ポニーキャニオンに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

気鋭のJホラー監督が贈るVRホラーショートムービー「VR“DEAD”THEATER」が10月17日リリース…第1弾は西村喜廣監督「天獄処理工場」

2016年10月07日 00時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ポニーキャニオンとインターピア、JVCケンウッド・ビデオテックは、10月17日より、全国約124店舗で展開している、バーチャルリアリティ(VR)体験が店舗で楽しめるサービス「VR THEATER」と、Gear VRやiOS、Android用アプリなどでも楽しめるVR映像ポータル「VR CRUISE」の新規コンテンツとして超実体験型360°VRホラーショートムービーシリーズ「VR“DEAD”THEATER」をリリースすると発表した。

「VR“DEAD”THEATER」は、日本を代表する映画監督たちがVRという新たな映像視聴体験機器に挑戦した、全く新しいVR映画作品となる。「ホラー映画を実体験する」をテーマに、次々に襲いかかる恐怖を360°VRで体験していき、脳と感覚を刺激する次世代型ホラーコンテンツ。「驚き」「混乱」などの通常ホラーで良く使われる手法にあわせ、今回は「実体験」の部分に重きをおき、まるで自身の身が引き裂かれていくような「痛覚」までも刺激する没入感が体験できるという。

「VR“DEAD”THEATER」シリーズの第1弾作品を手掛けるのは、日本のスプラッター映画の第一人者で世界的にも特殊造型、スプラッター表現において注目されており、「実写版 進撃の巨人」「シン・ゴジラ」などの特殊造型も手掛けた、西村喜廣監督だ。その独特の世界観とリアルな特殊造型は、観る人の五感全てを恐怖で刺激しながらも、監督の持つサービス精神によってエンターテインメントとして充分楽しめる内容になるとのこと。

第1弾作品を皮切りに、今後もシリーズとしてコンテンツのリリースを予定しており、日本が誇る新進気鋭のJホラー監督たちによるバリエーションに富んだVRホラーコンテンツを世界にも発信していく、という狙いもある、としている。

 
★超実体験型360°VRホラーシリーズ VR “DEAD”THEATER
  第1弾作品「天獄処理工場」


【キャスト】
セーラー服の女:水井真希 天獄女1:紅日毬子(虚飾集団廻天百眼) 天獄女2:十三月紅夜(虚飾集団廻天百眼) 天獄女3:柚木 成美 ボロボロの女:冨手麻妙 男:金井 聡
脚本・監督:西村喜廣
 


 
■関連サイト
 

VR THEATER

VR CRUISE

VR“DEAD”THEATER公式サイト




(C)2016VR“DEAD”THEATER
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 オリンピックを見据えた警視庁への提案も 日常業務を変革するサン電子のAR技術を使った『AceReal One』とは
2 【PSVR】プリズムプラス、韓国のゲームスタジオとVRパズルゲームを共同開発 春に発売予定
3 【PSVR】ACTパズルアドベンチャー『MOSS』の北米発売日が2月27日に決定 体験版の公開や予約も受付中
4 モノビット、GTMF2018の幹事会社として参画 大阪は6月27日、東京は7月13日に開催
5 グリー、「GVR Fund」を「GFR Fund」にファンド名を変更 AR/MRなど幅広い領域にも投資へ
6 SAT-BOX、STEAMで旧正月セールを開催 『ボクセルショットVR』などが最大60%オフに
7 NTTドコモ、5G通信を見据えた8KVRミュージックビデオの提供を開始 安室奈美恵さんのライブパフォーマンスを体感
8 【おはようVR】グリーがファンド名を変更、AR/MRなど幅広い領域にも投資 サードウェーブが『UE4 Tech Summit』開催など
9 『日本ゲーム大賞2018 アマチュア部門』の応募概要決定 募集テーマは「うつす」…AR/VRを使用した作品も可
10 360Channel、同社のVRプロデュース事業「VR PARTNERS」でSUBARU「ゲレンデタクシー」を魅せる
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど