Googleに関するVR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

かわいい色と手洗いも可能な素敵デバイス 公開されてわかったGoogleのVRヘッドセット「Daydream View」とは

2016年10月05日 17時30分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



Googleは、日本時間の10月5日午前1時から開催した自社製品の発表会において、VRヘッドセット『Daydream View』を発表した。このVRヘッドセットは、対応したスマートフォンと併せて使用するタイプの製品だ。また専用のリモコンも付属しており、コントローラー代わりに使うことであたかも実際に体験しているかのような感覚を楽しめるというもの。

今回は、今までにないカラーバリエーションと柔らかい雰囲気を持ったGoogleの『Daydream View』の素敵なポイントと基本性能の紹介をする。
 


■素敵なポイント1:特徴的な色と外観
 

『Daydream View』のカラーバリエーションは、「Snow」「Slate」「Crimson」の3色。外観はマイクロファイバーで覆われており、よくある黒を貴重としたVRヘッドセットとは異なり、非常に柔らかい印象だ。かわいさとは無縁だったスマートフォン用のVRヘッドセットの中でも特徴的なデザインとなった。
 


■素敵なポイント2:軽量、通気性、手洗いも可能
 

『Daydream View』は、わずか220gの軽量ヘッドセット。通気性のある素材で作られていることや、メガネを掛けたままでの装着も可能なデザインになっている。また顔パッドに関しては、取り外して手洗いをすることも可能だ。

もちろん製品としての耐久性の高さも謳っており、そういった面においても快適さを実感できそうだ。今までVRヘッドセットの清潔性に疑問を持っていた人も、これなら使いやすくなるだろう。

 

▲黒い部分の顔パッドは取り外して手洗いが可能


■素敵なポイント3:お手軽
 

 
装着は対応スマートフォンをあてて、紐でクイッと止めるだけ。また付属のリモコンを失くさないように、格納できるスペースもついてる。
 

▲リモコンは、蓋に当たる部分にはめ込むことが可能だ。これでリモコンを失くすことはなくなるかも?


また、対応コンテンツに「YouTube」や「hulu」、「NETFLIX」などのメジャーな動画配信サービス、多くのゲームやハリーポッターの世界観で新たに制作された映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のVRコンテンツも11月に公開すると予告されている。
 

そんなVRヘッドセット『Daydream View』は北米で11月に発売される。価格は79ドルだ。日本国内での価格や発売日、本体のレンズの視野角など未公開の内容があるため、新しい情報が判明次第お伝えする予定だ。


■ヘッドセット概要

長さ: 166.8 mm
幅: 106.2 mm
高さ: 98.6 mm
重量:220 g
材質:軽量で快適なジャージ素材
カラー:スレート、スノウ、クリムゾン
互換性:Daydream 対応スマートフォン(Pixel を含む)


■コントローラー概要

サイズ
長さ: 105 mm
幅: 35 mm
高さ: 17 mm
重量:40 g
センサー:9 軸 IMU による正確なトラッキング
無線:Bluetooth Low Energy(LE)
ポートとコネクタ:急速充電できる USB Type-C コネクタ1
電池:駆動時間が最長 12 時間の 220 mAh バッテリー
 

公式ストア

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Google

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】気分は草薙素子? サイバー空間でハッキングを体験する『DARKNET』のトレイラーが公開
2 ホリエモン、複合エンタメイベントを六本木で2月4日に開催 VRイベントではGOROman氏との特別企画も
3 【おはようVR】ねば~る君のビビりまくり『バイオ7』動画レビュー、ホリエモンの複合エンタメイベントや『スペチャン5 VR』の体験など
4 「鉄道ファン」監修の本格派 ARを使ったアプリ『俺鉄 by the MALT’S』が配信開始
5 【バイオ7】お前が行けよと思わずツッコむ ゆるキャラのねば~る君の動画レビューが公開に…私も家族だキャンペーン開催中
6 VRやMRを体験できるエンタメ施設を提供 電通ベンチャーズ、米の「ツービットサーカス」に出資
7 ボルテージ、“ポケカレ AR”の英語対応版 「Let's Snuggle! AR」の発売を開始
8 日本財託がVRを使った内見サービスを開始  3D Styleeを使用しスマホで簡単に体験が可能
9 電柱にあるQRコード、その先にはVRコンテンツ アジャストが新サービス「Web電柱360」を開始
10 ファッションVRコースという選択肢 最新技術とファッションを学ぶ『Tokyo Fashion-technology Lab』 が原宿に開校
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム