ドローンに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

世界最大、積載量を誇るジェットエンジン付きドローンJumpJetXのテスト飛行を実施 

2016年10月18日 10時30分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



スタンダードムーブは、10月17日、世界最大*の最大積載量を誇るvtol(垂直離着陸できる航空機)である「JumpJet X(ジャンプジェットエックス)」のテスト飛行を実施したことを発表した。

*自社調べ

2013年よりドローン製造に精通した伊尾木浩二氏と共同開発で、3年の歳月をかけてJumpJet Xを開発。伊尾木氏は、次のようにコメントしている。「今回、開発しているドローンは、高出力の推力を利用するこれまでの電動モデルと全く違ったコンセプトの開発となります。高出力になればペイロード(最大積載量)も大きくでき、さらに開発が進めば移動速度も上げられる可能性があります。この可能性を追求した斬新なモデルといえるでしょう。」

そして開発に当たり、デザインディレクターにはイタリア人以外で初めてフェラーリのデザインを手がけ、新幹線のデザインも手がける工業デザイナーの奥山清行氏が原型の構想図を制作。奥山氏は、「自動運輸技術の進化できる企画に参加でき楽しみです」と述べていいる。
 

内外設計代表取締役の白石光修氏がエアフレームとジェットエンジンのマウント構造を手がけた。テスト飛行には群馬県長野原町にて自治体の協力を得て行ったという。長野原町町長の萩原睦男氏は、「このJump Jet Xは、実用化されれば各種災害等への対応に活用され、大きな効果を生み出すことが期待できますので、応援しています。」とコメントしている。


■JumpJet Xの製品特徴

最大積載量:200 kg
ジェットエンジンン:8個搭載 *内3個は故障しても問題なく飛行が可能
飛行制御装置:3個搭載 *内2個予備
推力*:合計320キロ (各40キロの推力のエンジンが8個)
ドップラーレーダー:自動化車両としては、日本で初めて ドップラーレーダーの 67-73Ghz帯域幅の ライセンスを取りました
最高予定速度:時速600km(鉄道の有人走行の世界最高速度は、JR東海のリニア車両「L0系」が記録した時速603km)
最高予定飛行距離:120 km
バイオ燃料:実現に向けてテスト中

ウェブサイト:jumpjetx.com

JumpJet Xはスタンダードムーブ株式会社にて、製造、開発と運営に関しての問い合わせ。


■スタンダードムーブ株式会社概要
ボー・リタリックにより2007年に設立され、立ち上げ当初から日本政府と共に観光業界開発を行う。現在社員は50人以上で全国に5箇所の営業所と海外2箇所あり、2013年よりドローンの開発を開始。
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の新作VRゲーム

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】慌ててHMDを外す人も…『バイオ7』をプレイする人々の様子を収めたムービーが公開
2 VR記事アクセスランキング(12月3日~9日)…『FF15』や『バイオ7』などPSVR関連の記事が人気に
3 『FF15』の無料アップデートのロードマップが公開に チャプター13の満足度向上や、ゲーム後半の演出を強化など
4 【PSVR】VRでクリアする自信がない 『バイオ7』のプレイムービーが一挙公開に…恐怖体験のネタバレも?
5 【Daydream】ワクワクが止まらない! Googleが対応アプリのトレイラーを公開…ドラマ、ゲーム、ストリートビューや教育アプリなど
6 【PSVR】VRリラクゼーション 『anywhereVR』がリリース Twitterやスマフォの画面をVR空間に表示も
7 【おはようVR】『バイオ7』の恐怖のプレイムービーが公開 VRでリラックス『anywhereVR』や、EpicGames河崎氏が語るUE4の魅力など
8 【Daydream】VRで公道を疾走 熱いチェイスも魅力の『Need For Speed』360度トレイラーが公開に
9 ゲームエンジンはAIの学習にも? EpicGamesの河崎氏が 「ゲームクリエイティヴ&ビヨンド」で語ったUnrealEngineの魅力と想定しなかった使用例とは【JCFF】
10 エムール、寝具とVRを組み合わせた「近未来の眠り体感イベント」を東急ハンズ渋谷店内のインストアスペースで開催
11位以下のランキングを見る