VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

VRムービー『Tokyo Light Odyssey』が、「New Style New Artist -アーティストたちの新たな流儀」 で公開へ

2016年10月13日 18時52分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ワウは、『Tokyo Light Odyssey(トーキョー・ライト・オデッセイ)』を10月15日から開催される文化庁メディア芸術祭20周年企画展「New Style New Artist -アーティストたちの新たな流儀」 にて公開すると発表した。
 

夜のとばりに包まれた高層ビルの光、街頭のネオン、電車や道行く車のヘッドライトから家々が湛える暮らしの灯りまで、暗闇から現れる星屑のような街の断片を浮遊しながら、東京という都市の新たなビジョンへと至る、全天球型のモーショングラフィックス(上映時間約5分)となる。

本展示に際し、直径6メートルのドーム型スクリーンを建設。スクリーンに投影された映像を見上げながら鑑賞するインスタレーション作品と、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)装着による全天球映像体験の2種類を用意したという。

<以下、プレスリリースより>

■作品背景

映画の誕生以来、映像表現はモニターなど平面的な表示媒体と、それを見る者の固定的な関係を前提として発展を遂げてきました。しかし、HMDなどをはじめとするVR技術はこの状況に革新をもたらし、映像は人間の視野角をはるかに超えた360°の表示領域と、視線を追随することで生まれる動的なインタラクションを獲得しました。その効能は、現実世界の追体験や圧倒的な没入感に留まらず、揺れや回転といった動きが平衡感覚を狂わせ、生理的な症状を引き起こすなど、映像の影響力はいま、新たな次元に突入しつつあります。

こうした背景から、モーショングラフィックスの新たな可能性を問うWOWの社内プロジェクト「Beyond Motion Graphics」は、VRの技術的側面に加え、それによって切り拓かれるべき映像=アートとしての表現性に注目。これまでは“見る”対象物だったビジュアルデザインが、新しいメディアを通して“世界”そのものになっていくとき、果たして何が起こるのかーー。

鑑賞者によって視線の流れが異なるといったVR特有の問題を検証し、視界の進行方向や背景の情報量によってごく自然に視線を誘導する方法論の検証など、1年にわたる試行錯誤を経て、WOWの全天球オリジナル映像作品「Tokyo Light Odyssey」が完成しました。

■Beyond Motion Graphicsとは

映像を新しい視点でデザインするための実験的なプラットフォームとして始まり、wowlabから立ち上げられた「これからの表現と、これからの技術」を考えていくWOWの社内プロジェクト。表現と技術は密接に関わりあい、作り手の想いやアイデアをどのような技術で具体化するかは、時代とともに移り変わります。今後は、視覚そのものに直接影響を与えるヘッドマウントディスプレイ的なメディアが普及することが考えられ、こうしたメディアはユーザーに深い没入感を与えると同時に、身体的な平衡感覚さえもコントロールすることを可能とします。ユーザーがモーショングラフィックスの中に入り込んだ時、どのような感覚が生まれるのか。どのようなデザインが必要なのか。WOWの新しいモーショングラフィックスへの挑戦プロジェクトが「Beyond Motion Graphics」です。

Beyond Motion Graphics:http://wowlab.net/research/beyond-motiongraphics
wowlab: http://wowlab.net/

文化庁メディア芸術祭20周年企画展「New Style New Artist - アーティストたちの新たな流儀」
「Tokyo Light Odyssey」を発表する場となった文化庁メディア芸術祭20周年企画展「New Style New Artist -アーティストたちの新たな流儀」では、テクノロジーを駆使しながら新しい方法論を示している4組の作品を展示するとともに、多岐にわたる活動範囲を映像とパネルで紹介します。

近年のメディアアーティストたちの活動スタイルは、新たな方法論を確立していることが見て取れます。アート、デザイン、エンターテインメントを自由に横断し、時にはクライアントワークを、時にはアート領域での表現活動をしています。また、個人ではなく、仲間たちとプロダクションを設立し活動しているのも特徴です。このような活動の広がりを「表現の流儀」とする新しいアーティストたちの登場は、メディア芸術祭がスタートした1990年代後半から顕著になってきました。そうした新しい作り手たちの作品群をピックアップして紹介します。

出展者予定:WOW、plaplax、ライゾマティクス、Takram

会期:2016年10月15日(土)― 11月6日(土)※月曜休館、入場は閉館の30分前まで
時間:11:00〜18:00
会場:NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]
住所:東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階

文化庁メディア芸術祭20周年企画展示「New Style New Artist -アーティストたちの新たな流儀」
http://www.ntticc.or.jp/ja/exhibitions/2016/20anniv-j-mediaarts-new-styles-new-artists/

文化庁メディア芸術祭20周年企画展—変える力
http://20anniv.j-mediaarts.jp/

トークイベント 「New Style New Artist ― アーティストたちの新たな流儀」
同タイトルのもとに作品を展示している4組の作家が出演し、展示作品を紹介するとともに、クリエイティビティの未来について語り合います。

関口 敦仁(美術家/愛知県立芸術大学教授/元アート部門審査委員)、畠中 実(NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]主任学芸員)、田崎祐樹(コンセプター/クリエイティブ・ディレクター/WOW)、中路 琢磨(エクゼクティブディレクター/アートディレクター/WOW)、真鍋 大度(メディアアーティスト/Rhizomatiks Research主宰)、石橋 素(エンジニア、アーティスト/Rhizomatiks Research主宰)、近森 基(アーティスト/plaplax代表)、筧 康明(メディアアーティスト・研究者/plaplax/慶應義塾大学准教授)、緒方 壽人(ディレクター/デザインエンジニア/takram)

日時:2016年10月28日(金) 18:00〜19:15
会場:NTTインターコミュニケーション・センター[ICC] 4階 特設会場
参加方法:http://20anniv.j-mediaarts.jp/event/

■WOW inc.
東京と仙台、ロンドンに拠点を置くビジュアルデザインスタジオ。CMやVIといった広告における多様な映像表現から、様々な展示スペースにおけるインスタレーション映像、メーカーと共同で開発するユーザーインターフェイスのデザインなど、既存のメディアやカテゴリーにとらわれないデザインワークを幅広く展開。近年では積極的にオリジナルのアート作品を制作し、国内外でインスタレーション展示を多数実施。ビジュアルデザインの社会的機能を果たすべく、表現の新しい可能性を追求し続けています。
http://www.w0w.co.jp/
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 サン電子、先行投資のVR・AR事業は収穫期に PSVR向けのRTS『ダークエクリプス』も発売へ
2 【PS VR】カヤック、『傷物語VR』を7月12日に無料で配信 忍と2人で思い出を振り返る
3 【PSVR】店舗の再販状況をお届け ヨドバシは店舗・ネット共に22日から販売中 ビックは24日に抽選販売へ 供給が追いついてきた?
4 ViRD、積み木の要領で3Dモデルを作れるスマホARアプリ『Makebox AR』をリリース
5 【SteamVRランキング6/26】今ならお安く買えます、首位VRアニメ『Project LUX』 ゾンビシューター『Arizona Sunshine』も2位に
6 【PSVR】中国Time of VR、タワーディフェンス型のFPS『Ancient Amuletor』を6月27日にリリース
7 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
8 LifeStyleと360Channel、発注者向けVR勉強セミナーを6月28日に開催
9 テレ朝、ARを使った「映画ドラえもん のび太の宝島」の世界を楽しむ宝探しイベントを開催
10 【PSVR】ジェットマン、『クーロンズゲートVR』の公式サイトを更新 ゲーム内画面や念写などの詳細などが明らかに
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム