ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングスに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ポールトゥウィン、「VR デバッグサービス」の本格的な提供を開始…プレイヤーの安全性の検証やVR酔いの評価、光過敏チェックなどが特徴

2016年10月27日 14時30分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングスは、10月26日、連結子会社のポールトゥウィンが「VR デバッグサービス」(VR=バーチャルリアリティ、仮想現実)の本格的な提供を開始したことを発表した。

ポールトゥウィンは、ソフトウェア・ハードウェアの品質向上をサポートするために不具合の検出を行うデバッグ・検証事業、インターネットの健全な成長をサポートするために種々のコンテンツに含まれる違法有害情報や不正利用の検出を行うネット看視事業を主要な事業としている。2016年は「VR元年」とも言われており、数々のVRヘッドマウントディスプレイが発売され、ゲーム業界を中心に国内外でVRコンテンツの開発が活発に行われている。同社グループでは、数年前から在外子会社にてVRコンテンツのデバッグを行っており、その経験とこれまでゲームソフトのデバッグで培ったノウハウを活かし、国内においても「VRデバッグサービス」の本格的な提供を開始する。

VR コンテンツは、初めて触れるユーザーも多いことから、「VR酔い」と呼ばれるVR特有の不快感や違和感等によって、コンテンツ本来の面白さが伝わらないまま、プレイから離脱してしまうユーザーがいることも確認されている(同社調べ)。また、プレイヤーは周囲が見えないことから、 プレイエリアの配慮も必要とされ、VRコンテンツ開発各社には、生理的・物理的な安全性にも配慮したコ ンテンツ作りが求められている。 ​
 

サービスの特徴は、
・プレイヤーの安全性を考慮した専用スペースで検証作業を実施
・主観評価(SSQ 評価)、生理評価(生体信号測定)、パフォーマンス評価を用いた総合的なVR酔いの評価
・最新版測定機器(H-FPA)を用いた、HMD表示コンテンツの光過敏チェックに対応
などをあげることができ、VRヘッドマウントディスプレイを装着したプレイヤー(テスター)の転倒や衝突事故に配慮した専用スペースを用意し、バイタルデータを用いた映像酔いや疲労度の評価に加えて、VRコンテンツ本来の面白さをデバッグの観点から検証する。
 

なお、ポールトゥウィンは、2016年11月16日開催の「Japan VR Summit 2」(http://jvrs.org/02/ja/)にスポンサー参加する。
 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 イード、倉持由香さん、星名美津紀さんとVRで触れ合う「トキメキメテオ」をDMMで先行配信
2 民進党、ニコニコ超会議PRコンテストに『VR蓮舫』で参戦 総理になったあなたは代表の追及に耐えられるか?
3 【PSVR】ソニー・ピクチャーズの『ゴーストバスターズVR』、気になる操作方法やその内容とは…早くも続編が近日中に公開予定
4 【おはようVR】PSVRを含めた『Fate』記事3本 英国で製作中のステルスホラーVR、『VR蓮舫』、たゆたう脱出ADV『LAST LABYRINTH』ベストVRコンテンツを受賞
5 スクエニ、『FFXV』の無料アップデートとDLC『エピソード グラディオラス』を配信開始
6 【AnimeJapan2017】『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』前編! 事案発生のお知らせ
7 【PSVR】英Firesprite、1人称視点のSFステルスホラー『The Persistence』を発表
8 gumi、デンマークの大手テレビ局グループの中核企業Nordisk FilmとVR関連のスタートアップを支援する合弁会社Nordic VR Startupsを設立へ
9 タイトー、タイトーステーションBIGBOX高田馬場店に「VR GAME STAGE」を設置 VRコンテンツを9タイトル楽しめる
10 スタジオ最前線の『さよなら海腹川背』がSTEAMでセール中 4月4日まで60%オフ
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム