グリーに関するVRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

「Japan VR Summit 2」が11月16日に開催決定 北米同様にVR市場が盛り上がる中国からもキープレイヤーが集結

2016年09月29日 15時27分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



グリーは、一般社団法人 VRコンソーシアム(以下「VRC」)と2016年5月10日に共同で主催した国内初の大型VRカンファレンス「Japan VR Summit(以下、「JVRS1」)」の第2回目を、「Japan VR Summit 2(以下、「JVRS2」)として11月16日(水)に開催することを発表した。

2016年は各メーカーからヘッドマウントディスプレイ(HMD)が相次いで発売されることから、「VR元年」と呼ばれている。第1回目のJVRS1では、VRのプラットフォーマーであるHTC、Oculus、Sonyの事業責任者などが登壇し、約500名が参加するなどVR市場に対する期待を伺わせる盛大なカンファレンスとなった。

第2回目のJVRS2では、北米同様にVR市場が盛り上がっている中国(※)から、「BaoFeng Mojing」のZeng Xianzhong(曽 憲忠) 副社長/パートナー、「3Glasses」のJessie Wang(王 潔) ファウンダー&CEO、「FAMIKU」のFrederick ファウンダー&CEOを招いて、「世界最大?中国VR市場のポテンシャル」と題したセッションにて中国市場の現状と今後について議論するとのこと。

その他にも、「VRアトラクション」や「投資家が展望するVRの収益化」などについて、国内外のキープレイヤーが登壇。

※リサーチ会社のiiMedia Researchによると、中国のVR市場規模は2016年に56.6億元
(約870億円)、2020年には556.3億元(約8570億円)に達すると予測している。

 
【5月に開催されたJapan VR Summitの様子】








 

■「Japan VR Summit 2」詳細


日時:2016年11月16日(水) 9:00開場 10:00開始(21:30終了)
会場:ロイヤルパークホテル(水天宮)
主催:グリー株式会社、一般社団法人 VRコンソーシアム
運営:Japan VR Summit事務局
参加費:早割(10月25日まで)およびVRC会員料金:32,000円(税込)
正規料金:50,000円(税込)
概要:
VR市場におけるキープレイヤーによるパネルディスカッションの他、協賛および招待企業によるデモ展示を実施。
参加申し込み方法:
Japan VR Summit公式サイトの「お申し込み」ボタンより、チケット販売サイト
(Peatix)へ遷移し、お申し込みください。
公式サイト:http://jvrs.org/
Facebook公式アカウント:http://www.facebook.com/JapanVRSummit

スケジュール:
10:00 - 開会挨拶
10:05 - 11:15 Session I :「VR トッププレイヤーが描く2020年のビジョン」
11:45 - 13:00 Session II :「世界最大?中国VR市場のポテンシャル」
13:00 - 14:15 Welcome Lunch
14:15 - 15:30 Session III:「先駆者から学ぶ~VRアトラクション編~」
16:00 - 17:15 Session IV:「さまざまな産業におけるVR/ARの活用事例」
17:45 - 19:00 Session V :「投資家が展望するVRの収益化」
19:30 - 21:30 Reception

※セッションタイトルおよび登壇者は、予告なく変更する場合があります。
※Welcome LunchおよびReceptionは、軽食とドリンクをご用意した懇親会です。

登壇者:
浜村 弘一(カドカワ株式会社 / 取締役 ファミ通グループ代表)
Karen Zu(Beijing Pico Technology Co., Ltd. / CMO)
川島 優志(Niantic Inc. / アジア統括本部長)
久保田 瞬(株式会社Mogura / 代表取締役 Mogura VR編集長)
Kevin Zhang(Upfront Ventures / Principal)
小山 順一朗(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)
Jessie Wang(3Glasses / Founder & CEO)
Joel Breton(HTC Vive / VP Global VR Content)
新 清士(Tokyo VR Startups株式会社 / 取締役)
高橋 泰生(ソニー・インタラクティブエンタテインメント / グローバル商品企画部 担当課長)
田中 章雄(インフィニティ・ベンチャーズLLP / 共同代表パートナー)
田宮 幸春(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)
Zeng Xianzhong(BaoFeng Mojing / Vice President Partner)
筒井 鉄平(GREE VR Capital, LLC / Managing Director)
Tipatat Chennavasin(The VR Fund / General Partner)
Tony Mugavero(Little Star Media, Inc. / Founder, CEO)
Toby Zhang(CRCM Venture Capital / Partner)
中嶋 啓之(株式会社ユー・エス・ジェイ / コンテンツ開発室 室長)
馬場 功淳(株式会社コロプラ / 代表取締役社長)
速水 和彦(株式会社セガ・ライブクリエイション / 取締役 施設事業推進部部長)
Frederick(Shanghai Famiku Co.,Ltd. / CEO)

※順不同、敬称略
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( グリーVRコンソーシアム

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】気分は草薙素子? サイバー空間でハッキングを体験する『DARKNET』のトレイラーが公開
2 ホリエモン、複合エンタメイベントを六本木で2月4日に開催 VRイベントではGOROman氏との特別企画も
3 【おはようVR】ねば~る君のビビりまくり『バイオ7』動画レビュー、ホリエモンの複合エンタメイベントや『スペチャン5 VR』の体験など
4 「鉄道ファン」監修の本格派 ARを使ったアプリ『俺鉄 by the MALT’S』が配信開始
5 【バイオ7】お前が行けよと思わずツッコむ ゆるキャラのねば~る君の動画レビューが公開に…私も家族だキャンペーン開催中
6 VRやMRを体験できるエンタメ施設を提供 電通ベンチャーズ、米の「ツービットサーカス」に出資
7 ボルテージ、“ポケカレ AR”の英語対応版 「Let's Snuggle! AR」の発売を開始
8 日本財託がVRを使った内見サービスを開始  3D Styleeを使用しスマホで簡単に体験が可能
9 電柱にあるQRコード、その先にはVRコンテンツ アジャストが新サービス「Web電柱360」を開始
10 ファッションVRコースという選択肢 最新技術とファッションを学ぶ『Tokyo Fashion-technology Lab』 が原宿に開校
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム