マウスコンピューターに関するVR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

VRも使用できるGTX1060搭載ゲーミングノートPCが、14万9800円(税別)から

2016年10月27日 17時03分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


 
マウスコンピューターは、ノートブック向けGeForceGTX 1060(6GB)を搭載し、VRにも適した15.6 型パフォーマンスゲーミングノートパソコン 「NEXTGEAR-NOTE i5530 シリーズ」 を14万9800円(税別)より販売すると発表した。

ノートパソコンでは実装が難しかったVR環境に必要なパフォーマンスを、優れた電力性能比を誇る GeForceGTX10シリーズの GeForce® GTX 1060 を採用することで、同社の 15.6 型従来モデルと同じ本体サイズで実現したという。購入はG-Tune ホームページ、マウスコンピューター各ダイレクトショップ、G-Tune : Garage 秋葉原店にて受注を開始している。

G-Tune ホームページ :
http://www.g-tune.jp/

NEXTGEAR-NOTE i5530 シリーズ製品ページ :
http://www.g-tune.jp/note_model/i5530/
 
 
■「GeForce® GTX VR Ready」準拠の高速グラフィックス 「GeForceGTX 1060」を搭載
 


■GPU 性能をダイレクトに発揮するグラフィックス切り替え機能
 

GeForce® GTX 1060 のみを GPU として使用する「グラフィックス切り替え」機能を搭載。バッテリ駆動時間に有利な CPU 内蔵グラフィックスを切り離し、GeForce® GPU のみを使用することで、グラフィックスパフォーマンスを最大限発揮し、解像度など互換性の問題を改善。特に VR 環境など、GPU 本来の性能を要求される用途で効果を発揮するという。


■次世代を見据えた充実のインターフェイス
 

10Gbps の転送速度に対応した USB 3.1 (Type-C)端子を 2 基、さらに USB3.0(Type-A)端子を 3 基、1000Base-T対応 LAN 端子や Mini DisplayPort 2 基、HDMI 1 基など、充実したインターフェイスを搭載。本体左側面には、HDMI と USB3.0(Type A)を隣接配置しており、VR 用 HMD 接続にも便利なレイアウトとなっている。

外部映像出力端子は、Mini DisplayPort 2 基、HDMI 1 基を搭載し、すべて 4K-UHD 解像度に対応しており、内蔵ディスプレイを含めて、同時に4画面表示が可能だ。

・商品参考例
 
製品型番 NEXTGEAR-NOTE
i5530BA1
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル® Core™ i7-6700HQ プロセッサー
(4コア/2.60GHz/TB時最大3.50GHz/6MBキャッシュ/HT対応)
グラフィックス GeForce® GTX1060 /インテル®HDグラフィックス 530
GDDR5 6GB /メインメモリからシェア(最大1792MB)
メモリ 8GB (8GB×1) PC4-17000 DDR4 SODIMM
/最大64GB (16GB×4)
ストレージ 240GB SerialATA SSD (6Gb/s)
光学ドライブ -
チップセット インテル®HM170 Express
カードリーダー マルチカードリーダー
[対応メディア:SDメモリーカード (SDXC,SDHC 含む)、マルチメディアカード]
液晶パネル 15.6型 フルHDノングレア液晶 IPS方式 (LEDバックライト 1,920×1,080)
サウンド ハイデフィニション・オーディオ
インターフェイス ■I/O ポート: ●USB3.1 ポート×2(右側面 Type-C×2)、
●USB3.0 ポート×3(右側面×1、左側面×1、背面×1) ●HDMI×1(左側面) ●Mini DisplayPort×2(左側面)
●ヘッドフォン出力×1(右側面 ミニジャック メス、S/PDIFオプティカル出力と共用)
●マイク入力×1(右側面 ミニジャック メス) ●ライン出力×1(右側面 ミニジャック メス)
●LANポート×1 (右側面) ●カードリーダー×1(右側面)
LAN 1000Base-T/100Base-TX/10Base-T対応
無線 IEEE802.11 ac/a/b/g/n対応 最大433Mbps対応 ・ Bluetooth® V4.2 + LE 準拠モジュール
WEBカメラ 200万画素
マウス タッチパッド(スクロール機能付き)
キーボード 日本語キーボード(107キー、白色LEDバックライト付き)
スピーカー ステレオスピーカー(内蔵)
マイク デュアルアレイマイク(内蔵)
電源 内蔵リチウムイオンバッテリーまたはAC100V (ACアダプタ経由 入力100V AC 50/60Hz、出力19V DC 200W)
動作時間 約5.7時間(JEITA2.0)
本体寸法 約 385(幅) × 271(奥行き) × 27.9(高さ) mm (※折り畳み時/突起物除く)
重量 約2.7kg(※付属品を含まず)
保証期間 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート
販売価格 149,800円(税別)

その他、詳細に関しては以下から、確認が可能だ。
 

公式サイト





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】コンパイルハート、『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』を発表 PS4だけでもプレイ可能
2 【Steam】スクエニとグリー、RPG『乖離性ミリオンアーサーVR』をリリース 水着衣装などのDLCも公開に
3 【Steamランキング5/25】スクエニとグリーの『乖離性VR』が初登場首位 VRパルクール『TO THE TOP』もTOP3に
4 【PSVR】5月26日・27日、店舗の再販状況をお届け 販売は店舗によって日時が別れる結果に…ツタヤ系列は既に受付終了
5 【PSVR】『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』、発売日は8月24日に 特典付きのMemorial Editionも登場
6 【PSVR】次回販売の多くが5月27日見込み 本日(23日)より抽選を開始している店舗も
7 【PSVR】Oasis Games、ホラーADVゲーム『DYING: Reborn VR』を国内リリース 木村昴氏により吹き替えも
8 【PSVR】バンナム、『サマーレッスン:宮本ひかり コレクション』発売開始 基本ゲームパックとDLC4つを収録
9 【おはようVR】PSVRでフィルハーモニア管弦楽団の『The Virtual Orchestra』や、ゾンビ目線でクリスを襲う『バイオハザード:ヴェンデッタ』が配信開始
10 【PSVR】フィルハーモニア管弦楽団、『The Virtual Orchestra』をリリース…奏者に包まれる3Dオーケストラ体験
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム