NECに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

危険の伴う消火作業や伐採作業などのトレーニング用途など NECが「法人VRソリューション」の販売を開始

2016年10月07日 14時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


NECは、VRの導入を検討するユーザ向けには「VRお試しパック」を提供開始すると発表した。「法人VRソリューション」は、ユーザニーズに合わせてVR空間を個別に構築し、ヘッドマウントディスプレイなどと組み合わせて提供するもので、危険の伴う消火作業や伐採作業などのトレーニング用途や、工場作業者のユーザービリティシミュレーション用途などを想定しているという。


■提供ソリューション・サービスについて

法人向けのVR技術の活用ソリューションをまとめ、「法人VRソリューション」として体系化。ユーザニーズに合わせてVR空間を個別構築し、ヘッドマウントディスプレイやPCなどの必要機器と組み合わせて、600万円(税別)程度から提供。具体的に以下4つのカテゴリーでの活用を想定。

(1)トレーニング用途
VR空間で直感的に作業フローの訓練・習得が可能。例えば、工場の生産ラインでの梱包作業トレーニングや、危険の伴う消火作業や伐採作業などのトレーニングとして活用するなど。

(2)シミュレーション用途
VR空間で作業・操作時の負荷状況を確認し、評価可能。例えば、工場における作業者のユーザビリティを把握し、最適なレイアウト決定に活用するなど。

(3)コミュニケーション用途
複数拠点からVR空間にログインすることで、TV会議では実現の難しい遠隔地同士での「経験」の共有が可能。例えば、遠隔地同士でVR空間に同時ログインし、作業内容の確認や教育に活用するなど。

(4)セールスプロモーション用途
その場で実物を見せることが困難な大型施設や製品、景色を分かりやすく訴求可能。例えば、ホテルの施設紹介やアトラクションのような体験型ブースを用意するなど。
 
 

■VRお試しパック」を提供開始
VR導入を検討するユーザ向けに、VR機器一式(注2)を有償貸出するサービス「VRお試しパック」を提供開始。容易かつスピーディにVR体験や評価が可能。

また、以下のサンプルコンテンツを無償貸出可能。

・工場ラインにおける梱包作業(トレーニング用途)
・森林伐採を体験(危険作業のトレーニング用途)
・システムキッチンの高さ、色などの変更を体験(シミュレーション用途)
・オフィスやショールームの360°画像(セールスプロモーション用途)

さらに、「VRお試しパック」にユーザ保有の3D CADデータを取り込んだ状態で貸出するサービスもオプションとして提供。

サービス名    提供価格(税別)
VRお試しパック    2週間で5万円~
3DCADデータインポート    10万円~
なお、NECは本ソリューションを、NECグループが開催する「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2016」(会期:11/1(火)~2(水)、会場:東京国際フォーラム(東京都千代田区))にて、展示します。
「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2016」について https://uf-iexpo.nec/


■NECプレスリリースより
http://jpn.nec.com/press/201610/20161007_01.html

Copyright © NEC Corporation 1994-2016. All rights reserved.


 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 オリンピックを見据えた警視庁への提案も 日常業務を変革するサン電子のAR技術を使った『AceReal One』とは
2 【PSVR】プリズムプラス、韓国のゲームスタジオとVRパズルゲームを共同開発 春に発売予定
3 【PSVR】ACTパズルアドベンチャー『MOSS』の北米発売日が2月27日に決定 体験版の公開や予約も受付中
4 モノビット、GTMF2018の幹事会社として参画 大阪は6月27日、東京は7月13日に開催
5 グリー、「GVR Fund」を「GFR Fund」にファンド名を変更 AR/MRなど幅広い領域にも投資へ
6 SAT-BOX、STEAMで旧正月セールを開催 『ボクセルショットVR』などが最大60%オフに
7 NTTドコモ、5G通信を見据えた8KVRミュージックビデオの提供を開始 安室奈美恵さんのライブパフォーマンスを体感
8 【おはようVR】グリーがファンド名を変更、AR/MRなど幅広い領域にも投資 サードウェーブが『UE4 Tech Summit』開催など
9 『日本ゲーム大賞2018 アマチュア部門』の応募概要決定 募集テーマは「うつす」…AR/VRを使用した作品も可
10 360Channel、同社のVRプロデュース事業「VR PARTNERS」でSUBARU「ゲレンデタクシー」を魅せる
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど