ドローンに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ファナティック、観光プロモーション動画制作のための「ドローン空撮サービス」を提供開始

2016年10月21日 20時37分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ファナティックのドローン事業部は、旅行者観光プロモーション動画制作のための「ドローン空撮サービス」を10月より提供を開始した。観光スポットを紹介する自治体や、旅館・ホテルなどが対象になっているようだ。

「ドローン空撮サービス」は、観光施設や旅館・ホテルの魅力を伝えるために、建物だけでなく周囲の景色を取り入れたプロモーション素材をドローンを使って撮影するサービス。空撮であれば、鳥の視点から全体を俯瞰した写真や、建物の周囲をぐるりと回るようなムービーなど、従来の三脚では得られなかった画角から撮影することができる。

同社では、手軽な空撮から災害調査で使われる軽量な機体、各種センサーにより安定した長時間飛行が可能な機体まで多種の用途に応じた機体を用意したとのこと。ドローンの操縦は熟練のパイロットが担当し、万が一の問題に備えて2機体制で撮影をサポートするという。
 
 
 
【サービス概要】

名称:ドローン空撮サービス
用途:観光スポットのプロモーション素材の撮影、人が立ち入れない場所の調査・撮影
 
<主な機体の紹介>
DJI INSPIRE 1 Pro
【実飛行時間】約10分(弊社規定)
【主な用途】この機体は搭載するカメラを交換することで幅広い用途に対応することが可能です。4K撮影ではZenmuse X3を搭載します。さらにプロモーション撮影などの高画質を求める場合にはミラーレスマイクロフォーサーズカメラX5もご用意しております。
 
 
DJI PHANTOM 4
【実飛行時間】約15分(弊社規定)
【静止画】4000×3000
【動画】HD、2.7K、4K
【主な用途】災害調査、プロモーション撮影など。PHANTOM 3の後継モデルで映像のクオリティも上がり空撮で活躍します。障害物検知システムを搭載し、より安全に飛行することができます。
 
3D Robotics SOLO
【主な用途】精密農業、災害調査、森林調査、測量、3Dマッピング
【実飛行時間】約15分(弊社規定)
この機体はカメラ以外にも各種センサーを搭載することができます。弊社ではマルチスペクトルカメラを搭載し、精密農業の実験を続けています。搭載するカメラを交換することで各種調査や測量などにも活用することができます。
 
※ほか、CM撮影向けの「DJI Matrice 600」や、長時間飛行が可能な「DJI Matrice 100」など、用途に応じた多様な機体をご用意しています。
 
 
<主な料金設定>
基本料金:150,000円〜
カメラオペレーター兼撮影アシスト:30,000円 / 1名
ロケハン:30,000円 / 2名
フライト付きロケハン:75,000円(PHANTOM3)
移動費:弊社から30km範囲までは無料。片道100km範囲までは30,000円
※すべて税別の料金




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】気分は草薙素子? サイバー空間でハッキングを体験する『DARKNET』のトレイラーが公開
2 ホリエモン、複合エンタメイベントを六本木で2月4日に開催 VRイベントではGOROman氏との特別企画も
3 【おはようVR】ねば~る君のビビりまくり『バイオ7』動画レビュー、ホリエモンの複合エンタメイベントや『スペチャン5 VR』の体験など
4 「鉄道ファン」監修の本格派 ARを使ったアプリ『俺鉄 by the MALT’S』が配信開始
5 【バイオ7】お前が行けよと思わずツッコむ ゆるキャラのねば~る君の動画レビューが公開に…私も家族だキャンペーン開催中
6 VRやMRを体験できるエンタメ施設を提供 電通ベンチャーズ、米の「ツービットサーカス」に出資
7 ボルテージ、“ポケカレ AR”の英語対応版 「Let's Snuggle! AR」の発売を開始
8 日本財託がVRを使った内見サービスを開始  3D Styleeを使用しスマホで簡単に体験が可能
9 電柱にあるQRコード、その先にはVRコンテンツ アジャストが新サービス「Web電柱360」を開始
10 ファッションVRコースという選択肢 最新技術とファッションを学ぶ『Tokyo Fashion-technology Lab』 が原宿に開校
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム