DMM.com、ドローンに関するVR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ポケットにも収まる! DMMより10月7日発売予定の4K画質高性能・小型セルフィードローン「DOBBY」が本日予約開始 価格は54,800円(税込)

2016年09月27日 14時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



DMM.comは、高性能・小型セルフィードローン「DOBBY(ドビー)」を、DMM.make ROBOTSサイトにて9月27日(火)より予約販売を開始、10月7日より発売すると発表した。

「DOBBY」はポケットに収まる大きさの自撮り用ドローン。たった199gの軽量コンパクトな本体でありながら、1,300万画素の多機能カメラを搭載しており高解像度撮影(静止画:4K・動画:フルHD、EIS画像安定化後 1080p)ができる。気軽にどこへでも持ち出して、これまでにない自撮り(セルフィー)を誰でも楽しめるという。

室内でも安定したホバーリング、そして室外で多少の風でもフライトが可能。また、多彩な撮影モード、手のひらから飛ぶ/降りる、音声や体感による簡単操作、10sスマートトラック映像、スマート自動追跡、顔認識などの機能、GPSと感知システムによる安定的な自律飛行を実現。驚くほどカンタン・きれいに、そして普段撮ることができない自撮り撮影が可能になる。


【予約・販売について】
DMMはロボットキャリア事業である「DMM.make ROBOTS」の新規ラインナップとして「DOBBY」の取り扱いを開始。「DOBBY Standard」の販売価格は54,800円(税込)でDMM.make ROBOTSサイトにて9月27日より予約販売を開始、10月7日より発売。また「DOBBY」のオプションとして予備バッテリー、予備プロペラ、プロペラプロテクターも取り扱う。


【販売チャネル】
「DMM.make ROBOTS」は、自社ECサイトだけではなく、販売チャネルであるAmazon.co.jpやイオンリテール株式会社、株式会社高島屋、株式会社東急ハンズ、株式会社ロフトなどの一般消費者向け販売チャネルと、PwCコンサルティング合同会社などの法人向け販売チャネルを通じて、「DOBBY」をより多くのユーザーへ提供することにより、誰でも簡単・気軽に操作して撮影を楽しめる、カジュアルドローンという新しい市場を創出するべく努力していくとのこと。


■高性能・小型セルフィードローン「DOBBY Standard」


販売価格 : 54,800円(税込)
予約開始日 : 9月27日(火)11時~
発売日 : 10月7日
製品URL : http://robots.dmm.com/robot/dobby


■付属品
・DOBBY本体(1個)
・バッテリー (1個)
・チャージングドック (1個)
・充電用USBケーブル(1個)
・ACアダプター(1個)
・変換アダプター (1個)
・取扱説明書 (1個)

■オプション
・予備バッテリー        販売価格:6,999円(税込)
・予備プロペラ        販売価格:1,980円(税込)
・プロペラプロテクター    販売価格:1,580円(税込)

■スペック

 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ドローンDMM.com

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】気分は草薙素子? サイバー空間でハッキングを体験する『DARKNET』のトレイラーが公開
2 ホリエモン、複合エンタメイベントを六本木で2月4日に開催 VRイベントではGOROman氏との特別企画も
3 【おはようVR】ねば~る君のビビりまくり『バイオ7』動画レビュー、ホリエモンの複合エンタメイベントや『スペチャン5 VR』の体験など
4 「鉄道ファン」監修の本格派 ARを使ったアプリ『俺鉄 by the MALT’S』が配信開始
5 【バイオ7】お前が行けよと思わずツッコむ ゆるキャラのねば~る君の動画レビューが公開に…私も家族だキャンペーン開催中
6 VRやMRを体験できるエンタメ施設を提供 電通ベンチャーズ、米の「ツービットサーカス」に出資
7 ボルテージ、“ポケカレ AR”の英語対応版 「Let's Snuggle! AR」の発売を開始
8 日本財託がVRを使った内見サービスを開始  3D Styleeを使用しスマホで簡単に体験が可能
9 電柱にあるQRコード、その先にはVRコンテンツ アジャストが新サービス「Web電柱360」を開始
10 ファッションVRコースという選択肢 最新技術とファッションを学ぶ『Tokyo Fashion-technology Lab』 が原宿に開校
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム