クリーク・アンド・リバー社に関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

VRコンテンツの開発者や運営者には特にオススメ VRプロダクトにおけるデータ分析活用術の勉強会が開催に

2016年10月25日 14時46分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
クリーク・アンド・リバーのゲームスタジオは11月14日(月)、話題のVRを最大限に活用するための勉強会「VRプロダクトにおけるデータ分析活用術」を開催すると発表した。

今回の勉強会では、「AccessiVR(アクセシブル)」を開発しているダズルのマーケティング担当者とインフラ技術者を招き、「VRプロダクトで分析すべきポイント」「分析したデータを活かすためのインフラ作り」の2部構成でVRプロダクトにおけるデータ分析活用のノウハウを紹介するという。
 
VRコンテンツの開発を検討している企業担当者、データ分析担当者、プロダクトにおけるサーバーインフラ設計担当者はもちろん、開発はしたものの運用や改善にまでなかなか手が回らず困っている人は是非参加してほしいという。参加費は無料で、11月14日(月)の19時20分から21時30分まで。


■第1部 「VRにおける分析のポイント」(株式会社ダズル 出口雅也氏)

・VRプロダクト分析の重要性
・VR分析のポイント
・VRプロダクトのPDCA実例
 
■第2部 「Scalaを活用したVR分析サービスのインフラ構想」(株式会社ダズル 高瀬実氏)

ソーシャルゲームでのScala運用実績を交えながら、AccessiVRのサーバーサイド開発やインフラ構想を紹介
 
■日時
2016年11月14日(月) 19:30~21:30
 
■場所
株式会社GMOアプリクラウド内 GMOYours
東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
地図:https://goo.gl/maps/BaQhmJyPdmp

※イベント運営はクリーク・アンド・リバーのゲームスタジオの担当者が行うが、開催地はGMOアプリクラウド内「GMOYours」となる。
 
■対象

・VRコンテンツの開発を検討している企業担当者
・VRコンテンツを開発したけど運用・改善にまで手が回っていない企業担当者
・企業のデータ分析担当者
・プロダクトにおけるサーバーインフラ設計担当者
 
■定員
200名
 
■参加費
無料
 
■持ち物

・名刺2枚(受付時にいただきます)
・学生の方は学生証をお持ちください
※ハンズオンではないため、PCは不要です。
 
■協賛
GMOインターネット株式会社
  
▼お申し込み・詳細はこちら
https://atnd.org/events/81944

 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ダズルGMOクリーク・アンド・リバー社

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】気分は草薙素子? サイバー空間でハッキングを体験する『DARKNET』のトレイラーが公開
2 ホリエモン、複合エンタメイベントを六本木で2月4日に開催 VRイベントではGOROman氏との特別企画も
3 【おはようVR】ねば~る君のビビりまくり『バイオ7』動画レビュー、ホリエモンの複合エンタメイベントや『スペチャン5 VR』の体験など
4 「鉄道ファン」監修の本格派 ARを使ったアプリ『俺鉄 by the MALT’S』が配信開始
5 【バイオ7】お前が行けよと思わずツッコむ ゆるキャラのねば~る君の動画レビューが公開に…私も家族だキャンペーン開催中
6 VRやMRを体験できるエンタメ施設を提供 電通ベンチャーズ、米の「ツービットサーカス」に出資
7 ボルテージ、“ポケカレ AR”の英語対応版 「Let's Snuggle! AR」の発売を開始
8 日本財託がVRを使った内見サービスを開始  3D Styleeを使用しスマホで簡単に体験が可能
9 電柱にあるQRコード、その先にはVRコンテンツ アジャストが新サービス「Web電柱360」を開始
10 ファッションVRコースという選択肢 最新技術とファッションを学ぶ『Tokyo Fashion-technology Lab』 が原宿に開校
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム