ポニーキャニオンに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

気鋭のJホラー監督が贈るVRホラーショートムービー「VR“DEAD”THEATER」が10月17日リリース…第1弾は西村喜廣監督「天獄処理工場」

2016年10月07日 00時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ポニーキャニオンとインターピア、JVCケンウッド・ビデオテックは、10月17日より、全国約124店舗で展開している、バーチャルリアリティ(VR)体験が店舗で楽しめるサービス「VR THEATER」と、Gear VRやiOS、Android用アプリなどでも楽しめるVR映像ポータル「VR CRUISE」の新規コンテンツとして超実体験型360°VRホラーショートムービーシリーズ「VR“DEAD”THEATER」をリリースすると発表した。

「VR“DEAD”THEATER」は、日本を代表する映画監督たちがVRという新たな映像視聴体験機器に挑戦した、全く新しいVR映画作品となる。「ホラー映画を実体験する」をテーマに、次々に襲いかかる恐怖を360°VRで体験していき、脳と感覚を刺激する次世代型ホラーコンテンツ。「驚き」「混乱」などの通常ホラーで良く使われる手法にあわせ、今回は「実体験」の部分に重きをおき、まるで自身の身が引き裂かれていくような「痛覚」までも刺激する没入感が体験できるという。

「VR“DEAD”THEATER」シリーズの第1弾作品を手掛けるのは、日本のスプラッター映画の第一人者で世界的にも特殊造型、スプラッター表現において注目されており、「実写版 進撃の巨人」「シン・ゴジラ」などの特殊造型も手掛けた、西村喜廣監督だ。その独特の世界観とリアルな特殊造型は、観る人の五感全てを恐怖で刺激しながらも、監督の持つサービス精神によってエンターテインメントとして充分楽しめる内容になるとのこと。

第1弾作品を皮切りに、今後もシリーズとしてコンテンツのリリースを予定しており、日本が誇る新進気鋭のJホラー監督たちによるバリエーションに富んだVRホラーコンテンツを世界にも発信していく、という狙いもある、としている。

 
★超実体験型360°VRホラーシリーズ VR “DEAD”THEATER
  第1弾作品「天獄処理工場」


【キャスト】
セーラー服の女:水井真希 天獄女1:紅日毬子(虚飾集団廻天百眼) 天獄女2:十三月紅夜(虚飾集団廻天百眼) 天獄女3:柚木 成美 ボロボロの女:冨手麻妙 男:金井 聡
脚本・監督:西村喜廣
 


 
■関連サイト
 

VR THEATER

VR CRUISE

VR“DEAD”THEATER公式サイト




(C)2016VR“DEAD”THEATER
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】六本木に「PlayStationVR STREET」が登場 家庭用VR体験に更なる仕掛けも…監修にハシラス代表の安藤氏を迎える
2 JR西日本、ソフトバンクのVR安全教育プログラムを導入へ よりリアルな体験で労働災害の防止を目指す
3 【セミナーレポート】ロケーションVRの問題共有します 水を吸うパーツはNGなど、運営を通してわかったVRの難しさとは【前編】
4 【PSVR】国内PS STOREランキング カプコンの『KITCHEN』が首位に 『星の欠片の物語、ひとかけら版』も好調
5 『ドラゴンクエストVR』が4月27日から一般公開へ 新PV公開やコラボグッズ・メニューなども明らかに
6 ハコスコ、「VRパッケージ」の受注開始 VRゴーグルと動画配信、化粧箱のセットが提供可能に…第一弾は「ウルトラマンゼロVR」
7 【PSVR】ヒットポイント、『ねこあつめ VR』を5月31日に発売予定 
8 エムアップ、VR事業を展開する新会社設立 タレント、声優と連携…日本一のVRライブイベント実施を目指す
9 【おはようVR】「ねこあつめ VR」がPSVRで5月登場 『おそ松さんVR』がお台場のコニカミノルタに出展
10 サイコム、同社のPC8製品で第2世代 Ryzenの搭載が可能に
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど