VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

​VRを身近にする 世界初VR標準搭載スマートフォン Alcatel IDOL4 予約受付が開始に

2016年10月20日 11時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
TCLコミュニケーションが展開するフランス発のスマートフォンブランドAlcatel(以下:アルカテル)のフラッグシップシリーズ、IDOLシリーズの最新機種で世界初のVR標準搭載スマートフォン「IDOL4」の発売(11月下旬)に先駆け、予約受付を各オンラインショップで開始すると発表した。

「IDOL4」は、世界で初めてVRを標準搭載したスマートフォンとして注目を集めている。端末のパッケージがVRゴーグルとなっており、購入後そのままVRヘッドセットとして使えるという。上下を逆さにしても使用できるリバーシブルUIなどを搭載したAlcatelのフラッグシップモデルとなる。価格は34,800円(税別)。
 



■IDOL4 製品特徴

・VRゴーグル 標準搭載
IDOL4本体が収納されているパッケージはVRゴーグルになっており、購入したその日から手軽にVRを体験することが可能です。ゴーグル下部には左右2つの静電タッチ式のボタンを配置されており、この2つのボタンでの操作に最適化されたVRコントロールUIにより、手元が見えないゴーグル着用時も快適に操作することが可能です。VRゴーグルの標準搭載はスマートフォンとして世界初です。

・高級感あるデザイン
エレガントで滑らかなフロントガラス、バックテクスチャーガラス、メタルフレーム、シンメトリックデザインにより、目が離せない魅力的なデザインに仕上がっています。
また、ゴールド、メタリックシルバーのプレミアムなカラーオプションを揃えています。

・300%リバーシブル
IDOL3から継承したリバーシブルUIにより、端末の上下を気にすることなく手に持ったままの向きで操作することが可能です。これに加えて、音楽再生時には端末の向きに合わせて左右のオーディオチャンネルが自動的に切り替わり、ステレオサウンドが常に正常に出力され、端末を裏返せばオーディオプレーヤーとして、大音量かつクリアなサウンドを出力します。
端末の上下、左右、表裏の3方向のリバーシブルを実現しています。

・カメラ機能
0.1秒の高速オートフォーカスや、暗い場所でも自然な光で撮影することができるデュアルトーンフラッシュ、自撮り用のフラッシュを搭載し、様々なシーンでの撮影に対応します。3D写真を撮影することができるFyuseアプリをプリインストール、SNSに適したショートビデオを手軽に撮影することができるマイクロビデオ機能、動画編集機能を有し、様々な表現が可能です。

・オーディオシステム
3.6Wスピーカーを2ch搭載しており、スマホとは思えない迫力あるサウンドを体験可能です。また、Waves MaxxAudioを搭載しており、オートまたはマニュアルのイコライザーで自分好みの音質で音楽を楽しむことができます。オリジナルのDJアプリをプリインストールしており、スクラッチしながらイコライザーやエフェクトを使用して本格的なDJ MIXが可能です。ハイレゾ音源に対応したHi-FiサラウンドサウンドJBL(R)イヤフォンも付属しています。

・BOOM KEY
本体側面に搭載されたBOOM KEYを押すことで、各機能において様々な拡張効果を得ることができます。スタンバイ時に2度押しすることでカメラを起動しインスタント撮影、ギャラリーでは保存されている写真をコラージュ、撮影した動画再生時には面白いエフェクトや音声をランダムに追加、音楽再生時には重低音を強調しクラブのようなサウンドが再生される、など様々な体験が可能です。
また、BOOM KEYは設定画面よりファンクションの効果を選択可能で、お好みの機能を割り当てることができるので、自分の使用スタイルに合わせた1台にすることが可能です。


■IDOL4 製品概要

商品名:IDOL4
価格:34,800円(税別)
発売日: 2016年11月(下旬)
フレームカラー:ゴールド、メタリックシルバー
http://www.alcatel-mobile.com/jp/products/idol4


■主なスペック

・ディスプレイ
5.2インチ FHD(1920×1080)

・その他機能
Android 6.0
Qualcomm MSM8952
Octa Core (4x1.5GHz +4x1.2Ghz)

・カメラ
リアカメラ:1300万画素(f2.0)、デュアルトーンLEDフラッシュ、超高速0.1秒以下のオートフォーカス(PDAF)、 動画撮影手ブレ補正(EIS)、インスタントショット(0.6秒)
フロントカメラ:800万画素、LEDフラッシュ、広視野角(84°)

・サウンド
2x3.6Wのスピーカー
Waves テクノロジー社 オーディオエンハンスメント
Supported formats: AAC LC, AAC+, 
Vorbis, PCM/WAVE
Hi-Fi, OM DRM 1.0 
FM radio RDS
Flip to mute
Dual-mic noise cancellation 
HD Voice
HAC M3
Smart PA (Power Amplifier) TFA9890

・通信機能
IEEE802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz & 5GHz) 
Bluetooth version 4.2
NFC搭載

・メモリ
ROM 16GB
RAM 3GB
外部メディア最大容量 512GB

・バッテリー
2610mAh
クイックチャージ

・IDOL4S
Battery: 3000mAh
Charging time: 95 mins

・サイズ
147 x 72.5 x 7.1 mm

・重さ
135g

・OS&CPU
JBL ヘッドセット


■au VoLTE 対応
従来のスマートフォンの通話より高音域まで対応し、さらにクリアな音声通話を実現。
※ au VoLTE対応機種同士(auの4G LTEエリア内)の場合。
※ ご利用には、au VoLTE SIMが必要です。


■関連サイト

 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】気分は草薙素子? サイバー空間でハッキングを体験する『DARKNET』のトレイラーが公開
2 ホリエモン、複合エンタメイベントを六本木で2月4日に開催 VRイベントではGOROman氏との特別企画も
3 【おはようVR】ねば~る君のビビりまくり『バイオ7』動画レビュー、ホリエモンの複合エンタメイベントや『スペチャン5 VR』の体験など
4 「鉄道ファン」監修の本格派 ARを使ったアプリ『俺鉄 by the MALT’S』が配信開始
5 【バイオ7】お前が行けよと思わずツッコむ ゆるキャラのねば~る君の動画レビューが公開に…私も家族だキャンペーン開催中
6 VRやMRを体験できるエンタメ施設を提供 電通ベンチャーズ、米の「ツービットサーカス」に出資
7 ボルテージ、“ポケカレ AR”の英語対応版 「Let's Snuggle! AR」の発売を開始
8 日本財託がVRを使った内見サービスを開始  3D Styleeを使用しスマホで簡単に体験が可能
9 電柱にあるQRコード、その先にはVRコンテンツ アジャストが新サービス「Web電柱360」を開始
10 ファッションVRコースという選択肢 最新技術とファッションを学ぶ『Tokyo Fashion-technology Lab』 が原宿に開校
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム