエンターテインメント開発に関わる技術者やクリエイタ―、学生など。ぜひご参加ください!

受講料(税込)
一般2,000円、学生500円、
団体割引(10人以上の申込)1,500円

受講受付詳細
http://cedec-kyushu.jp/2016/entry.html


Ⓒ 2016 HTC Corporation. All Rights Reserved. Ⓒ 2016 Idealens. All rights reserved. Ⓒ CREEK & RIVER Co.,Ltd. All Rights reserved.
Ⓒ 2016 Merge Labs, Inc. Ⓒ Fove-inc. All Rights Reserved. © 2016 Open Source Virtual Reality.
©2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.MAIN CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( CEDEC+KYUSHU 2016

ピックアップ

記事ランキング

1 【イベント】ARライブの新しい可能性を示した「AR performers 1st A’ LIVE」をレポート…内田明理氏が手掛ける注目プロジェクト
2 VR記事アクセスランキング(1月7日~13日)…発売間近の『バイオ7』が人気、水口哲也氏インタビューやNintendo Switchも注目集める
3 サラッと紹介 いよいよ詳細が発表された『Nintendo Switch』…そのスペックや予約開始日、発売されるソフトとは
4 ARも使った街歩きゲーム 高円寺商店街連合会が、KOENJI QUEST(高円寺商店街RPG ~Master of Koenji~)を2月に開催…参加無料
5 【PSVR】発売まで後2週間!! 『バイオ7』のWelcome Homeトレイラーが公開
6 【PSVR】自宅をテーマパークに!! 2Kが『カーニバル ゲームズVR』を販売開始…2丁拳銃でSTGやアスレチックのような施設の体験も
7 録画予約はもう済んだ? 日本初の子供向けエデュテインメントVR番組「パックン&河北麻友子のあつまれ!VRフレンズ」の第2回が本日放送 
8 【おはようVR】PSVRで『サマーレッスン』DLC、『カーニバル ゲームズVR』が発売 群馬県でARを使った街探索型観光ゲームなど
9 Nintendo Switch で『真・女神転生』のシリーズ最新作が発表に
10 宇多田ヒカルのライブVR体験も スペースシャワーTVのイベント「TOKYO MUSIC ODYSSEY 2017」の詳細が発表に
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム